2008年03月24日

VAIO typeR masterに9600GTのグラボを載せてみる。



・VAIO typeR masterのグラフィックボードを変えてみる(交換作業編)
・VAIO typeR masterのグラフィックボードを変えてみる(ベンチマークテスト編)
のオマケ的続き。

前回は、VAIO typeR master
NVIDIA GeForce 8800 GTを搭載した
ASUSの「EN8800GT/G/HTDP/512M」を付けてみたけど、
今回は、
NVIDIA GeForce 9600 GTを搭載した
「EN9600GT/HTDI/512M」に変更してみた。

一応、
グラフィックボードの性能で並べると
NVIDIA社では今現在、
ハイエンドに
8800GTX、8800GTS、8800GT、8800GS、
ミドルレンジに
9600GT、8600GTS、8600GT、
ローエンドに
8500GT、8400GS
の順になる。

だから 
9600GTは、8800GTの下位となるので
こんな付け替えをするとダウングレードになる。

まぁ
あくまでもテストの一環という事で。


−−−−−−−−−−−−−−


ASUSの9600GTを搭載した「EN9600GT/HTDI/512M」、
1スロットモデル。
(静音ファンを採用した2スロットタイプもある。)

9600GTは最近出てきたばかりのGPUで、
位置付けとしては、8600GTSの後継とされてるけど
世間的評価としては、
低価格の割に8800GTに近い性能を出せるという事らしい。


仕様はこんな感じ。

対応バススロット:PCI Express 2.0 x16
ストリーミングプロセッサ:64基
コアクロック:600MHz
シェーダクロック:1,625MHz
メモリクロック:900MHz
メモリインターフェース:256bit
メモリバンド幅:57.6GB/sec

Microsoft DirectX 10に対応。
HD動画の再生をスムーズにできるNVIDIA PureVideo HDや
著作家印保護記述のHDCPに対応。


サイズは、
ASUS「EN8800GT/G/HTDP/512M」と同じく
約229mmx111mm。

スリムなGPUクーラーを使ってるので、
取り付けは、1スロットで収まるものの
全長が長めで、
PCによっては内部で干渉してしまう可能性もあるので注意。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−


VAIO typeR master
「EN9600GT/HTDI/512M」を取り付ける。

補助電源は必要で、
電源BOXから、電源コードを供給してやる必要がある。

大型ファンのついていた2スロットタイプに比べて
1スロットタイプは、
内部のレイアウトはスッキリ。

VAIO typeR master自体の空冷の流れからすると
こっちのほうが理想的なようでもあり
実際にどっちが効率がいいのかは不明。


それと、
やっぱり「EN8800GT/G/HTDP/512M」と同様に
強度を保つためのアームがグラボと干渉してしまって、
取り付けは不可。


出力は、
HDCPに対応のDVI-Iが2系統と
HDTV対応の汎用端子が1系統。

Dsub 15ピンへの変換コネクタと、
HDMIへの変換コネクタが
製品の中に最初から付いてるのはありがたい。

取り付けが終わったら
配線を元にもどして、
付属のドライバーをインストールして終了。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

上位の8800GTとの違いも含めて
9600GTのベンチマークをチェック。

ただし
8800GTの結果は、Windows Vista SP1が適用前のもので、
今回9600GTを計測した時は、SP1が適用された後だったという
違いがある。

●パフォーマンスの評価
Windows Vistaの簡易ベンチの「パフォーマンスの評価」


プロセッサ:5.7
メモリ:5.9
グラフィックス:5.9
ゲーム用グラフィックス:5.9
プライマリハードディスク:5.8

ゲーム用のグラフィックスの数値を比べると、
GeForce 8800 GT ・・・ 5.9
GeForce 9600 GT ・・・ 5.9
と、
同じ評価。
現時点でのVistaのパフォーマンスの評価は、
最高5.9止まりなので、
それ以上の評価ができないのでこういった結果なのかもしれない。


●CrystalMark 2004R2


2Dグラフィック系[GDI]、[D2D]
GeForce 8800 GT ・・・ 9084、9323
GeForce 9600 GT ・・・ 9086、10371

3Dグラフィック系[OGL]
GeForce 8800 GT ・・・ 33510
GeForce 9600 GT ・・・ 34482

2D系の[GDI]、[D2D]、3D系の[OGL]ともに
ほんの少しだけ9600GTのほうが上回る結果になった。
とはいっても計測するたびに生じる誤差から考えると
ほぼ同じくらい。


●PCMark05 Build 1.2.0(Basic版)


<E8500(3.16GHz)、4GB、8800GT>
System Test Suite:8186、8146、8183 平均:8171

<E8500(3.16GHz)、4GB、9600GT>
System Test Suite:8052、7857、7949 平均:7952

トータルスコアしかわからないけれど、
そのまま数値の差がグラフィックボードの差で
上位モデルの8800GTの評価が
9600GTよりも高いスコアを出している。


●Vana'diel Bench3
(FINAL FANTASY XI for Windowsオフィシャルベンリマークテスト3)


<E8500(3.16GHz)、4GB、8800GT>
・低解像度モード
SCORE:10440、10375、10369、10366、10369 平均:10383
・高解像度モード
SCORE:8233、8235、8234、8233、8234 平均:8234

<E8500(3.16GHz)、4GB、9600GT>
・低解像度モード
SCORE:10400、10316、10313、10307、10303 平均:10327
・高解像度モード
SCORE:8193、8193、8182、8193、8181 平均:8188

8800GTと9600GTの差は微々たるもの。
どちらも高解像度モードで“計り知れない”という評価。


●3DMark05 Build 1.2.0(Basic版)

<E8500(3.16GHz)、4GB、8800GT>      
3DMark Score :18505、18425、18429 平均:18453 3DMarks

