2007年11月04日

505 EXTREMEのHDDをSSDへ換装する!(その2)



505 EXTREMEのHDDをSSDへ換装する!(その1)の続き。

ひとまず難関を越えてバラせたら、
505 EXTREMEの中身をチェック。

恐ろしいまでに薄くて狭い場所に
当時MDサイズと言われたマザーボードや、
1.8インチのHDDが本体の後ろ半分に収まってて
こんなので動いてんのか?と今さらながら驚かされる。

このマザーボードの極小化が
その後に発売されたVAIO typeTVAIO typeU
超コンパクトボディへの系譜となってる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<HDDからSSDへ換装>
装着されてる1.8インチのHDDを取り外す。

側面のUSBを固定しているネジが1つあるので
それをはずすと
上に覆いかぶさったi.Link端子、USB端子、コネクターなどの基盤がよけられる。

1.8インチHDDと、マザーボードをつなぐ
フィルム状のIDEケーブルをはずせば
その他には何も固定されてないので
1.8インチHDDは簡単に取り外す事ができる。


取り外したHDD。
緩衝材や絶縁フィルム、IDEケーブルをはずして
素の1.8インチHDDを取り出す。


取り出したHDDは、東芝製の「MK2004GAL」で
ATA、4200回転/分、1.8インチタイプの20GB。
バッファサイズは2MB
シークタイムは平均15msといった具合に、
今見ると何とも足を引っ張って当然なスペック。

今回、入れ替えるのが
SAMSUNG製の「MCBOE32G8APR-0XA」で
ATA、1.8インチタイプの32GB。
サステインリード最大58MB/s
サステインライトが最大30MB/s
シークタイムに相当する読み込み待ち時間は最大1ms。

重さは、
約51gに対して、約43g。
約8gの軽量化。

という事は、本体の重さは785g-8g=“約777g”って事になる。
軽さを少し更新。


ただ、
1.8インチなのでタテヨコサイズは同じなんだけど
「MK2004GAL」の厚さ(高さ)が5mmに対して
「MCBOE32G8APR-0XA」の厚さ(高さ)が8mm。

3mmほど厚い。

この3mmが災いして、
「MCBOE32G8APR-0XA」は、そのままだと
505EXTREMEの本体に収める事ができない。

仮に、どんな感じになるか本体の中に入れてみたけど
やっぱり出っ張った部分が干渉してしまうので
このまま装着するのは無理。


そのままだと仕方がないので、
出っ張ってるケース部分をはずしてしまう。

かなり小さい+ネジなので
4箇所はずしたらなくさないように確保。

さらに、外装ケースをはがす。
けど、これまた頑丈に装着されていて
取り外す時には相当な力とコツがいる。


天板がなくなったら高さスッキリ。

緩衝材とIDEケーブルを取り付ける。
それと、
SSDの端子類が丸見えで、
どこかと接触して何かあると微妙に恐いので、
元々の1.8インチHDDに貼り付けていた絶縁シートを
くっつけておいた。


改めてSSDを入れてみたら
今度はピッタリ収まった。

コネクタのつなぎ忘れがないように、
配線をつないで、

残りは
バラした逆の手順で
慎重に元通りにもどす。

−−−−−−−−−−−−−−−−

SSD換装が終わったら
次はリカバリー作業ーへ続く。


【VAIO typeT特集ページ】



【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51185874
この記事へのトラックバック
☆榮倉奈々 水着モデル時代流出ポロリ・パンチラお宝動画☆★榮倉奈々 過去のプライベート盗撮ハメ撮り流出映像★
榮倉奈々 お宝 プライベート 流出 盗撮 ポロリ 動画 画像!【榮倉奈々 お宝 流出 動画 画像】at 2007年11月06日 00:13