2007年09月16日

VAIO typeS(SZ94)のベンチマークテスト(その1.5)というかやり直し。



VAIO typeS(SZ94)のベンチマークテスト(その1)
の続き。
というよりは、
もう全部やり直し状態に近い。

というのも、
前回のテストでVGN-SZ94USのFF11のベンチマーク結果が
明らかにおかしくて、
こりゃ何か原因があるだろ?
と思っていろいろ調べるだけでかなりの時間を要してしまった。


ベンチマークを計った後から
VAIOアップデートにグラフィックドライバーの
アップデートプログラムが上がってて
まずはコレを当てると
FF11のベンチが若干改善。

でも、別の問題が出たりして。
(というのは後からわかった事だけど。)


それでも、思うような数値ではなくて
さらに調べてると
電源プランの設定で、
グラフィックのパフォーマンスが変化する事が発覚。

それが、
VGN-SZ94USのグラフィックベンチやゲームベンチに限ってのみ
大きく変化する。

そのほかのVAIOノート(VGN-SZ93Sや、VGN-FZ90S)では
電源設定を変えても
変化の度合いはそこまで大きくないにもかかわらず。

あくまでも自分のやってる範囲の結果に基づいての事なので
本当に正しいかどうかもわからないので
まだまだ調べる余地はあるかも。
と言いつつ、現段階でのベンチマークテスト結果を。
(2007年9月15日現在)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

何はともあれ、
今までのベンチマークを計りなおして
さらに新しいベンチマークをとってみた。

電源プランの変更は、
[コントロールパネル]から
[モバイルコンピュータ]の[電源オプション]で変えられる。


●CrystalMark 2004R2(再検証)

CrystalMark 2004R2で、
VGN-94USのグラフィックは【SPEEDモード】の状態で、
電源プランを【高パフォーマンス】に変更して
【バランス】との違いをチェック。
プランを変えたのみで詳細設定は変更せず。

<VGN-SZ94US【SPEEDモード】>

【バランス】               【高パフォーマンス】

前回の、買ったときのままの状態となる【バランス】と
【高パフォーマンス】に変えたものとのベンチマーク比較。

CPUやメモリーには変化は見られないものの
グラフィック系が上昇してるようにも見える。
[GDI]、[D2D]では、大幅な上昇ではないため
誤差範囲ともとれなくもないけど
[OGL]は大きく上がってるのがわかる。

というか、
電源プランが関与してるとは
このベンチマークでは判断しにくい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●UniversalCentury.net GUNDAM ONLINE(再検証)

<VGN-SZ94US>
【バランス】
MARK:3180、3439、3460  平均:3359
【高パフォーマンス】
MARK:3239、3469、3470  平均:3392

このベンチマークでも
電源プランの変化による影響は
ほとんどというか全然ないみたいに思える。


で、
突如として持ち上がった不具合が、
VGN-SZ94USを【STAMINAモード】でベンチマークしようとすると
上記のエラーが発生してしまった。

ドライバーアップデート前までは
普通に使えてたのに。


●Vana'diel Bench3
(FINAL FANTASY XI for Windowsオフィシャルベンチマークソフト3)(再検証)

<VGN-SZ94US【SPEEDモード】>
【高パフォーマンス】
・低解像度モード
SCORE:7114、7226、7223  平均:7245(前回平均:4395)
・高解像度モード
SCORE:4256、4260、4254  平均:4256(前回平均:3022)

<VGN-SZ93S【SPEEDモード】>
【高パフォーマンス】
・低解像度モード
SCORE:5741、5751、5775  平均:5775(前回平均:5625)
・高解像度モード
SCORE:3460、3441、3436  平均:3445(前回平均:3315)

()内は前回の
グラフィックドライバーのアップデート前、
電源プランが【バランス】の状態のもの。


VGN-SZ94USのSPEEDモード、高パフォーマンスでは、
当初計測したものから1.4〜1.6倍の数値にハネ上がって
元のデータがまるでウソのような結果。

VGN-SZ93Sも微増してるものの
VGN-SZ94USのような差はない。

ドライバーのアップデートをした後に計測して
確かに数値は上がっていたものの
電源プランを変化させる事で
こうも浮き沈みが激しいものも今までになかった気がする。


そして、UCGOと同じく
VGN-SZ94USの【STAMINAモード】でベンチマークを計ろうとすると
エラーが発生して動いてくれない。

かなり今回のドライバーが怪しい。
気にしても今の時点ではどうしようにもないので
次回のアップデートで不具合が改善されるのを待つしかない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ここまでが前回までのベンチマークのやり直し。

さらにベンチマークの精度を高めるために
futuremarkのベンチマークソフト
PCMark05、3DMark05、3DMark06でもテスト中。
長くなりそうなので続く。


【VAIO typeS特集ページ】
【VAIO typeT特集ページ】



【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
VAIO typeS(SZ94)のベンチマークテスト(その1) VAIO typeS(SZ94)のベンチマークテスト(その1.5)というかやり直し。 の続き。 今回は、 futuremarkのベンチマークソフト PCMark05、3DMark05、3DMark06で計測。 このソフトウェアは、 無料のBasic版と、 有料のAdvan...
VAIO typeS(SZ94)のベンチマークテスト(その2)【ソニーが基本的に好き。】at 2007年09月17日 11:58
VAIO typeSプレミアムバージョンが2008年春モデルとなって登場。 SZ型番もついにSZ90から始まってSZ95となって6代目。 「VAIO typeSプレミアムバージョン」 VGN-SZ95US・95NS・95S 【VAIOオーナーメイドモデル】 ソニースタイル販売価格:159,800円(税込)?? 「VAIO typ...
新CPUを採用してモバイル最速の「VAIO typeSプレミアムバージョン」【ソニーが基本的に好き。】at 2008年01月10日 14:25