2008年04月06日

受信最大7.2Mbpsになった「FOMA HIGH-SPEED」を使ってみる(その2)



・受信最大7.2Mbpsになった「FOMA HIGH-SPEED」を使ってみる(その1)
の続き。

初期設定が終われば
それ以降の操作は極めて簡単。

 
インターネットをしたいと思ったら
まずは、A2502をPCのUSB端子に装着。

それから
専用アプリケーションの[ドコモ定額データプラン接続ソフト]を
起動すると、
【接続ボタン】をクリックすると約10秒程度で接続。

煩雑さはないので
これくらいなら外出先でも苦もなく運用できる。


接続された状態を確認してみると
通信速度の表示部分に、
「7.2Mbps」と表記されている。

これをみると
受信最大の速度が7.2Mbpsにアップしてる事がわかる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<FOMA HIGH-SPEEDのスピードテスト>



以前、3.6Mbpsの時に、
ワイヤレスWAN内蔵のVAIO typeTで計測したけど、
受信最大値が7.2Mbpsになった期待も込めて
今回もインターネットの接続スピードテストをやってみる。

一地方での接続テストなので
全国どこでも同じという事はないとは思うけど参考値として。

測定結果はかなりバラつくので
5回計測した平均値を掲載。

[gooスピードテスト]
下り受信速度:平均:1.818Mbps

[ブロードバンドテスト]
下り受信速度:平均:1.501Mbps

[USENスピードテスト]
下り受信速度:平均:1.808Mbps

[BNR スピードテスト]
下り受信速度:平均:0.549Mbps

[ブロードバンド スピードテスト]
下り受信速度:平均:1.093Mbps

・・・

結果としては、3.6Mbpsの時とまるで変わらない。

A2502をUSB延長ケーブルで離してみたり、
屋外に出て計測しても、大きい変化もなく
どうやら自分の住んでる場所での計測結果としては
3.6Mbpsから7.2Mbpsへの環境変化は反映せず・・・


微量程度でも速度アップしてくれるとうれしかったのに。
ちょっと期待してただけに残念。

まぁまた気を取り直して、
東京に出張した時にでも
また通信速度をテストしてみよう。


と、
そうは言いながらでもやはり実測値で約2Mbps弱は
Web閲覧するには十分な速度。

auの実測値約500Kbps程度とは違って
実際に使ってみても、やっぱりこっちのほうがまるで快適。

普段使いに大きいストレスを感じる事もないし、
ワイヤレスLANのように場所を限定されるでもなく
どこでも、ADSL感覚で使える。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<ドコモ特有の接続制限はVPNで回避>


ドコモの「FOMA HIGH-SPEED」
最大のネックは、プロトコル制限と接続制限。

少しづつ緩和されてきてるとはいえ
現時点でも、直接つないだ場合だと
動画サイトの[GyaO]や[Yahoo動画]は見れないし
Skypeも使えない。


例えば、[Yahoo動画]を見ようと思っても
動画のウィンドウを開くと画面真っ暗。

だけど、
これもVPNのサービスを使えば回避。

・ドコモ「FOMA HIGH-SPEED」は、“MobileFree”で自由な閲覧が可能になる!


「MobileFree.jp VPN 実験サービス」を利用させてもらえば
何の規制もなく
自宅にいる環境と同じようにインターネットが使える。

一般的に、VPNを利用すると
通信速度が低下すると言われてるけど、
そもそもの通信速度がそんなに高くないので影響もなく
直接通信をしてる場合と比較しても
遅延は“約15ミリ秒程度”という事らしいので
このサービスを挟んでいても、
体感速度上の変化はないかと。



VPNを利用すると、
見れなかった[GyaO][YAHOO動画]
問題なく閲覧できるようになる。

通信速度的にはギリギリな部分があって
動画のダウンロードが再生に追いつかなくて
何度か画面が止まり気味にはなるけど、
auよりは断然マシ。


プロトコル制限のかかってる[Skype]も、
VPNを経由したとたんに、
自動でログイン。

いつでもどこでも、
チャットもテレビ電話も出来るようになる。


それに加えて、
外出先からでも自宅にあるロケーションフリーTVへアクセスして
レコーダーを再生して見たりだって出来る。

・外出先からドコモとauの定額通信でロケーションフリーTVにつないでみる。

もう快適性は、
VPNで完全に確保。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<少しは安くなった!?ドコモの定額プラン>


ドコモの「定額データプランHIGH-SPEED」は、
基本は、月額4,200円(税込)で、
50万パケットを超えると
1パケットあたり0.0126円(税込)が加算されて
100万パケット以上になると上限として
月額10,500円(税込)になるという仕組み。

ええと
当然、こんなにたくさん通信接続テストしたり
動画を見まくったりしたので
たったの1日で軽く100万パケットを超えて
10,500円(税込)コースに突入ー。

いかに便利だとしても
毎月10,500円(税込)も払いたくない。

けど、
2008年3月1日から8月31日までは、
期間限定で定額料金から3780円引きになるらしくて
実質的にかかる料金としては6,720円(税込)ですむ。

これと、
moperaUの「U定額HIGH-SPEEDプラン」
月額840円(税込)も払ってるので
合計で考えると
維持費的には上限で7,560円(税込)というのが正確な料金。

決してリーズナブルとまでは言えないにしても、
当初の価格から比べればある程度安くなったし
“確実につながるエリア”と、
“実用的な通信速度”
“不満のない使い勝手”を考えれば、
今の時点では、
ドコモ「FOMA HIGH-SPEED」が一番扱いやすいかと。。

もうこれで
出張先で、ワイヤレスLANを必死になって探す手間が省ける。。


・ワイヤレスWANでインターネットライフ、どう変わる!?

【VAIO typeS特集ページ】
【VAIO typeT特集ページ】



【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51379117