2007年04月27日

北米でメモステにハイビジョン記録できるハンディカム「HDR-CX7」発表!



北米のSONYからメモリースティックに記録できるハンディカムが発表!
どっちかっていうとやっとって感じだけど・・・

・米Sony、メモリースティック記録のAVCHDビデオカメラ(AV Watch)
・北米ソニーのニュースリリース


HDR-CX7っていう型番で
メモリースティックPRO Duoに動画を記録する。
記録方式はハイビジョン画質を残せるAVCHD(MPEG-4 AVC/H.264)。

320万画素のクリアビッドCMOSセンサーで
カールツァイス バリオ・ゾナー T*を搭載。

有効画素数は動画228万画素
静止画で304万画素。

光学10倍ズーム(35mm換算で40〜400mm)。
光学式の手ブレ補正内蔵。

外形寸法は幅69mm×奥行き129mm×高さ67mm
重量は450g

HD解像度で録画した場合、
録画モードはHDDハンディカムと同じくXP、HQ、SP、LPの4つで
メモステDuoの4GBを使った場合、
それぞれの録画モードで30分、55分、65分、85分。
広色域色空間のx.v.Colorにも対応。

SD解像度(MPEG-2)で録画する場合は
HQ、SP、LPの3つ。

液晶は、2.7型ワイド液晶モニターでタッチパネル方式。
HDMI端子やコンポーネント端子はミニタイプで装備。


それと、
高速転送に対応したメモリースティックPRO HG Duoも発売。
8bitのパラレルインターフェイスを採用して、
転送速度が30MB/Sec(240Mbps)にまで高速化。

出荷時期は8月で
1GBが60ドル、2GBが90ドル、4GBが150ドルの予定。

PC用のExpress Cardアダプタ「MSAC-EX1」も
80ドルあたりで発売されるらしい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

HDDハンディカムの新型。

HDR-SR7は、
320万画素のクリアビッドCMOSセンサーで
カールツァイス バリオ・ゾナー T*を搭載。
光学10倍ズームレンズと光学式の手ブレ補正を内蔵。
HDD容量は、60GB。

外形寸法は、幅75×奥行き149×高さ81mm
重量は610g。

HDR-SR5は、
210万画素クリアビッドCMOSセンサーで
カールツァイス バリオ・ゾナー T*を搭載。
光学10倍ズームレンズと電子式の手ブレ補正を内蔵。
HDD容量は、60GB。

外形寸法は、幅75×奥行き140×高さ81mm
重量は540g。


HD解像度(AVCHD(MPEG-4 AVC/H.264))で記録する場合は、
XP、HQ、SP、LPの4つ。
SD解像度(MPEG-2)で録画する場合は
HQ、SP、LPの3つ。

メモリースティックPRO Duoに静止画の記録も出来る。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

他社に遅れて
やっとメモリーに記録するタイプのハンディカムが
出てきてくれたって感じ・・・

国内でも早くだして欲しいけど。。

そういや、
動画共有サービス「eyeVio:アイビオ」ってのが
ソニーが今日4月27日からサービスを開始したんだけど
これもどうやら夏にはHDに対応する予定らしくて
ハンディカムで撮影した動画を
まんまネット上にアップできるようになるかも。。

なんだか凄い時代になってきたな・・・



【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
北米のSONYで4月下旬に発表されていた メモリースティックとHDDのハイビジョンハンディカムが 国内でも発表! 北米でメモステにハイビジョン記録できるハンディカム「HDR-CX7」発表!(2007年04月27日) まずは、メモリースティックタイプの ハイビジョンハンディカム ...
メモリースティックにハイビジョン録画するハンディカム「HDR-CX7」【ソニーが基本的に好き。】at 2007年05月29日 16:34