2007年12月24日

auの「WINシングル定額」で快適なモバイル環境!?(その2)



・auの「WINシングル定額」で快適なモバイル環境!?(その1)
の続き。

どこでもブロードバンドという理想を描きながら
実際に使い物にならなきゃ意味がない。

EV-DO Rev.Aエリアなら
理論値で、
下り最大3.1Mbps上り最大1.8Mbps

でも、自分の住んでる場所はその対象ではないらしいので
下り最大2.4Mbps上り最大144kbpsという事になる。

それだとしても
数値だけ見れば充分な気もするんだけど、
ベストエフォートだから、回線が混雑してると
どんどん通信速度が落ちるし
理論値と実測がともなわない事は、
以前にも経験済みなのでたいして期待はしてないけど。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<au「W05K」のスピードテスト>

「W05K」を使って
インターネットの通信スピードを
速度測定サイトで試してみた。

[gooスピードテスト]


まずこれは室内でテスト。

そうすると予想通りの展開で
なんと0.39Mbps(390kbps)しか出てない。

計測するだけでもかなり時間がかかってしまって
ISDNがちょっと速くなったくらいで
ADSLレベルの快適性とは程遠い数値。


電波の影響が多分にありそうだったので、
今度は室外に出て外で再度試してみると
0.6Mbpsまで出た。

速いとは言い難いけど
せめて600kbps程度がコンスタントに出てくれればいいんだけど
おそらく場所、時間によっては随分と状況は変わるみたい。

東京出張に行ってる最中に
気にせず使えればと考えていたけど
EV-DO Rev.Aエリアでも
回線が混雑してたら、実行速度はかなり低くなりそうだなと予測。。

通信速度は、
明らかにドコモ「FOMA HIGH-SPEED」のほうが快適だった・・・

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<接続制限なしのインターネット接続>
 
au「WINシングル定額」の魅力は、
ドコモ「FOMA HIGH-SPEED」みたいに
通信制限がない事。

まずは、
ドコモ「FOMA HIGH-SPEED」で試した動画サイトで
見れなかった[YAHOO動画][GyaO]につないでみた。

そうすると
当然というか、どっちのサイトにも“接続”という点で言えば
問題なくつながった。

ただし・・・

そもそもの通信速度があまりにも貧弱すぎて
途中で動画がひかっかりまくりで、
まともな再生ができない・・・

これを見れたというのにはかなり無理があるんじゃないかと。
いくら制限がなくてもこれじゃ意味ないし。



[Skype]
プロトコル制限がかかってて
ドコモ「FOMA HIGH-SPEED」では使えなかったskypeも
au「WINシングル定額」にはそんな制限もないので
問題なく使えた。

これはやっぱりうれしい!

チャットは当然、
テストした限りだと音声通話もどうにか使えそう。

ただし、カメラを起動して
ビデオチャットにすると、ちょっと厳しいかもしれない。


「W05K」を接続して
つながったと同時に勝手にskypeにログインされていて
こうなると日本のどこにいても
オンライン状態になれる。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<精神衛生上、気が楽になれる良心的な定額制>

ネットに接続して、
約48分程度サイトを巡回したりしてるだけで
消費したデータ量をチェックしてみた。

送信: 1,823,659バイト
受信:39,738,451バイト
合計:41,562,110バイト

1パケット=128バイト
とすると
パケット換算して、324,703パケットって事になる。

パケット通信料は、
WINシングル定額の0.0525円/パケットなので
金額計算すると
今の通信費だけで1万7046円!!

通信テストを繰り返した事を計算に入れても
PCでインターネットをするという事は
パケットを消費しまくるって事だし、
今時のPCなんてネットにつながってるだけで
自動的にダウンロードする設定もあったりするから
定額じゃないと恐くて使えない。

そういった意味では
使い放題で、5,985円(税込)〜6,930円(税込)に抑えられるというのは
精神的にかなり楽。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<個人的な感想レベル>

通信速度に関しては、
満足出来るレベルじゃなかったのは正直残念。。

インターネットに接続してADSL並みに快適なのは、
間違いなくドコモ「FOMA HIGH-SPEED」。

後は、
落としどころ次第で、
“毎月の通信コスト”と“制限なし”を優先したいと思えば
au「WINシングル定額」といった感じ。


自分の場合は、
メインとなる仕事場や自宅ではワイヤレスLAN環境があるから
毎月ワイヤレスWANが必要というわけではない。

そして
たまにある出張をした場合に
ひとまずワイヤレスLANスポットが見つかるまでのつなぎ部分で
インターネットに接続できればイイと考えたので
たくさん使う月と使わない月も含めて、
料金的に安価なau「WINシングル定額」が自分には合ってると判断。

505EXTREMEに、ワイヤレスLANカードと「W05K」の二つで
出張に行くのなら
どこでだってネットに接続できて
今までのつながらないイライラからは開放されそうだ。


と、
納得できたのもつかの間、
505EXTREMEのバッテリーって
全然持たない事を今さら思い出した・・・

もう1本バッテリーの予備を買ったほうがいいのか?
とも思ったけど、
それこそVAIO typeTだったら
ロングバッテリーだからそんな事も気にしなくてもいい。

だけど、
PCカード型(CFカード型)の「W05K」はVAIO typeTには
挿さらないから、
やっぱりExpressCardタイプの通信カードの登場が待ち遠しかったりする。


【NTTドコモ「FOMA HIGH-SPEED」】
・VAIOにワイヤレスWANを内蔵してどこでもインターネット(その1)
・VAIOにワイヤレスWANを内蔵してどこでもインターネット(その2)


【VAIO typeS特集ページ】
【VAIO typeT特集ページ】



【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51269860
この記事へのトラックバック
実効速度が安定して高速なドコモの「FOMA HIGH-SPEED」。 月額10,500円(税込)を仮に出せる金額だとしても、 もう一つのハードルは、 プロトコル制限があるために 自宅で使えるサービスが、思うように利用できないという デメリットが残る。 という話をしてたら いろいろ...
ドコモ「FOMA HIGH-SPEED」は、“MobileFree”で自由な閲覧が可能になる!【ソニーが基本的に好き。】at 2007年12月31日 11:19