2007年02月08日

Windows Vista Ultimateを搭載できるフラッグシップノート「VAIO typeA」


iconicon
Windows Vistaを搭載したVAIO typeA。

VAIO typeA 「VGN-AR92US・AR92S」icon
ソニースタイル販売価格:279,800 円(税込) 〜

VAIO typeA 「VGN-AR82US・AR82S」icon
ソニースタイル販売価格:209,800 円(税込) 〜

VAIO typeAは2種類にわかれる。
「VGN-AR92US・AR92S」プレミアムブラックは、
VAIOノートのフラッグシップにふさわしく
漆器のような光沢感のあるボディ。

「VGN-AR82US・AR82S」ブラックは、
つや消しの落ち着いたブラック塗装となる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<プレミアムブラックだけのハイスペック>

ブラックの液晶画面は、
17型ワイドWXGA+(1440×900)なのに対し
プレミアムブラックは、
17型ワイドWUXGA(1920×1200)という画面解像度。
ハイビジョン映像をフルHDで表示が出来る解像度を持つ。


プレミアムブラックは、VAIOノートで唯一
ブルーレイディスクドライブを搭載できる。

ブルーレイディスクがあれば
ハイビジョンハンディカムや地上デジタル番組の
ハイビジョンクオリティ画質そのままをブルーレイに残せる。

もちろん片面2層の約50GBの記録が可能で、
1層25GBでも地上デジタル放送を2.5時間、
2層50GBになれば5時間も1枚に収める事が出来る。

注:ブルーレイディスクを搭載するには、
  CPUをCore 2 Duo T7200(2.00GHz)以上を選ぶ必要がある。

・ブルーレイディスクドライブ特集icon


ハードディスク2基を搭載して
「RAID 0」にセッティングされているので
データを2つのハードディスクに分散・並列して
読み書きするので、レスポンスが大幅に向上。

RAIDが組めるのも唯一このプレミアムブラックだけで、
大量のデータを使用するハイビジョン映像を扱う場合には
体感速度にもかなり影響をおよぼす。


グラフィックスアクセラレーターは、
プレミアムブラックには、
「NVIDIA GeForce Go 7600 GT」を搭載。
ビデオメモリーはGDDR3 SDRAM規格の256Mで、
描画能力が問われる3Dゲームから、ハイビジョン映像までを
高速処理してくれる。

[ブラック]には「NVIDIA GeForce Go 7600」
ビデオメモリー128MB(GDDR3 SDRAM)となる。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<プレミアムブラック・ブラックの共通スペック>

「地上デジタル放送専用チューナーボード」を標準搭載。
小型で受信感度が高い高性能なチューナーで
地上デジタル放送を確実に受信してくれる。

ちなみに、
BS・110度CSデジタル放送は受信できるチューナーではない。


「HDMI出力端子」を装備しているので
HDMI端子のあるテレビとケーブル一本で接続。
PC画面をそのまま大画面テレビに映し出す事もできるし
ブルーレイを再生して見る事もできる。

側面の端子類は、使わないときはカバーを閉じて
見た目のデザインにも考慮。


音質にもこだわって「バスレフ型ボックススピーカー」を採用。
液晶ディスプレイの下側に配置して
中低音もしっかりとした立体的な音を出す事が出来る。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<VAIO・OWNER・MADE>


OSは、
【Windows Vista Home Premium】に加えて、
すべての機能を搭載した
【Windows Vista Ultimate】を選択出来る。

デスクトップ、ノートすべてのVAIOの中で
【Windows Vista Ultimate】を搭載できるのは
このVAIO typeAのみ。


CPUは、ハイパフォーマンスなCore 2 Duoプロセッサーの
T7600(2.33GHz)、T7400(2.16GHz)、T7200(2GHz)
T5500(1.66 GHz)と段階的に選択可能。

2次キャッシュに4MBを持つT7200(2GHz)がオススメ。
というより、
ブルーレイディスクを搭載する場合には、
T5500(1.66 GHz)は選択できないから
必然的にCPUも決まってくるけど。

・VAIO with Intel Core 2 Duoプロセッサー徹底講座icon


メモリは、DDR2 667デュアルチャンネル転送の高速メモリ。
Windows Vistaを快適に動かすためには最低でも
1GBが必要だけど、
動画編集を快適にこなすには、2GBあったほうがイイ。


ハードディスクは、最大で200GBx2の400GBまで搭載可能。
ただし、
約400GB(200GBX2)のみ4200回転/分となるので、
より高速回転を望むなら、
約240GB(120GBX2)5400回転/分がオススメ。


映像編集ソフトウェアは、
以下4つのソフトウェアの有り無しを選択できる。
・Adobe Premiere Elements 3.0 日本語版
・Adobe Photoshop Elements 5.0 日本語版
・VAIO Edit Components Ver.6.1
・DigiOnSound 5 L.E. for VAIO (HDV対応版)

・ソフトウェア詳細icon


Word2007、Excel2007、Outlook2007がパッケージになった
最新の「Office Personal 2007」
さらにPowerPoint 2007が加わった
「Office Personal 2007 with PowerPoint 2007」の選択も可能。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
iconicon
VAIOノートフラッグシップだけあって、
Windows Vista Ultimateを選択できたり
ブルーレイディスクドライブを搭載できるのは
このVAIO typeAだけ。

解像度も、
他のVAIOノートとは比べ物にならないほどの
ワイドWUXGA(1920×1200)で
ハイビジョン映像の編集も快適にこなせるし、
HDMIケーブルでハイビジョンテレビに接続すれば
大画面でハイビジョン画質を堪能できる。

ハイクオリティをそのまま移動できるのが
このVAIO typeAの最大の魅力かも。

【Windows Vista新登場!選べるエディション早分かりマップ】icon

Windows Vista搭載!VAIOニューモデル発表!icon

iconicon

【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/50898955