2006年05月24日

VAIO typeSでUCGOとFFXIのベンチマークテスト(パート2)


いい加減VAIO typeUに熱を上げスギで、
他のネタを放置プレイ状態だったので、そろそろ修正。。。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

VAIO typeSで、
以前、FFXIとUCGOのベンチマークを計ったんだけど、
今回は、スペック違いでやってみた。

以前の記事
・VAIO typeS[SZシリーズ]のFFXIベンチマークテスト。
・VAIO typeS[SZシリーズ]のUCGOベンチマークテスト。

<今回やってみたVAIO typeS VGC-SZ91Sのスペック>
CPU:インテル Core Duo T2400(1.83 GHz)
メモリ:1GB(512MBx2)

グラフィックアクセラレーターは、標準搭載で、
「インテル グラフィックス・メディア・アクセラレーター 950(チップセット内蔵)」と、
「NVIDIA GeForce Go 7400 with NVIDIATurboCache」
切り替えができる【ハイブリッド・グラフィックシステム】。

状態は、出荷直後の素の状態に
ベンチマークソフトウェアを入れたモノ。
同じベンチを3回程度繰り返したおおよその平均値。

前回ベンチテストとの違いはCPU周波数が違う。
CPU選択の少なからず参考になるんじゃ?
という事で、前回Core Duo T2300(1.66 GHz)でテストした数値も
参考までに並べてみた。

−−−−−−−−−−−−−−−−
「UniversalCentury.net GUNDAM ONLINE」

STAMINAモードにして
「インテル グラフィックス・メディア・アクセラレーター 950(チップセット内蔵)」

Core Duo T2400(1.83 GHz)  MARK:001002
Core Duo T2300(1.66 GHz)  MARK:000896

平均の値で100程度の違い。
だけどまぁ見た目じゃ全然違いはわからんな。。
あいかわらずこんな数値だとカクカクで戦闘には参加不能だよ。。

次は、
SPEEDモードに切り替えて
「NVIDIA GeForce Go 7400 with NVIDIATurboCache」

Core Duo T2400(1.83 GHz)  MARK:003256
Core Duo T2300(1.66 GHz)  MARK:003047

3200くらいの数値になると、
バカでかいモビルスーツが難なく動いてくれる。
ちなみに、
CPUをCore Duo T2600(2.16 GHz)、メモリ2GBにすれば、
ベンチは3500くらいまで上がるらしい。
「古谷徹のUCGO体験記」を参照)

−−−−−−−−−−−−−−−−
次に、やってる人口が多いので一番参考になるだろうと思われる
【Vana'diel Bench3】
(FINAL FANTASY XI for Windowsオフィシャルベンチマークソフト3)


同じく、
STAMINAモードにして
「インテル グラフィックス・メディア・アクセラレーター 950(チップセット内蔵)」からテスト。

【低解像度モード】
Core Duo T2400(1.83 GHz)  SCORE:003372
Core Duo T2300(1.66 GHz)  SCORE:002988

「とてつよ(3000~)」。
チップセット内蔵でも、
低解像度モードであればゲームはできるレベル。
外出先でバッテリー駆動でやるならコレでイケる?
でも、バッテリーが5時間くらいしかもたんけど・・・


【高解像度モード】
Core Duo T2400(1.83 GHz)  SCORE:002210
Core Duo T2300(1.66 GHz)  SCORE:001987

「おなつよ(2000〜)」。
高解像度にする絵は綺麗になるけど、
全体的にカクカクと処理落ちするトコが多数あって、
気持ちよくない。
本気でゲームやるには微妙ー。

次に、
SPEEDモードに切り替えて
「NVIDIA GeForce Go 7400 with NVIDIATurboCache」
こっからがVAIO typeSの真骨頂!

【低解像度モード】
Core Duo T2400(1.83 GHz)  SCORE:006583
Core Duo T2300(1.66 GHz)  SCORE:006194

「とてとて(4000〜)」。
あともう少しで「計り知れない(7000〜)」に届くイキオイ。
これだけ数値が上がると気持ちイイ。
ベンチマークマニアになってしまいそーだ。


【高解像度モード】
Core Duo T2400(1.83 GHz)  SCORE:003965
Core Duo T2300(1.66 GHz)  SCORE:003794

「とてつよ(3000~)」。
というかT2400だと、ほぼ「とてとて(4000〜)」。
高解像度でとてもスムーズに動く。
快適。
現在あるネットゲーはほぼまともに動いてくれるんじゃないかと・・・

−−−−−−−−−−−−−−−−
同じメモリ容量なら、
CPU周波数の差がキッチリと数値的に差が現れる事がわかった。
(じゃなきゃCPUを高いお金出して選ぶ意味ないよな・・・)

VAIO typeSのCPUは、
Core Duo T2300(1.66 GHz)と、Core Duo T2400(1.83 GHz)
の価格差は、15.000円(税込)。
このくらいならT2400(1.83 GHz)にしてもいいかも?

Core Duo T2400(1.83 GHz)と、Core Duo T2500(2.16 GHz)
の価格差は、40.000円(税込)。
・・・こーなるとさすがにキツイな。。


【VAIO typeSプレミアムバージョン特集】



【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/50610496