2006年01月15日

ワイヤレスマウス「VGP-WMS50」ってどーよ?



icon
icon
ワイヤレスプレゼンテーションマウス VGP-WMS50iconは、
「プレゼンテーションモード」と、「マウスモード」
切り替えができるワイヤレスマウス。

本来は「プレゼンテーションモード」がウリなんだろーけど、
4ボタンVAIOマウスとして良さそーって理由だけで使ってみくなった。
−−−−−−−−−−−−−−−−

ワイヤレスプレゼンテーションマウス VGP-WMS50icon
ソニースタイル販売価格:7.980円(税込


無線方式は、2.4GHz帯デジタル方式。
USBアダプタをPCに差し込んで、ワイヤレス操作ができる。

操作到達距離は最大10mもあるので、
確かにプレゼンテーション用には向いてる。

マウス本体は全長は短めで、高さがある程度確保されてるので、
手に持った時の違和感は、少ない。

真ん中のボタンは、スクロールポインターになってて、
上下左右の動作に対応できる。

さらに、上下にもボタン配置がされていて、
HPの戻る・進むボタンとして使う事ができる。

底面には、「PTFE(フッ素樹脂)ソール」を使ってるので、
マウスはツルツルとすべってよく動いてくれる。

実際に使うには、専用のCD-ROM「VAIO Wireless Presentation Mouse Driver」をPCにインストールする必要がある。
既にVAIOホームページにアップデートが上がってるので、
最新版にしておいたほうがイイ。

インストールすると、
うーん、常駐アプリがイッコ増えてしまった。。。

このアイコンをダブルクリックするとマウスのプロパティが開く。
ココで、機能を変更したい場合は変更させる事ができる。

と、うれしそうにどんな設定があるのかと思えば、
設定項目、少なっ!
何じゃこりゃ?

特に、上下ボタンに好みの設定を選べるかとおもったら、全くナシ。
HPの戻る進むを選べるだけ。
せめてコピペとか選択できるようにしといてくれよ・・・
ちょっとガッカリ。

スクロールポインターの感度がイマイチなのも微妙な感じ。。。
何かイライラする。
期待しすぎだった。

今度は、「プレゼンテーションモード」で使ってみた。
コレは、まさに「PowerPoint」のためにあるモード。

マウスの底面にあるスイッチを「MOUSE」から「P」に切り替える。

ワイヤレスで、「PowerPoint」のスライド送りや戻しができたり、
スクロールポインターで、スライドショー中に、
カーソルを動かして強調したりできる。

こりゃ便利かもね。
「プレゼンテーションモード」中で、メニュー設定がいじりたい時は、
右ボタンを1秒以上押し続けると、
「PowerPoint」の画面上に「メニュー画面」が現れて操作する事もできる。

あー、やっぱりどっちかって言うと「PowerPoint」のためにあるようなマウスだなー。
こりゃとっても使いやすい。
(オレの目的はコレじゃないんだが・・・)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【Bluetoothマウスと比較】

ワイヤレスプレゼンテーションマウス VGP-WMS50icon
外形寸法:59.9mm x 37.3mm x 111.9mm(幅x高さx奥行)
質量:約120g(乾電池含む)
電池寿命:約3ヶ月

Bluetoothワイヤレスマウス VGP-BMS30icon
外形寸法:54mm× 32mm×125mm(幅x高さx奥行)
質量:約110g(乾電池含む)
電池寿命:約2ヶ月

VGP-BMS30iconは、全長が長くて高さがとっても低い。
VGP-WMS50iconは一般的なマウスの形に近い。
両方使ってると手が慣れなくてそれぞれヘンな感じ・・・

VAIO typeTiconVGP-WMS50iconを使ってみた。
悪くはないけど、USBアダプターの飛び出し方が強烈。
邪魔ー!

VAIO typeTiconで使うんなら、
完全にプレゼンテーションをする目的じゃなきゃ使いたくない気分だ。
(Bluetoothを搭載してないノートなら選択の余地アリ)
もしくは、4ボタンマウスとして使うんなら、デスクトップ用として使うかだね。

カスタマイズできるようにアップデートしてくれたら、
もっと便利になりそーだけど。
アップデート待ち。

【2006年春の最新VAIO】
icon

【HP】

icon
icon

VAIO_234_60


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/50389555