2007年09月29日

「ハロ!アムロ!」とRollyに言わせたい。



“Rolly”買って一番やりたかった事。

“Rolly”
耳をパタパタさせながら「ハロ!アムロ!」
と言わせたる事。

まずは一番簡単な方法からやってみる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

まず、準備したのは、
動画対応のウォークマン「NW-A808」
と、それから
Bluetooth オーディオトランスミッター「WLA-NWB1」


こいつがあれば
ウォークマンの音声をbluetoothで飛ばせる。

Rollyには、
Bluetoothから音声を受信してワイヤレススピーカーとしても使えるから
こいつを利用。

なんでもかんでも通信できるわけじゃなくて
Bluetoothのお約束として
お互いにA2DPプロファイルに対応してる必要がある。

AVRCPプロファイルにも対応していれば
Rolly側から対応機器側の再生停止のコントロールもできる。

「WLA-NWB1」は、A2DP、AVRCPどちらのプロファイルに対応してるから
再生はもちろん、コントロールもできる。

逆に、Rollyの音を
Bluetooth対応ヘッドホンとかスピーカーでは聞けないので注意。


一番最初は、
2つの機械を仲良くさせる儀式、ペアリングをしてやる。

Rollyのプレイボタンを7秒以上押しっぱなしにして
ペアリング状態にする。
(Bluetoothランプが青色に高速点滅。リミットは5分)

「WLA-NWB1」の真ん中のボタンを押しっぱなしにする。
成功すると
Rollyと「WLA-NWB1」のBluetoothランプがゆっくり点滅しだす。

ちなみに
Rollyは、最大で8台までペアリングできる。


これで準備はOK!

ウォークマンで再生した音が、
音楽だろうが動画だろうが
Rollyのスピーカーから出てくる。

それじゃ
スカパーから録画したTV版の「機動戦士ガンダム」を
MP4に変換してウォークマンに転送した動画を再生してみる。

コレ↓

ハロ!アムロ! by Rolly

モーション付きで再生してみた。

この動画から聞こえてくる音は全てRollyから出てるもの。
音量上げたらかなりうるさいくらいで
十分満足できるレベル。

ハロがしゃべってるとこは
それなりにおもしろいけど
自動モーションだと
いまいち動きにハロの機敏さが足りない。
(どっちかというと、この動画見てるとフラウ・ボウに説教されてる気分だ。)

今度は、
ハロのしゃべる音声だけ編集して集めて、
SonicStageからRollyに転送してしゃべらせようかな?
ってめんどくさいな・・・


【Rolly Official Site】

・Rollyの本物を銀座ソニービルで見てきた。
・動き回りすぎて落ちないか心配になる"Rolly"
・これから考える“Rolly”との付き合い方。
・Rolly大地に立つ!!



【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51145596