2006年12月31日

PLAYSTATION3のゲームデータ移行。



今さらゲームの記録データの話。

PLAYSTATION3のデータは基本的にHDDに記録。
Playstation2は、専用のメモリーカード(8MB)への記録。

さすがに、PLAYSTATION3には
Playstation2用のメモリーカードが差さるスロットはないので
もしも、今までやってきたゲームのデータを
引き継ごうと思うとすると別売のオプションが必要になる。。

−−−−−−−−−−−−−−−
【専用メモリーカードからPLAYSTATION3へ】


メモリーカードアダプター「CECH-ZM1J」
発売日:2006年11月11日(土)
希望小売価格:1,500円(税込)


それがこのメモリーカードアダプター。

正面にPlaystation2用のメモリーカードを装着するスロット、
背面にはUSB mini-B端子。

USBケーブルは同梱されてないので、
PLAYSTATION3本体に付属のUSBケーブルを使う。


接続すると、特に何もする事なく
PLAYSTATION3の画面上で認識される。

PLAYSTATION3本体のHDDにコピーするのも
アホみたいに簡単で、
仮想メモリーカードを作成して、コピーをするだけ。

最大でも8MB程度のデータ量なので
待っても数十秒で転送完了。

複数枚のメモリーカードがあれば、
その枚数分全部転送してしまえばイイ。

仮想メモリーカードが山ほど増えるけど、
Playstation2では、メモリーカードスロットは2個しか認識できないので、
ゲームに使いたい仮想メモリーカードを
スロット1、スロット2の2つを割り当てる事になる。

なんだか一回転送したら2度といらなくなりそうな気もしたけど
Playstation2を現役で使い続ける場合は、
このメモリーカードアダプターはずっといりそう。。


−−−−−−−−−−−−−−−
【PLAYSTATION3から外部メモリーへ】
PLAYSTATION3のHDDに入ると
壊れた時どうするんだ?とか
途中までやったデータを別のPLAYSTATION3でやりたいとか
そういった状況は当然発生する。
外部へ持ち出す事も出来る。


PLAYSTATION3【60GB】タイプは、
メモリースティックicon、SDメモリーカード、コンパクトフラッシュを
直接差し込めるので
これらのメモリーカードを使えるのがメリット。

PLAYSTATION3【20GB】タイプのように
メモリーカードスロットがなくても、
USBストレージやUSBアダプタのように
USBを経由すれば何の問題もなくデータのやりとりが出来る。


PLAYSTATION3専用のゲームデータを
外部メモリーにバックアップ。

データ移行も簡単。

保存先は、接続した
メモリースティックiconやUSB接続のアダプタのアイコンとして表示されるので
目で認識しやすい。


さっきHDD内に移した
Playstation2のデータの入った仮想メモリーカードのデータも
外部メモリーに移行できるので、
実質全てのゲームデータが外部メモリーへ
バックアップが取れる事になる。

−−−−−−−−−−−−−−−
【PCで見た場合】
せっかくメモリースティックに入ったデータなので
PCで一体どういう風に入ってるか確認してみた。

メモリーの中のフォルダ構成は、
直球な名前で[PS3]。
その下にあるフォルダは[PSP]。

[PS3]のフォルダの下の階層に入ると、
[EXPORT]と[SAVEDATA]というフォルダがある。


[EXPORT]フォルダの下には
[PSV]というフォルダがあって、
その中にPlaystation2の仮想メモリーカードのデータが入ってるみたい。


[SAVEDATA]フォルダの下に
そのままPLAYSTATION3のゲームデータのフォルダが
それぞれある。

ちなみに、ゲームデータのフォルダを開けてみると
セーブデータのほかに、
PLAYSTATION3の画面上に出てくるアイコンの
画像データも入ってるのを確認。

だからといって何ができるわけでもないけど。

さらに外部メモリからPCのHDD内にもデータバックアップできるし
昔に比べたら随分PCライクになって自由度が増えたみたいだ。


プレイステーション 3(HDD 20GB)
プレイステーション 3(HDD 60GB)


【参考】
ブルーレイディスクが広げるハイビジョン・ワールドicon

iconicon
「ハイビジョン応援キャンペーン」icon

【TOPページへ】

  

Posted by kunkoku at 19:37Comments(2)TrackBack(0)