2007年05月27日

プレミアムカーボンとシャンパンゴールドの「VAIO typeT」



TZのレポート途中だけど、
VAIO typeTの実機がやってきたので
ちょっと息抜きにアップしてみた。


プレミアムカーボンと
シャンパンゴールドの2台。
当分はこの2台でいろんな実験をやってみる予定。



【VGN-TZ90S プレミアムカーボン】
OS:Windows Vista Home Premium
カラー:プレミアムカーボン
CPU:Core 2 Duo U7600 (1.20 GHz)
メモリー:1GB(1GBX1)
ドライブ:フラッシュメモリー約32GB
     DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R2層記録対応)
ワイヤレスLAN:802.11 a/b/g
ワンセグチューナー:搭載
Bluetoothヘッドセット:付属
指紋センサー&セキュリティチップ:搭載
キーボード:日本語配列
バッテリー:軽量バッテリー
ウォールマウントプラグアダプター:付属
−−−−−−−−−−−−−−−−
ソニースタイル販売価格:293,100 円(税込)



【VGN-TZ90S シャンパンゴールド】
OS:Windows Vista Home Premium
カラー:シャンパンゴールド
CPU:Core 2 Duo U7600 (1.20 GHz)
メモリー:2GB(2GBX1)
ドライブ:HDD 約160GB(2.5型、5400回転/分)
ワイヤレスLAN:802.11 a/b/g
ワンセグチューナー:なし
Bluetoothヘッドセット:なし
指紋センサー&セキュリティチップ:なし
キーボード:日本語配列
バッテリー:標準バッテリー
ウォールマウントプラグアダプター:付属
−−−−−−−−−−−−−−−−
ソニースタイル販売価格:220,300 円(税込)


プレミアムカーボンは、ソニースタイルからの貸出機で、
ある意味TZの持ち味を最大限味わえる
フラッグシップに値するスペック。

そうすると
全く別路線のTZを作ってみたくて
貴金属的で結構好みなシャンパンゴールド、
速度がそこそこ速くて安価な2.5インチHDD単体をチョイスした
TZを比較実験用に導入。

−−−−−−−−−−−−−−−

気になったトコをいろいろチェックしてみた。

まずは、ストレージ。

デバイスマネージャーを調べてみると
フラッシュメモリーは、
SAMSUNG製「MCBOE32GQAPQ-MWA」で
VAIO typeGをバラした時に入ってるタイプと全く同じ。

・VAIO typeGの中にあるフラッシュメモリーを実際に見てみる。(2007年05月09日)


初期セットアップした状態で
空き領域は8.47GB。
リカバリ領域で8GB強、
OSとアプリで15GB近く消費。


2.5インチHDDを調べてみると
HDDは東芝製の「MK1637GSX」で
S-ATAでデータ転送速度は300MB/Sec、
5400回転、2.5インチ(9.5mm厚)タイプ
バッファサイズは8MB
シークタイムは平均12ms。


さすがに160GBの容量があるだけに、
リカバリ領域とOSと初期アプリを消費した残りの
空き領域は123GB。

−−−−−−−−−−−−−−−

メモリーの容量の違いによる
グラフィックに割り当てるメモリの違い。


【メモリー1GB】


【メモリー2GB】

利用可能なグラフィックメモリが
1GBの場合251MB、
2GBの場合256MB。
専用システムメモリは64MBで共通。

共有システムメモリは
1GBの場合187MB、
2GBの場合192MB。

あんまり体感に差が現れるようなレベルじゃなさそうだ。。

−−−−−−−−−−−−−−−

「パフォーマンスの評価」はこんな↓感じ。

【VGN-TZ90S プレミアムカーボン】
プロセッサ:4.4
メモリ:4.1
グラフィックス:2.0
ゲーム用グラフィックス:2.6
プライマリハードディスク:5.2


【VGN-TZ90S シャンパンゴールド】
プロセッサ:4.4
メモリ:4.1
グラフィックス:2.0
ゲーム用グラフィックス:2.6
プライマリハードディスク:4.8

グラフィックは、
インテル 945GMS Expressチップセット(Napaアーキテクチャー)
のまんまなので以前のTXと同等の評価。

CPUの評価は
超低電圧版とはいえさすがCore 2 Duoだけあって
Core 2 Duo U7600(1.20GHz)で4.4。

Core Solo U1500 (1.33GHz)の時には
たったの2.9しかなかった事を考えると
CPUのパフォーマンスが恐ろしく上がってる事がわかる。

もちろん
フラッシュメモリーの評価は5.2と
VAIO typeU<ゼロスピンドル>
と同じでかなり高い。

それと、
2.5インチHDD(5400回転/分)の評価が4.8と予想以上に高い。
1.8インチHDDの3.7に比べれば随分良くなってる。

あくまでも、「パフォーマンスの評価」を見ての判断でしかないけど。
メモリーが1GBでも2GBでも評価が同じで
実際に使えば明らかに2GBのほうが快適だから。。

−−−−−−−−−−−−−−−

CPUとストレージのパフォーマンスが
TXに比べて極端に良くなってるおかげで
Windows Vistaがまともに使えるPCになった。

評価の数字以上に
体感速度が速くなってるのは確実。

VAIOオーナーメードでカスタマイズする際に
ストレージは、
フラッシュメモリ>2.5インチHDD>1.8インチHDD
の順でスピードが速くはなるけれど、
これは
自分の使い方や予算の都合もあるから
一概に誰でもフラッシュがイイというワケにはいかないし
1.8インチHDDとDVDドライブという選択肢もアリかと。。

ただし、
CPUは絶対にCore2Duoにするべきで
Celeronは選ぶべきじゃないと思うし
メモリは無理してでも2GBがイイ。


【VAIO typeT特集ページ】



・エモーショナルVAIO typeT「TZシリーズ」レポート(その1)
・エモーショナルVAIO typeT「TZシリーズ」レポート(その2)
・エモーショナルVAIO typeT「TZシリーズ」レポート(その3)
・エモーショナルVAIO typeT「TZシリーズ」レポート(その4)
・エモーショナルVAIO typeT「TZシリーズ」レポート(その5)
・エモーショナルVAIO typeT「TZシリーズ」レポート(その6)
・エモーショナルVAIO typeT「TZシリーズ」レポート(その7)
・エモーショナルVAIO typeT「TZシリーズ」レポート(その8)



【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
素でTZのパフォーマンスを知りたくなったので ベンチマークでチェックしてみた。 ベンチマークソフトは、お約束で 「Vana'diel Bench3」と「CrystalMasrk 2004R2」。 で、ただ調べただけじゃおもしろくなかったので メモリーのパフォーマンスを変化させて 2種類でベン...
VAIO typeT(TZシリーズ)のベンチマークテスト!【ソニーが基本的に好き。】at 2007年06月01日 13:04
この記事へのコメント

Core2Duoが採用されてからスコアがぐーーーーんとUPしましたね!coresoloと比べ物にならない。。
>ちょっと生き抜きにアップしてみた。
生き抜きって「息抜き」←では??
Posted by シルバー at 2007年05月27日 18:33

>シルバーさん
パフォーマンスが確かにイッキにあがりましたね!
このモバイルPCは相当快適ですw
す、すみません思いっきり誤字でした(^^ゞ
訂正しますー。
Posted by kunkoku at 2007年05月30日 09:15