2007年03月09日

MPEG4ムービーも写真もどっさり持ち歩くサイバーショット「DSC-G1」


iconicon
アメリカで発表になったばっかりの
2GBのメモリーを内蔵したサイバーショット「DSC-G1」が
国内でも発表になった。

今まで、動画と静止画のハイブリッドモデルと
アルバム閲覧というコンセプトを持ってた「DSC-M2」
ってのがあったけど、
これを引き継いだ形の新モデル。


今回の記事は、
いつもに増して独りよがり&無駄に長い文章になってしまってるので
見流し程度で・・・

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


サイバーショット「DSC-G1」icon
ソニースタイル販売価格:69,800円(税込)

4月6日発売予定

画素数は600万画素、
光学ズームも3倍と
こういったスペックだけみると
エントリースペッククラスの能力しかないように思える。

だけど、そもそもこの「DSC-G1」は、
いつものサイバーショットとは一線を画すモデルで、
使うスタイル考え方がまるっきり違う。

−−−−−−−−−−−−−
<大容量2GBの内蔵メモリーを持ってる意味>


最近のサイバーショットは、
本体にメモリーがある程度内蔵されていて、
メモリースティックDuoがなくても本体だけでも撮影できる。

でも、そのメモリー容量はあっても数十MBで
写真を撮影しても、たかだか知れてる程度。

だけど、「DSC-G1」には2GBもの内蔵メモリーを持ってる。

この2GBという容量に
そのまま600万画素の画像を記録するのも一つだけど、
それだと全く芸がない。

そんなんだったら、
別に800万画素クラスのDSC-T100に
2GB以上のメモステDuoをつっこんだほうがよっぽどイイに決まってる。


この2GBの使い方が、ちょっと違うのがミソで、
例えば、メモステDuoを入れて、
(メモステDuoがなくても本体メモリに記録するとしても)
撮影したときの高画素の画像を記録するのは当然として、
それと同時に別に「VGAサイズ(640×480)の画像」を
本体内蔵メモリーにアルバムとして記録していく。

そうすると、
これから先、ずーっと撮り続けた画像が
最大で20.000枚分も本体内に貯まり続ける事になって、
メモステDuoを取り出してしまっても、
「DSC-G1」本体だけで、
今まで撮影したきた写真をいつでも見られる、
そのまんま大量の写真を持ち歩けるって事になる。

「DSC-G1」のさらに優秀なところは、
撮影して貯まりまくって増えまくった画像を
いつでもカンタンに探せるトコ。

普通、画像を探す時は、
一枚一枚順に送って確認するか
一覧表示させて、撮影順に調べるのが一般的。
でも、それだと探す枚数がある程度少ない場合にはできても
これが過去から現在までの画像が大量にあると、
そりゃもう探すのだけでも相当大変。

そんな時にも、
「ラベル」「顔認識」「色認識」「属性」という
4種の検索条件を組み合わせる事で画像を探す事が出来るようになってる。

あらかじめ自分でラベルをつけておいて
そこから探す「ラベル」、
写真に写っている顔の数から判別する「顔認識」、
なんとなくこんな色の写真だったなー
というところから探し当てる「色認識」、
自分で撮影したとか、プロテクトしたとか、
取り込んだものといった画像情報から絞り込む「属性」。

こんな感じで、
うる覚えの記憶からでも探し当てられるようになっていて
もう感覚的に、友達としゃべりながらでも
出したい写真を探す事ができる。


−−−−−−−−−−−−−
<大画面3.5型液晶で写真を見る感覚>


で、写真を見るなら画面だって大きいほうがイイに決まってて、
「DSC-G1」の画面の大きさは、なんと3.5インチという大きさ。

画面が大きいというだけじゃなくて
画素数は従来比で4倍にもなる約92.1万ドット
「エクストラファイン液晶」。

コントラストも高くなって、
230ppiというキメの細かさと、
色数も今までの約26万色から64倍にもなる
約1,677万色が表現できるようになっていて、
撮った写真を再生した時も、
細かな部分もグラデーションもくっきりハッキリとして
キレイな色で見る事ができるようになってる。

これは、プリントアウトした写真を見せる感覚で、
「DSC-G1」に大量に記録されてる画像を
大きな画面でキレイなままで、みんな大勢で見られるって事になる。

写真だったら、印刷しなきゃいけないとか
見たい時に持ち歩いてないなんて事があるけど、
これなら、常時昔から今までの写真を持ち歩いてるようなもんだからね。。

−−−−−−−−−−−−−
<MPEG4の動画が撮影できるサイバーショット>

何が今までのサイバーショットが不満かって
動画撮影のフォーマットが
どれもMPEG1だという事。

ハッキリ言って、MPEG1の動画を必要としてる意味がさっぱりわからない。
たいして綺麗でもないのに、使い道がない。
画質ではハイビジョンハンディカムを上回る事なんて出来るワケもないし、
冗談抜きでMPEG1で動画を記録した記憶が今まで全くない。

