2006年12月28日

24型液晶ディスプレイ「SDM-P246W」にPS3を接続。



【24型液晶ディスプレイ「SDM-P246W」、概観インプレ】
の続き。

24型液晶ディスプレイ「SDM-P246W」を
うれしがって、VAIO typeRmaster
にもつながずに
PLAYSTATION3につないでみた。


「SDM-P246W」には、HDCP対応のDVI-D端子があるから、
著作権保護機能にも対応してる。
なので、ブルーレイディスクも再生できるモニターって事になる。

PLANSTATION3と「SDM-P246W」を接続するのに必要なケーブルは、
・HDMIケーブル「DLC-HD10」
・HDMI→DVI変換アダプタ「AD-HTD」


HDMI→DVI変換アダプタ 「AD-HTD」は、
ただ単純にHDMIをメスで受けて、
DVI-D 24pinオスに変換してるだけ。


こうすると、PLAYSTATION3やブルーレイレコーダーの
HDMI出力を「SDM-P246W」に接続する事ができる。

ただし、本来HDMIには音声も含まれてしまってるけど
当然、モニター側では音は出ない。

PLAYSTATION3の場合、
他に音声出力は、光デジタルOUTしかないので、
光デジタル入力をもったアンプなりアクティブスピーカーを用意する必要がある。
(今回は、ただ実験してるだけだから音声はまるで無視。)

−−−−−−−−−−−
【PLAYSTATION3とSDM-P246W】

一番やってみたかったのがもちろん
PLAYSTATION3とSDM-P246Wの接続。

ワイヤレスキーボード「VGP-WKB1」をつないだら
なんだか擬似PCみたい。


気になる画面比率。
24型液晶の解像度は、「1920x1200」。

PLAYSTATION3から出てくる解像度は、「1920x1080」。
という事はどういう事かというと、
見える画面いっぱいに映像を出すと、
横幅はピッタリ同じだけど
縦幅が液晶ディスプレイ側が20ドット多いから
その分縦に引き伸ばされた状態で表示される事になる。

これが妙に違和感を感じる原因で、
この解像度をどうにもいじれない他社の液晶モニターもある。


「SDM-P246W」の場合は、
メニュー操作から、ズーム設定で
全画面表示する「フル」、
信号のアスペクト比のまま拡大表示する「ノーマル」、
信号そのままの解像度で表示する「リアル」
に変更できる。

PLAYSTATION3の信号をそのまま表示したいので
「リアル」を選ぶ。


すると、上と下に若干の黒い帯が出るものの
「1920x1080」のドットバイドットで画面に表示できた。

全画面に表示されるのが好みなヒトもいるけど
自分としては、やっぱりタテヨコ比が崩れないほうがイイので
この設定で使うかな。


「グランツーリスモHDコンセプト」やら「トロといっしょ」
もできるし、
ダウンロードしたムービーも難なく再生。
初見でみる限りでは、速い動きでも気になるような残像感もない。

PCモニターなので
ハイビジョンテレビほどの鮮明さまではないけど
充分に使えそう。。

−−−−−−−−−−−

次は、ブルーレイディスクを再生してみよう。

続く。


プレイステーション 3(HDD 20GB)
プレイステーション 3(HDD 60GB)


【参考】
ブルーレイディスクが広げるハイビジョン・ワールドicon



【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/50861704
この記事へのトラックバック
【24型液晶ディスプレイ「SDM-P246W」、概観インプレ】 【24型液晶ディスプレイ「SDM-P246W」にPS3を接続。】 の続き。 今度は、PLAYSTATION3でブルーレイを再生してみる。 って、ブルーレイディスク再生するのって普通じゃん・・・ と思ってしまうんだけど、 PC機器の...
SDM-P246WとPS3で、一筋縄に行かないブルーレイディスク再生。【ソニーが基本的に好き。】at 2006年12月29日 12:02
12月27日から、 「鉄拳5 DARK RESURRECTION」が PLAYSTATION Storeのダウンロードコンテンツとして発売になった。 【TEKKEN OFFICIAL(鉄拳オフィシャルサイト)】 アーケード版「鉄拳5 DARK RESURRECTION」を PLAYSTATION3に移植したもので、 解像度が1080pに対応。 ...
フルHD1080pの「鉄拳5 DARK RESURRECTION」をダウンロード!【ソニーが基本的に好き。】at 2006年12月30日 09:36
VAIO typeR masterをようやくセットアップ。 必要なソフトウェアをインストールして データも移行中。 でも本稼動させるにはもうちょっとかかりそう。 で、せっかくなので、 24型液晶ディスプレイ「SDM-P246W」についてる 3つの入力端子を全部使って、 KVM機能なるものを...
24型液晶ディスプレイ「SDM-P246W」のKVM機能を試す。【ソニーが基本的に好き。】at 2007年01月02日 19:49
「VAIO type R master」の2007年春モデル。 メインユニットと、アクセスユニットが 二つにわかれたツインユニット構造をもつVAIO typeR master。 【TWIN UNIT】 マザーボード、メモリー、HDD、電源といった PCを動かす基幹となる部分が集まるメインユニット。 拡張...
クアッドコアを搭載できるフラッグシップ「VAIO typeR master」【ソニーが基本的に好き。】at 2007年01月24日 15:48
セパレートタイプのデスクトップVAIO「VAIO typeR master」 と同時購入でしか手に入らなかった 19型TFT液晶ディスプレイ「SDM-G96D」が ソニースタイルで単品販売を開始。 19型TFT液晶ディスプレイ「SDM-G96D」 ソニースタイル販売価格:60,000円(税込) ・最大画面...
HDCP対応19型液晶ディスプレイ「SDM-G96D」が単品販売開始!【ソニーが基本的に好き。】at 2007年02月10日 10:23
・デジタルチューナー「VGF-DT1」をPCで遊びつくそう!(設定編) ・デジタルチューナー「VGF-DT1」をPCで遊びつくそう!(視聴編) ・デジタルチューナー「VGF-DT1」をPCで遊びつくそう!(録画編) の続き。 デジタルチューナー「VGF-DT1」を ネットワーク経由で使える...
デジタルチューナー「VGF-DT1」にたくさんのPCからアクセスさせよう!【ソニーが基本的に好き。】at 2007年04月04日 16:05
VAIO typeR masterのオプションとして選べる液晶モニターに 24型ワイド液晶ディスプレイがついに復活! ・フルハイビジョン対応24型ワイドディスプレイ:Sony eCatalog というか、 新型番になって新たに登場! 前回のモデルは、「SDM-P246W」という型番だったものが ...
復活の24型ワイドTFT液晶ディスプレイ!「VGP-D24WD1」登場!【ソニーが基本的に好き。】at 2007年07月20日 16:26