2007年10月13日

VAIO typeS[SZシリーズ]のメモリーを4GBにするとオイシイのか?



VAIO typeS(SZシリーズ)は、
出た当初のVGN-SZ90からVGN-SZ93までは、
CPUや細かいところは進化してきたけど、
マザーボード自体は、ずーっと同じだった。

それが、今回VGN-SZ94になって
チップセットがモバイル インテル GM965 Expressに変更されて
メモリーのバスが533MHzから667MHzに上昇して
搭載できる物理メモリーの最大容量も4GBに増えた。
(その代わりOSが使用可能な領域は最大でも3GB)

ソニースタイルのカスタマイズには、
4GB(2GBX2)という選択肢はないけど、
まだ少しでもパフォーマンスを上げる余地があるのなら
そりゃ最大容量の4GBをのっけてみたくなる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−


まずは、メモリの用意。
「VGN-SZ94US・SZ94NS・SZ94S」に対応したメモリは、
「DDR2 SDRAM、DDR2 667対応(667MHz動作)」なので、
それに合ったメモリをサードパーティから選択。

失敗しないコツは、
動作確認機種をHPで明記してるメーカーを選ぶ事。
バルクは極端に安い代わりに、
相性問題で動作しない場合もあるので注意。

最近、メモリーって安くなったなーと思ってたけど
1枚で2GBのノートPC用メモリーはさすがにまだ高い。
これを2枚買っても
結局は3GBしか認識されないのかと思うと結構むなしいものが・・・


メモリーの交換はとても簡単。
「VAIO typeS」をひっくり返して本体底面の
中央手前にあるカバーに隠れてるだけなので
ネジ2本はずすだけ。

薄いカバーをめくれば、メモリが見えるので
最初についてるメモリをはずしてメモリを2枚挿す。
後はカバーをもとにもどすだけで終了。


Windows Vistaを起動して、
メモリが増えてるかどうかをチェック。
すると、
OS上で認識できる最大の3GBと表示されてるのがわかる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ここで、
手元に3種類のメモリーがあるので
・1GB(512MBx2枚)
・2GB(1GBx2枚)
・4GB(2GBx2枚)
それぞれを付け替えて
どんな違いがあるかを調べてみた。

「VAIO typeS」には、
グラフィックボードを用途によって切り替えられる
グラフィックハイブリッドシステムがあるけれど、
今回はよりパフォーマンスの高い、
SPEEDモードの[NVIDIA GeForce 8400M GS GPU]に、
そして、
電源プランは【高パフォーマンス】に固定。


<利用可能なグラフィックメモリーの変化>
Windows Vistaは、
メインメモリーの増減によって
利用可能なグラフィックメモリーが変わってくる。


【メモリー:1GB(512MBx2)】
専用グラフィックメモリが、64MB
専用システムメモリが、0MB
共有システムメモリが、255MB
となって、
利用可能な全グラフィックスメモリは、319MB


【メモリー:2GB(1GBx2)、4GB(2GBx2)】
専用グラフィックメモリが、64MB
専用システムメモリが、0MB
共有システムメモリが、767MB
となって、
利用可能な全グラフィックスメモリは、831MB

メインメモリーが
2GB(1GBx2)と、4GB(2GBx2)になった場合での
割り当ての変化はなし。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<パフォーマンスの評価>
Windows Vistaを快適に動作できるかどうかの
目安となる「パフォーマンスの評価」


【メモリー:1GB(512MBx2)】
プロセッサ:5.3
メモリ:4.5
グラフィックス:3.5
ゲーム用グラフィックス:4.6
プライマリハードディスク:4.7


【メモリー:2GB(1GBx2)、4GB(2GBx2)】
プロセッサ:5.3
メモリ:4.8
グラフィックス:3.5
ゲーム用グラフィックス:4.6
プライマリハードディスク:4.7

1GB(512MBx2)で、メモリー評価が4.5
2GB(1GBx2)と、4GB(2GBx2)で、メモリー評価が4.8

こう見るとVistaの評価上では、
1GBと2GBに差があると判断。

ちなみに、
SZ93(メモリーバスが533MHzの場合)で計測した場合
1GB、2GBともに評価は4.5だった。

という事は
あくまでもVistaというOSを
快適に動作させられるかに重きを置いたこの評価では
おそらくメモリー容量に加えて、
メモリーの読み書きのスピードも評価対象になってるっぽい。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<ベンチマークテスト>
お約束のPCのベンチマークテスト。

VGN-SZ94US
1GB(512MBx2枚)、2GB(1GBx2枚)、4GB(2GBx2枚)に加えて
メモリーバスの違う
VGN-SZ93の(1GBx2枚)も加えて比較してみた。

●PCMark05 Build 1.2.0(Basic版)

CPU、メモリ、HDD、グラフィックスなどの性能を計測する
統合ベンチマークソフト。
PCMark05からマルチコア/スレッドに対応。

5回計測して合計したものを平均した数値。


<VGN-SZ94US>
【メモリー:1GB(512MBx2)】   
System Test Suite:4809
【メモリー:2GB(1GBx2)】
System Test Suite:4912
【メモリー:4GB(2GBx2)】
System Test Suite:4933
  
<VGN-SZ93S>
【メモリー:2GB(1GBx2) 533MHz】
System Test Suite:4133

この数値は、
トータルのパフォーマンスの数値のため
メモリーだけの恩恵がそのまま出てるとは言いがたい。
それに、
それぞれ計測したものの数値のバラつきがあって
メモリー容量の差での恩恵はほとんど再現できず。