だけど、「MPEG4」だと話は違う。
画質がどうのとか画像サイズがどうのとかいう問題ではなくて
活用できる幅があるかどうか?って事。

「DSC-G1」は、「DSC-M2」以来ようやく
MPEG4の動画撮影機能が付いてくれてて、
QVGA(320×240、約30fps)で撮影すれば、
そのまんま無加工でweb上にもアップできるし、
PSPだって、ウォークマンAシリーズだって、myloにだって
そのまんま転送して速攻動画が楽しめる。

いかにシンプルに、かつ短時間にラクな作業で扱えるかが大切だと思うから
今の自分の環境から言うと、
MPEG4で撮影できる「DSC-G1」はものすごく魅力的に見える。

−−−−−−−−−−−−−
<DLNA対応ワイヤレスLAN>

「DSC-G1」の中にワイヤレスLAN(IEEE802.11b/g)を内蔵。

ワイヤレスLAN経由で、
DLNA対応の機器やら、VAIOからそのまんま「DSC-G1」にアクセスして
画像を閲覧できる。

その他にも
2台以上の「DSC-G1」で撮った写真を共有できる「コラボショット」や
画像をワイヤレスでプレゼントする「ピクチャーギフト」
なる機能もある。

画像データを見るのに、
いちいち配線を接続する作業の手間が
まるっきり省けてしまうのは相当ラク。
メンドくさがりーな人間にはもってこい。

コラボショットやピクチャーギフトはオマケ機能っぽいけど。

−−−−−−−−−−−−−
<その他もろもろー>

・約620万画素
・カールツァイス「バリオ・テッサー」
・光学3倍ズーム F3.5-4.3
・光学式手ブレ補正
・高感度ISO1000
・「音フォト(音楽つきスライドショー)」搭載

画素数はもう少し欲しかったってのが本音だけど
サイバーショットとしての基本性能はきっちりとカバーしてる。


ちなみに、「DSC-G1」にはイヤホン端子もあって、
内蔵のモノラルスピーカーだけじゃなく、
ステレオイヤホンで「音フォト」も「MPEG4」動画も楽しめるから
人ゴミの中でも恥ずかしくない。

また、PC経由でMP3をフラッシュメモリーにアキがある限り
入れまくる事もできるから、
MP3プレーヤーみたいに音楽を聴きまくりながら
スライドショーを楽しむといったワザも使える。

ちょっと無理があるかもしれないけど、
超デカイ画面の付いた「動画プレーヤー&画像付きMP3プレーヤー」
って考える事も出来る。


本体は、中央からガバっと両サイドに開くようになっていて
撮影時には、液晶右側に撮影用の操作ボタンが現れる。

再生時には、
カバーを閉じたままフォトビューワーとして使えるようになってて
側面にあるジョグキーなどのボタン操作でカンタンに扱える。


操作画面も、ものすごい見やすい。
これは、「DSC-T100」iconを触っても同じく感じた事だけど、
何せ文字やアイコンが見みやすくてわかりやすい。

それと、選択した項目ごとに
空いたスペースに「機能の説明」が表示されてる親切設計なので
説明書いらずと言っていいほど
画面を見ながらカンタンに操作できる。

−−−−−−−−−−−−−
<物欲フル回転!!>
iconicon
個人的に、今持ってる「DSC-T30」から
「DSC-T100」iconに買い替えよっかなーと思ってたけど、
もう「DSC-G1」iconを買う事に決定ー。

もう、おもいっきりツボ。
コレ使っても絶対モトをとるくらい使う自信があるね。。

iconicon

それと、ソニースタイルでの同時購入特典のケースが、
「Whitehouse Cox」ってのがこれまたツボ。

何がうれしいかって、いつもの吉田カバンじゃないって事。
もういい加減、身の回りに吉田カバンだらけで
若干アキ気味だったトコもあるから、
「Whitehouse Cox」のケースってのはうれい。

えー、問題はブランドがブランドだけに
結構高そうなのが怖い・・・
(2007年3月9日時点では価格は未定)

【DSC-G1専用Whitehouse Coxオリジナルケース詳細】icon

ソニースタイルでは
2007年3月23日まで【メール登録受付中】iconなので
たった今、速攻メール登録しといた。

久しぶりに物欲が即発動したな・・・


iconicon
【2007 CAMERA Style Spring Campaign】icon

【Windows Vista新登場!選べるエディション早分かりマップ】icon
Windows Vista搭載!VAIOニューモデル発表!icon

iconicon

【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/50925916
この記事へのトラックバック
サイバーショットの「DSC-T20」と「DSC-G1」が 今日から先行予約販売開始! 最短到着は4月6日頃の予定。 さらに、サイバーショットやハンディカムを買うと お得な【2007 New Camera Life Campaign】も同時に開始! サイバーショット「DSC-T20」 ソニースタイル販売...
DSC-T20、DSC-G1がソニースタイルで先行予約開始!【ソニーが基本的に好き。】at 2007年03月30日 20:42