2008年03月17日

PC画面にダダ流しで見られる無料IPテレビサービス“branco”



ソニーマーケティング(株)が
無料のIPテレビサービス“branco(ブランコ)”を、
2008年3月31日正午から開始。

・デスクトップに貼るテレビ“branco

いわゆる最近のインターネットのトレンドになりつつある
GyaOとかYahoo動画といった動画サービスに似てる。

ちょっと違うのは、
24時間、365日流れ続けてる動画サービスで
VOD(ビデオ・オン・デマンド)ではなくて
決まった時間に決まった内容をやってるプログラム型で
本当にテレビと似たような方式。

なので番組表も存在していて
3週間先の番組内容まで把握できる。
まず最初は、6つのチャンネルからスタート。

それと、
最大で3.8Mbpsというビットレートを持っていて
DVD並みの高画質を誇るので
画面いっぱいにしても破綻しなくて綺麗なままで楽しめる。

テレビを見るオマケ機能として
見てるチャンネルの横にチャットを表示して
言いたい事をうだうだ書いたり見たりできる。

それと、
見た番組の嗜好を解析して
オススメ番組を勧めてくる「あなぴた」という機能もある。


一番気になるのは料金で、
これはCMが流れるので無料!

バンダイチャンネルとかVMCといった番組が
タダで見られるのはかなりおいしい。

このCMも一律に誰にでも同じものが流れるのではなくて
“PPoS(ピーポス)”というシステムを使ってる事で
見ている人の年代、性別、好みといった情報から
その人にあったCMを流すという非常に凝った仕組みになる。

CMを見ながら
そのCMに関連したサイトに飛べるようになってたり
CM自体を一つの番組としていつでも呼び出して見れるというのも
スポンサーが聞いたら泣いて喜びそうな機能もある。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−


視聴するには、
「branco player」というソフトウェアが必要で
これをダウンロードする必要がある。

というか、
この“branco(ブランコ)”を利用しようと思うと
結構なハードルがあって・・・


まずはNTTのフレッツ光の利用者しか使えない。

DVDなみの高画質映像という事は
それだけ大量のデータを安定して流さないといけないという事らしく
ADSL利用者は一切使えない。

自分の自宅も仕事場もフレッツひかりの環境なので
一応クリアしてたけど、
いきなりフルイにかけられた感じ・・・


それから、
なんとワイヤレスLANでも使えない。

802.11nで帯域に余裕を持たせてるのに、
いきなりインストール途中に
「有線じゃなきゃダメです!」
と怒られた。

そんなのこっちの都合だろ!?
とか言いたくなったけど
ひとまず有線で接続して設定しておいた。
これは、どうやら後日ワイヤレスにも対応予定。

後、IPv6対応ルータじゃなくてもNGらしい。


早速インストールしたけど
実際に使えるようになるのは3月31日から。。


−−−−−−−−−−−−−−−−

別に「バンダイチャンネル」で機動戦士ガンダムZZ が見たい!
というわけではなくて
今でもスカパーで「VMC」を流しっぱなしでBGV状態だったりするから
それが、PC画面上で見れるのもおもしろいかなと思ったり。

画質が汚いとそもそも見る気ゼロだけど
このサービスだとかなり綺麗っぽいので、
ちょっと使えそうな予感。




【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL