2007年03月03日

VAIO typeR masterのメインメモリを2GBに増設。


iconicon
VAIO typeR masterをVistaとXPのデュアルブート環境にする(その1)
VAIO typeR masterをVistaとXPのデュアルブート環境にする(その2)
の続き?

Windows VistaのOSをインストールして使ってると
別にメモリが1GBで不満があるわけじゃないけど
Windows XPを使ってた時よりも
ほんの少し、何となくモタつきを感じるというか。。
(もう職業病に近いかも。)

VAIO typeS プレミアムバージョンiconのメインメモリを
1GBから2GBに増やしてみて
Windows Vista上での動きが断然イイので
VAIO type R mastericon
1GB(512MBx2)から2GB(512MBx4)へ増設してみた。

Windows Vistaには、メモリーは2GBにしたほうが快適?(その1)
Windows Vistaには、メモリーは2GBにしたほうが快適?(その2)

メモリを2GBにして、
Windows Vistaが快適に動いてくれるんなら
最初っから2GB積んで買っときゃよかったと思いつつ。。


デスクトップ系の場合は、
メモリスロットが4つあるので
1GB(512MB)の場合でも、
残りの2スロットに512MBを2枚を追加すればイイ。

ノート系の場合は、
メモリスロットが2つしかないので、
1GB(512MB)の場合、
512MBのメモリを2枚はずした後に
1GBのメモリを2枚交換するようになるのでちょっともったいない。

−−−−<参考>−−−−
じゃ、デスクトップのメモリスロットは4つあるんなら
1GBを4枚挿して、最大で4GBにできるのか?
と思ったりもするんだけど、
VAIO type R mastericonのVAIOオーナーメードを見ても
最大は、3GB(1GBx2、512MBx2)までになってる。

なぜだ?と思って調べてみると
Windows XPはもちろん、現状のWindows Vistaは、
32ビットで動作していて、
32ビット版の場合、32ビットアドレッシング(32-bit addressing)という
メモリのアドレスを32ビット(2の32乗バイト)=4Gまでを扱える事になってる。

そのメモリアドレス空間は最大4GBだけど、
その中でユーザー側が利用できる領域は最大3GBとなるらしく、
そのために今のところメインメモリは3GBが上限という事になるらしい。。

これが、64ビット版になると
メモリアドレス空間は最大128GB以上とまでなるらしい。

−−−−−−−−−−−−

というか、今回は
512MBを2枚用意するほうが安上がりたったし
まぁ今のところ、2GBで十分な気もするし。
(また、気が変わる可能性大だけど。)


VAIO type R mastericonの本体をバラす。

といってもめちゃくちゃカンタンで、
背面にあるネジ2つをはずすだけ。
そんな事よりも、このバカデカイ本体を
作業しやすい場所に移動するほうがメンドクサイ。


メモリのある位置は、
縦置きした場合の下部にあたる。

HDD2期を増設できる隠しベイをとりはずすと
メモリスロットが現れる。

iconicon
VAIO typeR masterの対応メモリは、
「DDR2 SDRAM、DDR2 667MHz動作」なので
これにあったメモリを選択。

デュアルチャンネル転送なので、
同じ容量のモノを2枚用意するのはお約束で。

ちなみに、
メモリスロットの一番下側は、
配線がうじゃうじゃあって非常にハメづらいので
キッチリと装着されてるかどうかの確認しとく事と
無理矢理押しこんで端子を破壊しないように注意・・・


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

後はもとどおりにフタをしめて
はずした配線を元通りにして
Windows Vistaを起動。

メモリが増えている事の確認と
利用可能なグラフィックメモリーの変化をチェック。

【メインメモリ1GB(512x2)】




システムメモリの合計は、1008.00MB RAM

専用グラフィックメモリが、256MB
専用システムメモリが、0MB
共有システムメモリが、246MB
となって、
利用可能な全グラフィックスメモリは、502MB
となってる。

【メインメモリ2GB(512x4)】




システムメモリの合計は、1.98GB RAM

専用グラフィックメモリが、256MB
専用システムメモリが、0MB
共有システムメモリが、271MB
となって、
利用可能な全グラフィックスメモリは、527MB
となっている。

「NVIDIA GeForce 7600 GT」の専用メモリが256MB、
それに加えて
システムメモリ(メインメモリ)から
グラフィック用に使用されるメモリの最大の割り当量が
メインメモリが1GBと2GBで微増してるのがわかる。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<パフォーマンスの評価>
Windows Vistaを快適に動作できるかどうかの
あくまでも目安の「パフォーマンスの評価」

今回のVAIO type R mastericonのスペックは、
CPU:インテル Core 2 Duo プロセッサー E6600(2.40 GHz)
   2次キャッシュ 4MB(CPU内蔵)
グラフィック:NVIDIA GeForce 7600 GT GPU(PCI Express x16接続)
HDD:約250GBX1(Serial ATA 7200回転/分)
  RAID設定なし



【1GB(512MB×2)DDR2 SDRAM、DDR2 667MHz動作】

プロセッサ:5.3
メモリ:4.5
グラフィックス:5.9
ゲーム用グラフィックス:5.4
プライマリハードディスク:5.5


【2GB(512MB×4)DDR2 SDRAM、DDR2 667MHz動作】

プロセッサ:5.3
メモリ:5.5
グラフィックス:5.9
ゲーム用グラフィックス:5.4
プライマリハードディスク:5.5


全体的に非常に高評価ながら、
メモリを増量した事で、
評価も4.5から5.5に評価が上がった。

もちろん、Windows Vista上での動作も
1GBよりも2GBのほうがずいぶん快適。


【Windows Vista新登場!選べるエディション早分かりマップ】icon

Windows Vista搭載!VAIOニューモデル発表!icon

iconicon

【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/50921194
この記事へのトラックバック
イースト株式会社(本社:東京都渋谷区代々木、代表取締役社長 下川 和男)は、7種類の新作ガジェットを3/1に公開しました。同時に、ガジェットを利用した新しい広告配信モデルの実証実験を開始。イーストが開発したスライドショー・ガジェットを利用してWindows Vistaのサ...
ガジェットで広告配信【Windows Vista review】at 2007年03月04日 18:36
「VAIO Style OUTLET!」に、VAIO typeR masterの2007年春モデルが登場! VAIO type R master「VGC-RM91S1」 Adobe Premiere Pro 2.0 VAIO type R master「VGC-RM91S2」 Adobe Premiere Elements 3.0 上記2種類のモデルは、 Adobe Premiere Pro 2.0かAdobe Premiere ...
VAIO typeR masterが「VAIO Style OUTLET!」に登場!【ソニーが基本的に好き。】at 2007年07月14日 20:04
この記事へのコメント

Type-R 昨年の夏モデルにてメモリ3G積みましたが、
HDV編集時に良くフリーズします。(笑)
プロセッサーはPentiumD-960 3.60GHz
50万かけたのですが、どうもコストパフォーマンス悪し!
新モデルが出る度、買い直したくなります!
Posted by のけもち at 2007年07月28日 13:23

>のけもちさん
そうですねー。
PentiumDからCore2Duoになっただけでも
消費電力が劇的に下がって、パフォーマンスは相当向上しましたからねー。
さらに最近はクアッドコアなるものが出てきて
デュアルコアx2ですから
並列処理がかなり上がってますものね。
PCは本当にどんどん性能が上がっちゃいますけどね、
最近はVistaになって余計ソフトウェアが重たくなってて
いつまでたってもスペックアップの欲求は止まりません(^^ゞ
Posted by kunkoku at 2007年07月28日 22:36