2007年05月29日

100GBのHDDを搭載したハイビジョンハンディカム「HDR-SR8」


icon
新しく発表されたハンディカムのうちのHDDタイプ。

icon
デジタルHDビデオカメラレコーダー「HDR-SR8」
ソニースタイル販売価格:168,000円(税込)

デジタルHDビデオカメラレコーダー「HDR-SR7」
ソニースタイル販売価格:148,000円(税込)

−−−−−−−−−−−−−−−−

1.8インチHDDを内蔵したハンディカムで、
HDR-SR8は100GB、
HDR-SR7は60GBの容量を搭載。

前モデルのHDR-SR1(30GB)と比べると
HDD容量は大幅に増えて
それでいて本体サイズは、
体積比で約20%小さくなって110gも軽くなった。

8cmDVDやDVテープのように
記録メディアの交換がないので、
一度に長時間の撮影が出来る。

定点観測や会議の撮影といった
一度の撮影で数時間にもおよぶものの記録は
HDDの大容量でしか実現できない良さもある。


HDD内にたくさん撮影した動画を探しやすくした
新しい機能も追加。

「フィルムインディックス」では、
本体のフィルムロールボタンを押すと
動画の内容が一定間隔に表示されて、
シーン毎にピンポイントで検索できる。
「フェイスインディックス」では、顔検出技術を利用して、
検出された人の顔を一覧表示して、
選んだ顔から再生することができる。


1/2.9型「クリアビッドCMOSセンサー」を搭載して、
細部までキメ細かく高解像度な、美しいハイビジョン映像の記録を実現。

静止画は、最大610万画素で撮影、
動画を撮影中でも、460万画素で撮影できる。

動画から静止画の切り出しも
PCと接続して専用ソフトを使うと、
約300万画素(3840×2160)相当の静止画を取り出せる。

最低被写体照度は5ルクスになって
暗い場所でも明るく撮影できる。

「光学式手ブレ補正機能(アクティブレンズ方式)」を採用して
レンズが動いて手ブレを補正。

従来のハンディカムと比べて約1.8倍の色域で記録できるようになる
「x.v.Color」にも対応。


−−−−−−−−−−−−−−−−−
HDR-SR8と、HDR-SR7は
6月20日発売で、すでにソニースタイルでは先行予約販売を開始してる。

【スペシャルパック】
本体の販売にあわせて
外付けHDDをセットにしたものと
DVDへのダビングサービスをセットにした
スペシャルパックというのも販売。


外付HDDストレージ(250GB)セット
HDR-SR8スペシャルパック セット価格:178,000円(税込)
HDR-SR7スペシャルパック セット価格:158,000円(税込)


DVDダビングサービスセット
HDR-SR8スペシャルパック セット価格:180,000円(税込)
HDR-SR7スペシャルパック セット価格:160,000円(税込)


【吉田カバン「HDR-SR8、HDR-SR7」オリジナルケース】
icon
ソニースタイルで
ハンディカム「HDR-SR8、HDR-SR7」発売に合わせて
吉田カバンとコラボのオリジナルケースを販売。

吉田カバン"ハンディカム"専用ケース
ソニースタイル販売価格:17,800円(税込)

ハンディカムと同時購入のみで、
予定数に達し次第終了。

icon
今回の吉田カバン"ハンディカム"専用ケースは、
ウェストバッグ型とリュックサック型に変えられる
2WAYタイプのバッグ。

カラーはブラックのみで、
バッグ内部の間仕切りも移動できる使いやすいタイプ。


【VAIO typeT特集ページ】

icon

【TOPページへ】



この記事へのトラックバックURL