2008年03月30日

ウォークマンの素材を残したまま使えるNW-A829専用本革キャリングケース



NW-A829/Nを、
いつも本体むき出しのままで使うのは気が引けるので、
ケースに入れたほうがいいかな?
と思って、
NW-A919/BIは、クリアケースにしたら、
デザイン性が損なわれて、ちょっと見た目に失敗気味だったので、
今回は、革のキャリングケースにしてみた。

A820シリーズ専用 本革キャリングケース「CKL-NWA820」
ソニースタイル販売価格:3,480円(税込)

ホワイトとブラックがあって
あまり深く考えずにブラックにしてしまったけど、
後から、ホワイトでもよかったかな?と思ったり。


キャリングケースの接合部分には、
とてもちっちゃい突起があって
それをウォークマンの上下の穴に合わせてハメて
ケースの板の後ろ側でロックすればいいだけ。

本体に一切傷もつけずに
簡単に脱着できるのはうれしい。


フタを閉じるベルトは、
マグネットでピタっとくっつく方式で
開け閉めも楽。

上部には、
シルバーリング状のカラビナが付いてる。

1枚がしっかりした牛革の板になっていて
さすがにこのケースを装着すると
2cmくらいの厚さになる。


ケース自体のツクリは良いし
シンプルでスクエア状の革素材に
ステッチのラインが入っていて見た目にも申し分ない。

こういったスタイルであれば、
ケースとくっついたままでも
ウォークマンの操作は当然できるし
イヤホンもWM-PORTも何の制限もなく利用できるから
使っててイラっとする事もない。


それから、フタを開けると
いつでもウォークマン本来の薄さや、質感を味わえるという面でも
ウォークマンの所有欲が損なわれないのがイイ。

裏地は、
ウォークマンの液晶を保護してくれて
指紋のような汚れも取り払ってくれるフェルト地。

スタンダードではあるけど、
NW-A829で使うには
最良のキャリングケース。

これは当たりケースかと。。


・アクセサリーのような質感を持つゴールドカラーのウォークマン「NW-A829/N」
・Bluetooth内蔵ウォークマン「NW-A829/N」を使ってみた。



【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51372766
この記事へのコメント

カラビナの強度と、カラビナがくっついている部分の革の強度はどうですか
Posted by さいとう at 2008年10月12日 10:21

>さいとうさん
今確認してみましたけど、
革のケースにステッチでがっしりと縫い付けられてるので、
少々の事ではビリっと裂けてしまう事はないとは思います。
力のかかり具合にもよりますが
一般用途では特に問題ない強度だと思いますw
Posted by kunkoku at 2008年10月12日 11:55