2008年01月15日

で、でかいよ!「1/12ガンダム」



組み上げると1.5mにもなるという
BANDAIの「HYPER HYBRID MODEL 1/12 RX-78-2 GUNDAM」

ひとまずやってきた箱も3個口で、
それぞれの箱もデカくて
3つの箱には、
A-BOX、B-BOX、C-BOXという名前が付いてる。

どうしていいものか躊躇してたけど、
今日は仕事が休みなので
やっと思い腰を上げて作る気になってみた。

−−−−−−−−−−−−−−−


まずは、A-BOXとC-BOXを開梱。

今まで、
ガンプラとかって、小さい頃からずーっと見てきたけど、
何だかもうこのイッコイッコのパーツがハンパじゃなくデカイ。



さらに、3箱中一番大きなB-BOXを開梱。

このBOXの中には、さらにデカイパーツが入ってて
もうビームライフルなんか普通に大人の手で持っても
手に余るほどの存在感。

自分がちっさくなったんじゃないかという
錯覚におちいるくらい。


取扱説明書も、何気に大きくて総数46ページ。
オマケにマーキングシールまで付いてる。

主に固定するのは、ボルトとかナットで、
大小あわせて159個もある。

パーツは、
ブロー成型、射出成型、押し出し成型された
200個以上のパーツで構成。

もっとササっと簡単に出来るものかと思ってたら
予想以上に多くて、
1日で組み上げる事が出来るかどうか不安になってきた。


−−−−−−−−−−−−−−−


ひとまず説明書通りに作り出す。

順序としては、足から作る。
ってもう何これ。。

27cmの自分の足よりもタテに3倍、ヨコに2倍くらいの
ガンダムの足底。。

これだけデカけりゃコケたりしないだろ。


脚部分は、中に“足パイプ”なるものが1本通ってて、
それに、すねの外装とか、ふとももの外装とかをハメていく。

普通のガンプラなら目の前にあるパーツから
どれかな?って探す感覚なのに、
今回ばっかりは、
3つの大きい箱の中から、指定されたパーツを探すのに
あっちにいったりこっちにいったり、
それから作業スペースにもどってきたりと
妙に移動距離が長い。


それから、組みあがりつつある物体を
ヨイショと持ち上げて組み上げたり
六角レンチでふぬっ!っと締めたりと
なんだか体力を消耗するのもいつもと違う感じ。。

いつもと全く違う作業にとまどいつつも
だんだんと慣れてきた。


ひとまず、脚だけ完成!

ナカナカいい感じで出来上がってる!
と思って説明書を見たら
脚を作るのが一番簡単みたいで、
まだまだ先は長いみたいだった。

とりあえず続く。。


【VAIO typeS特集ページ】
【VAIO typeT特集ページ】



【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51295047
この記事へのトラックバック
・で、でかいよ!「1/12ガンダム」 ・続)で、でかいよ!「1/12ガンダム」 の続き。 実はとっくの昔に出来上がってた 「HYPER HYBRID MODEL 1/12 RX-78-2 GUNDAM」の 作成レポート完成編。 胴体まで作ったところまで書いておきながら 放置プレイもどうかと思って・・・ ...
1/12ガンダム大地に立つ!【ソニーが基本的に好き。】at 2008年05月13日 10:04