<E8500(3.16GHz)、4GB、9600GT>      
3DMark Score :18103、17975、18104 平均:18060 3DMarks

●3DMark06 Build 1.1.0(Basic版)

<E8500(3.16GHz)、4GB、8800GT>      
3DMark Score :11202、11221、11187 平均:11203 3DMarks

<E8500(3.16GHz)、4GB、9600GT>      
3DMark Score :10048、10073、10058 平均:10059 3DMarks

3DMark05では、ほとんど差はなかったものの
より3D処理の重い3DMark06では
8800GTのほうが9600GTよりも10%ほど高い評価になった。


●三國志 Online
 
<E8500(3.16GHz)、4GB、8800GT>
・低グラフィック計測
 High Score:4535 評価:“戦神”
・標準計測
 High Score:3067 評価:“戦神”
・高グラフィック計測
 High Score:2724 評価:“猛将”

<E8500(3.16GHz)、4GB、9600GT>
・低グラフィック計測
 High Score:4472 評価:“戦神”
・標準計測
 High Score:3030 評価:“戦神”
・高グラフィック計測
 High Score:2670 評価:“猛将”

これまた、
体感で影響するほどの差はなし。


●LOST PLANET EXTREME CONDITION



アンチエイリアスをなし、テクスチャフィルタをトライリニア
その他の設定は上記のとおりで解像度は1920x1080で計測。
GeForce 8800 GT ・・・Snow:61 Cave:62
GeForce 9600 GT ・・・Snow:50 Cave:61

アンチエイリアスをx4、テクスチャフィルタを異方性4倍、
その他の設定は全て高に設定で計測。
GeForce 8800 GT ・・・Snow:11 Cave:15
GeForce 9600 GT ・・・Snow:11 Cave:16

アンチエイリアスをC16XQ、テクスチャフィルタを異方性16倍、
その他の設定は高の最大値で計測。
GeForce 8800 GT ・・・Snow:10 Cave:14
GeForce 9600 GT ・・・Snow:6 Cave:8

少し読みづらい結果だけど
グラフィックボードに負荷がかかる状態になると
8800GTのほうが若干強い傾向。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ベンチマークを計ってみると
ミドルレンジの9600GTはかなり検討してるようで、
ハイエンドの8800GTにかなり近づいた
パフォーマンスを示してるのがわかる。

実売では、
9600GTのほうが8800GTよりも数千円安い事もあって
対費用効果は大きいし
VAIO typeR masterに標準搭載のグラボじゃ物足りないと思ったら
9600GTは、導入しやすいグラフィックボードかもしれない。


と、
そうこうしてるうちに
そろそろ45nmプロセスのCore 2 Quad(Q9550、Q9450、Q9300)が出てくるみたいだ・・・



<VAIO typeR master関連>
VAIO typeR masterのメインメモリを3GBにしてみる。
VAIO typeR masterのCPUをクアッドコアに変更。(交換作業編)
VAIO typeR masterのCPUをクアッドコアに変更。(ベンチマーク編)
VAIO typeR masterに最大で6基のHDDを増設。



【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51366755
この記事へのコメント

メカ音痴で相談できる友人もいなくここにたどり着きました。
少し前に「VAIO VCG-RM94」を購入したのですが、
8500GTから9600GTにしたいのですが、
記事にあった「EN9600GT/HTDI/512M」が近所のお店になく、
かわりに「EN9600GT/HTDI/512M R3」でも使えそうですか?
Posted by 素人娘 at 2008年05月19日 04:19

>素人娘さん
はじめましてm(__)m
お返事が遅くなってしまって大変恐縮です。。
「EN9600GT/HTDI/512M R3」は、
ファンが少し大型化したタイプですよね。
以前に「EN8800GT/G/HTDP/512M」を取り付けたのですが
たぶんこれを同じファンだと思いますし、
ボードの長さは同じですから、問題ないと思いますw
がんばってくださいww
Posted by kunkoku at 2008年05月22日 10:07

ご丁寧にお返事ありがとうございます。
週末にでも買いに行ってトライしてみます。
Posted by 素人娘 at 2008年06月09日 11:19

>素人娘さん
いえいえ、がんばってくださいねw
Posted by kunkoku at 2008年06月09日 18:37

いろいろいい情報のHPの存在と更新に感謝します。
私も基本的にはSony好きで、家の殆どがSony製品ばかりです。
SonyのDHR-SR8で撮影した映像の編集のために1年前RM52DL9を買いました。(P965 Chipset, DDR2-667MHz 3GB, E6320(1.86GHz))
その当時は金銭的な面で、高い部品で構成出来なかったが、そろそろUpgradeを考えています。
主な作業はビデオ編集です、ゲームはPS3(60G)で楽しんでます。
GTX260のGraphic boardとQ6600のCPUを考えましたが、GTX260のGraphic Boardは設置が駄目らしいですね。
ここのHPでは8800GTと9600GTのテストがありましたが。
最近出た9800GT/GTX/GTX+等も設置可能でしょうか?
9800GX2はまずは電源容量の問題で駄目らしいですが。。
宜しくお願いします。
チェ
Posted by Tristan W. Che at 2008年08月08日 09:21

>Tristan W. Cheさん
いえいえこちらこそコメントありがとうございますm(__)m
そうですね、
このtypeRmasterは、電源と設置場所に結構限界があるので、
ハイエンドボードはかなり付けるのが難しいみたいですね。
9800GTXに関しては、
外側のカバーを排除してどうにか配線を取り回せば
付けたれたという方はいらっしゃったみたいですが
そこでもやはり電源が厳しそうでしたね。
Posted by kunkoku at 2008年08月09日 10:28