2007年06月07日

北米でフルHD&Motion Flow搭載の新BRAVIAが発表!



北米ソニー、新BRAVIAを発表!

・SONY ADDS NINE MODELS TO BRAVIA® FLAT-PANEL LCD LINE(米SONY)


液晶テレビには、
BRAVIA W3000シリーズと、
BRAVIA XBR4シリーズ、
BRAVIA XBR5シリーズの3種類。

液晶のサイズは、40型、46型、52型。

どのモデルもすべてフルHD(1920x1080)解像度で、
さらに国内で発売されてるBRAVIA J5000シリーズに採用された
「Motion Flow」を搭載。


「120Hz駆動技術」と「映像創造技術」をあわせて
液晶テレビにありがちな残像感を減らして
動きの早いスポーツやアクションシーンも、
残像の少ないはっきりした映像で表現、
液晶パネルは10bit対応で
色彩の豊かななめらかなグラデーションが表現可能。

インターフェースにはクロスメディアバーを採用、
映像のエンジンには「BRAVIA Engine EX」を搭載、
HDMIはx.v.Color、1080/60p、1080/24p入力にも対応。


BRAVIA W3000シリーズ
は国内のV2500にMotionFlowなどを搭載したタイプ。

KDL-40W3000:$2,700 7月発売
KDL-46W3000:$3,500 7月発売
KDL-52W3000:$4,300 8月発売

BRAVIA XBR4シリーズが
BRAVIA X2500シリーズにMotionFlowなどを搭載したタイプで
液晶のベゼルは全8色で
スカーレットデッド、パシフィックブルー、アトランティックホワイト、
シエナブラウン、チタニウムシルバーミッドナイトブラック
ローズメタリック、シャンパンゴールドのカラバリがある。

KDL-40XBR4:$3,000 8月発売
KDL-46XBR4:$3,800 8月発売
KDL-52XBR4:$4,800 8月発売

BRAVIA XBR5シリーズが
BRAVIA X2550シリーズにMotionFlowなどを搭載したタイプで
ベゼルは同じくピアノフィニッシュ仕上げ。

KDL-40XBR5:$3,300 8月発売
KDL-46XBR5:$4,100 8月発売
KDL-52XBR5:$5,100 9月発売

−−−−−−−−−−−−−−−−−


SXRDを搭載した
リアプロジェクションテレビが
BRAVIA A3000シリーズ。

・SONY ADDS NINE MODELS TO BRAVIA® FLAT-PANEL LCD LINE(米SONY)

サイズは、50型、55型、60型。

上記のモデルと同じく
BRAVIA A2500シリーズに
「Motion Flow」や「BRAVIA Engine EX」を搭載したり
クロスメディアバーや「BRAVIA Theatre Link」に対応したタイプ。

全モデル比で20%のスリム化を果たしてるのも大きな特徴。

KDS-50A3000:$3,000 8月発売
KDS-55A3000:$3,300 8月発売
KDS-60A3000:$3,500 8月発売


さらにプロジェクションとは思えないほど
キャビネットを薄型化したXBR5シリーズも追加。

性能はそのままに
前モデル比で40%のスリム化!

サイズは、60型、70型。

KDS-Z60XBR5:$5,000 秋発売
KDS-Z70XBR5:$6,000 秋発売

−−−−−−−−−−−−−−−−−

プロジェクションのXBRシリーズの画像を見た時
一瞬、液晶テレビかと思った。。

確かに、国内で販売されてるBRAVIAでも
フルHDになってないJシリーズに
「Motion Flow」とかネットワークの機能が入って多機能化してて
上位モデルに位置するV2500とかX2500がそのまんまのワケないよなーと思ってたら
やっぱり搭載してくるよな。。

今回のは北米での発表だけど
国内も同じような感じで変わるんじゃないかと。。



【VAIO typeT特集ページ】



【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51010419