2006年07月10日

ゼロスピンドルは、本当にHDDタイプの3倍早いのか?



VAIO typeUの
<HDDタイプ>icon<ゼロスピンドル>iconの違いを比較。

カタログ数値じゃなくて、
実際を知りたいでしょ?

って事で、
VAIO typeU<HDDタイプ>をリカバリして
初期出荷状態にもどして、
VAIO typeU<ゼロスピンドル>も
初期セットアップの状態にして、
極力同じセットアップ状況でテストしてみた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−
<記憶領域の空き容量の違い。>

HDDタイプは30GB。
初期設定で、Cドライブのみ。
実質容量:27.9GB
使用領域:6.78GB
空き領域:21.1GB


フラッシュメモリは16GB。
初期設定で、同じくCドライブのみ。
実質容量:15.2GB
使用領域:6.37GB
空き領域:8.86GB

使用領域が微妙に違うのは、
何らかのバージョンアップデータが入ったか何かの差だと推測。

HDD30GBだと、リカバリして
Dドライブを作る使い方も有効だけど、
ゼロスピンドルだとムリがあるかも。。

ゼロスピンドルは、
残りの限りある8GBちょっとを有効に使う手立てを考えなきゃね。
もしくはメモステDuoかマイクロドライブに依存するか。。。

−−−−−−−−−−−−−−−−−
<本当の速度の違いって・・・>

ゼロスピンドルは、HDDモデルよりも
アクセススピードが速くなる分超早くなる!
と言われても、どんだけ早いのかは実際に計ったほうがわかりやすい。


手元にストップウォッチがなくて、
何かないかな?と思って自宅をゴソゴソ探してたら
むかーしむかし?に買ったGショックが出てきた。。
Gショックは、ストップウォッチ機能があるから
コレ使えばイイやと、かなり素人くささ丸出しの計り方で。。

*テスト方法は、全く同じ動作をさせて、
 同じ画面表示位置で、それぞれストップウォッチで計測。
 まさにアバウト手押しなので軽い参考程度で。。

1.Windows起動
(電源投入からWindows画面に切り替わる瞬間まで。)
HDD :47.42秒
ZERO:34.99秒

2.プロアトラス2006 for VAIO起動
(デフォルトの東京都の地図が表示されるまで。)
HDD :15.23秒
ZERO:8.56秒

3.Sonic Stage3.4起動
(ノーデータ状態でマイライブラリが表示されるまで。)
HDD :20.59秒
ZERO:6.48秒

4.VAIOタッチランチャー起動
(VAIOタッチランチャーを押して表示されるまで。)
HDD :3.03秒
ZERO:1.56秒

5.VAIOタッチランチャーからローテート
(たて画面になってインフォメーションが表示されるまで。)
HDD :8.41秒
ZERO:7.73秒

6.Outlook Express起動
(受信トレイが表示されるまで。)
HDD :3.59秒
ZERO:1.96秒

7.VAIO カメラキャプチャーユーティリティ起動
(ステータス画面が表示されるまで。)
HDD :11.59秒
ZERO:8.49秒

8.スタンバイ
(画面が暗くなるまで。)
HDD :6.90秒
ZERO:5.71秒

9.スタンバイ復帰
(Windows画面が表示されるまで。)
HDD :5.59秒
ZERO:5.51秒

10.休止状態
(画面が暗くなるまで。)
HDD :14.40秒
ZERO:38.00秒

11.休止復帰
(Windows画面が表示されるまで。)
HDD :15.74秒
ZERO:14.21秒

12.再起動
(再起動を押してからシャットダウン後、Windows画面が表示されるまで。)
HDD :1.29.66秒
ZERO:53.97秒

13.シャットダウン
(電源を切るを押してから画面が暗くなるまで。)
HDD :32.34秒
ZERO:18.91秒

やる度に数値は変化するので、
あくまでも同じ状況下での参考値という事で。。


だいたい、どの作業もゼロスピンドルのほうが早かったけど、
唯一、【休止状態】に入る動作だけは、
何度やってもゼロスピンドルのほうが異様に時間がかかるのは不思議。。

まぁ【休止状態】を押しとけば、フラッシュメモリなら振動も気にならないから
HDDみたいに完全に落ちるまで待っとく事もないし
特に影響はないと言えばそれまでだけど。


スタンバイやスタンバイ復帰は大きくは変わらずとも
ほんの少しゼロスピンドルが早いよーな・・・

−−−−−−−−−−−−−−−−−
なるべく公平な比較になるようにって事で
同じ初期設定条件の下でやってみた結果はこんな感じ。。

わざわざストップウォッチで計測しなくても
ゼロスピンドルを触った体感速度は、
HDDよりもかなり向上してるので、それでかなり満足。。

あぁ、明日はやっと本当に自分のゼロスピンドルが到着するので
俺仕様にセットアップしてしまおう。。

VAIOでボーナス! ダブルチャンスキャンペーン

【VAIO typeU特集ページ】

iconicon
ゼロスピンドルVAIO typeU登場!


icon
icon

【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/50674845
この記事へのトラックバック
Windows Vistaを搭載したVAIO typeGに、 フラッシュメモリーを搭載して、 世界最軽量約859gを実現したゼロスピンドルが登場! VAIO typeU<ゼロスピンドル>モデルに続く第2弾。 HDDをフラッシュメモリーに置き換える事で より軽量化、データへのアクセスが高速化、 省...
世界最軽量約859gのVAIO typeG<ゼロスピンドル>モデル!【ソニーが基本的に好き。】at 2007年04月11日 11:55
VAIO typeU<ゼロスピンドル>を使ってたり VAIO typeSのHDDを回転数の速いタイプに換装してみたりすると PCの体感速度って、 CPUとかメモリとかグラボは当然ながら データにアクセスするスピードにも かなり依存してる事を、身をもって知らされた。。 ・VAIO typeSのHDD...
超軽い859gのフラッシュメモリー搭載「VAIO typeG」【ソニーが基本的に好き。】at 2007年04月24日 12:47
・超軽い859gのフラッシュメモリー搭載「VAIO typeG」 の続き。 VAIO typeU<ゼロスピンドル>が初めて出てきた時にも HDDモデルと速度比較した事があったけど VAIO typeGのフラッシュメモリーと、VAIO typeTで 速度比較を動画バージョンでやってみた。 ・ゼロスピンド...
typeGフラッシュメモリー VS. typeT 速度比較(動画バージョン)【ソニーが基本的に好き。】at 2007年05月08日 13:16
この記事へのコメント

Why No.10 & 12 step are so slower than the HDD ver?
Posted by Save at 2006年07月11日 17:49