2007年04月19日

新BRAVIA「Jシリーズ」からネットワークで操ろう!(VGF-DT1編)



・ネットワークが強烈に強化された新BRAVIA「Jシリーズ」
の続き。

当初は、BDZ-V9と接続して
ネットワーク経由でコントロール出来たから、
めでたしめでたしって事だったんだけど、
そもそもBDZ-V9を持ってるヒトって少ないよなーと思いつつ
「ソニールームリンク」が相当おもしろいので、
こうなったらいろいろ試してみたくなった。


という事で、
今度のお題は、
LAN対応地上・BS・110度CSデジタルチューナー「VGF-DT1」

VGF-DT1は、デジタルチューナーで
KDL-20J3000もデジタルテレビ。

こんなもんを直結しても何の意味もないんだけど、
ネットワークを経由してつなぐと
突然超便利マシンに早変わりする事を発見!



前回どおり
有線LANでKDL-20J300とルーターを接続されてる状態になので
今回新たに
有線LANでVGF-DT1とルーターを接続して、
同じネットワークで2つがつながる状態にする。

−−−−−−−−−−−−−−−−−


そして、
KDL-20J3000のホームメニューの[ビデオ]の画面をチェックすると
もう一つ、[VAIO DTV Tuner]ってのが現れた。


[VAIO DTV Tuner]を選択すると、
[DR][HR][SR][LR]というフォルダが現れた。

これは、VGF-DT1にある画質モードで、
転送レートと解像度は、こんな↓感じになる。
・DR(24Mbps 1920×1080)
・HR(12Mbps 1440×1080)
・SR(8Mbps 720×480)
・LR(4Mbps 720×480)

という事は、
VGF-DT1側で、4種類の転送レートと解像度を作りだしてるって
事でいいのかな?


それぞれのモードのフォルダを開くと、
[地上デジタル][BSデジタル][110度CS]というフォルダがある。

そりゃせっかく見るんだから
ハイビジョン画質の[DR]を選択。

その後、[BSデジタル]を開くと
おおう!今まさに放送中の番組タイトルがズラーっと表示された。
さすがに、サムネイル表示はしない様子。

その中から、ひとつ番組を選んでみると・・・

しばらーく待たされて・・・


映った!!
すげ!

普通にKDL-20J3000にアンテナをつないでるんなら
テレビが映るのは当然だけど、
今目の前に映ってるのは、
遠く離れたVGF-DT1からの映像が
ネットワークを通って来てるモノ!

VGF-DT1って、
VAIO(PC)だけしか見れないのかなー?
と思ってたけど、
「ソニールームリンク」で使い物になる事がわかった!

こりゃ便利だ。。


一応、実験してわかった事は
[SR]とか[LR]にすると
転送レートや解像度が低くなって
少し荒い画像で転送される事を確認。。

で、[HR]だけは
「表示する項目がありません」って・・・

なんでかは今のところ原因不明・・・


それと、
受信できてない番組や、契約して映らない番組に
アクセスしようとすると
「サーバーにアクセスできません。」
っていうメッセージが出てくる。

最初見た時は、一体何事かと思って焦った。。


−−−−−−−−−−−−−−−−−


デジタルテレビ「KDL-20J3000」に、
デジタルチューナー「VGF-DT1」をつなぐ意味があるのか?
というと、
確かにこういったシチュエーションは少ないのかもしれないけど、
何が快適かって、
KDL-20J3000に接続する配線が、
電源コードと、有線LANケーブルの
たったの2つの接続だけですんでしまうって事。

例えば、
家中に有線LANを回してるのであれば、
LANポートにあるところにつなげば
アンテナ線をつながなくっても
デジタル放送を見るって事ができる。


LAN配線が難しい場合は、
パナソニックから発売されたPLCアダプター「BL-PA100KT」
を使って
電源コンセントを経由させるという手段もある。

さらに、
発展的に考えれば
KDL-20J3000にワイヤレスLANアクセスポイントを付ければ
ワイヤレス化させて、デジタルテレビを見る事だって出来る。
(ただし、転送レートの高い[DR]だと若干コマ落ちするけど。)

まさに
家中どこでもテレビとなるワケだ。。

ささ、
次は何にアクセスさせようかな?

続く。。


・デジタルチューナー「VGF-DT1」をPCで遊びつくそう!(設定編)
・デジタルチューナー「VGF-DT1」をPCで遊びつくそう!(視聴編)
・デジタルチューナー「VGF-DT1」をPCで遊びつくそう!(録画編)
・デジタルチューナー「VGF-DT1」にたくさんのPCからアクセスさせよう!
・デジタルチューナー「VGF-DT1」からのデジタル放送をモバイルVAIOで見る!



【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/50959614
この記事へのトラックバック
・ネットワークが強烈に強化された新BRAVIA「Jシリーズ」 ・新BRAVIA「Jシリーズ」からネットワークで操ろう!(VGF-DT1編) の続き。 BDZ-V9、VGF-DT1とやってみたので、 次はやっぱりVAIOとつないでみたい。 で、今回試したのは ・VAIO type R master ・VAIO typeR の...
新BRAVIA「Jシリーズ」からネットワークで操ろう!(VAIO動画編)【ソニーが基本的に好き。】at 2007年04月20日 14:29
・ネットワークが強烈に強化された新BRAVIA「Jシリーズ」 ・新BRAVIA「Jシリーズ」からネットワークで操ろう!(VGF-DT1編) ・新BRAVIA「Jシリーズ」からネットワークで操ろう!(VAIO動画編) の続き。 VAIOにアクセスできるのは 動画だけじゃない。 音楽が聞けたり写...
・新BRAVIA「Jシリーズ」からネットワークで操ろう!(VAIO写真&音楽編)【ソニーが基本的に好き。】at 2007年04月22日 12:37
この記事へのコメント

DT1とブラビアの組み合わせって、もしかしてX1000でもできるんですか!?
Posted by トモカズ at 2007年04月20日 00:12

>トモカズさん
えーとですねー。
おそらく、この機能って全く同じだと思うんですー。
なのでBRAVIA X1000でも使えちゃうと思いますよw
なので、ルームリンクでもいけるはずだと思いますw
Posted by kunkoku at 2007年04月20日 09:31

これって、どの部屋からでも一つの契約でスカパー(E2)
やwowowが見られるようになるってことだと思うので、
結構便利かもしれませんねぇ。
Posted by PumiPumi at 2007年04月20日 14:59

>PumiPumiさん
そうなんですよーw
WOWOWとかってやっぱりカードごとに契約ですから、
例えば寝室のテレビで見ようと思ったら
カード抜いて移動しなきゃいけないですものねー。
その点これは便利ですねww
Posted by kunkoku at 2007年04月23日 10:58