どちからというと
メモリーのバススピード(読み書きスピード)の差が大きい。


●CrystalMark 2004R2

CPUやメモリー、HDD、グラフィック
のパフォーマンスを計測できるベンチマークソフト。

5回計測してMEM(メモリ)を合計したものを平均した数値。


<VGN-SZ94US>
【メモリー:1GB(512MBx2)】   
MEM:11762
【メモリー:2GB(1GBx2)】
MEM:12099
【メモリー:4GB(2GBx2)】
MEM:12440
  
<VGN-SZ93S>
【メモリー:2GB(1GBx2) 533MHz】
MEM:9940

[MEM]の評価は、
SZ94のメモリーの容量差は、
比較的小さいけれど大きくブレる事なく数値の差となった。

ただ、やはり
読み書きスピードが評価対象で
メモリーバスの差がはっきりを現れる。


●HDBENCH

かなり昔っからあるベンチマークソフト。
CPUやメモリー、グラフィック、HDDの
パフォーマンスを計測できる。

5回計測して「メモリ」を合計したものを平均した数値。

<VGN-SZ94US>
【メモリー:1GB(512MBx2)】   
Read    :184714
Wreite   :113623
Read&Wreite:225985

【メモリー:2GB(1GBx2)】
Read   :185051
Wreite   :116204
Read&Wreite:232683

【メモリー:4GB(2GBx2)】
Read   :185016
Wreite   :122033
Read&Wreite:242658
  
<VGN-SZ93S>
【メモリー:2GB(1GBx2) 533MHz】
Read   :155687
Wreite   :93172
Read&Wreite:186682

上記2つのテストとほぼ同じ傾向の結果。
やはりメモリーバスの影響が顕著。


ベンチマークテスト自体が
メモリーの読み書きテストをしてるので
当然といえば当然のような結果で
これを、やった意味があったのかどうかは怪しい・・・

ちなみに
ここには書いてないけど
3Dベンチマークソフトの「3DMark05」と「3DMark06」
ゲームベンチの「Vana'diel Bench3」と「UCGO」を
それぞれ全部計測したのに
2GBと4GBの差がもう全然出なかったので掲載するのはやめといた。

依存してるところが、メモリーじゃなくて
CPUやグラボが重要なので当たり前か。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<メインメモリーの使われ方>
メインメモリーが増減する事での
Vista上の変化。


【1GB(512MBx2)】   【2GB(1GBx2)】   【4GB(2GBx2)】

これは、
ガジェットの「CPUメーター」。
小さいメーターのほうがメモリーの使用量を示していて、
左から順番に
1GB(512MBx2)、2GB(1GBx2)、4GB(2GBx2)の
起動直後のある程度落ち着いた状態でのメモリー使用量。

普通、
メモリー容量が増えた事で
メモリーの占有率が下がっていくという単純なものだったら
4GB(実質3GB)の下がる率が少ないかも?
と思ったら
単純にそういったものではないらしい。

[タスク マネージャ] を開いて
[パフォーマンス] を見てみると。。

【1GB(512MBx2)】   【2GB(1GBx2)】   【4GB(2GBx2)】

同じ本体でメモリーを変えた事で
物理メモリーの使用率が
それぞれに違う。

これは、
Vista特有のメモリーの使い方で
普通のWindowsのキャッシュだけじゃなく、
SuperFetch(スーパーフェッチ)が働いてる事で
利用できる物理メモリを使って
データをキャッシュしてる事が影響してるらしい。

例えば
Windows Vistaを起動して
すぐに[タスクマネージャー]を開いて
[パフォーマンス」の数値をじーっと見てると
「キャッシュ済み」のメモリがだんだん増えてきて
「空きメモリ」が減っていくのがわかる。

SuperFetch(スーパーフェッチ)は、
よく使うアプリケーションをメモリーにキャッシュする事で
そのアプリケーションの起動が速くなる機能で、
もちろん、
データの大きいアプリを扱った時は、
キャッシュはメモリーから吐き出されて、
その後に、メモリに隙間ができたら
もう一度キャッシュに読み込むといった事を繰り返してる。

・アプリケーションがレスポンスよく使える:Microsoft

とすると、
メモリー容量が多いと、
単純に作業領域が大きくなって
複数のアプリケーションやデータを開いても余力があるという
今までの意味合いと、
頻繁に使うソフトウェアをより多くメモリーにキャッシュして
少しでも速く起動できる余力が得られる。

こういった
ベンチマークには数値として現しにくいものの
体感上のレスポンスには恩恵があると
考えたほうがいいかもしれない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

正直に言うと
今のところ
2GB(1GBx2)を4GB(2GBx2)に付け替えて
すごく速くなったという感覚はあまりなくて。
そこまでお金をかけてまでやる意義はなさそうな気が・・・

ただ、久しぶりに
1GB(512MBx2)を載せてみたら
これだけスペックの高いVGN-SZ94USでさえ
ビックリ仰天なくらい遅く感じてしまって
Windows Vistaを1GBで使うもんじゃないなと思ってしまった。


【VAIO typeS特集ページ】
【VAIO typeT特集ページ】



【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51157196
この記事へのトラックバック
VAIO typeSプレミアムバージョンが2008年春モデルとなって登場。 SZ型番もついにSZ90から始まってSZ95となって6代目。 「VAIO typeSプレミアムバージョン」 VGN-SZ95US・95NS・95S 【VAIOオーナーメイドモデル】 ソニースタイル販売価格:159,800円(税込)?? 「VAIO typ...
新CPUを採用してモバイル最速の「VAIO typeSプレミアムバージョン」【ソニーが基本的に好き。】at 2008年01月10日 14:25