2008年04月08日

録画した番組をウォークマンに転送できるBDレコーダー「BDZ-A70」



ブルーレイディスクレコーダー現行4機種に加えて、
新しく2機種が追加。

録画した番組を“ウォークマン”などで持ち出せる新スタイル<A>など
ブルーレイディスクレコーダー2機種発売:報道資料


ブルーレイディスクレコーダーサイト

−−−−−−−−−−−−−−−−

2機種のうちのBDZ-T90は、
既存のBDZ-T50、BDZ-T70と基本性能は同じで
テレビ番組を録画する事だけに主体を置いたモデルで、
HDDの容量が、500GBになった事で
よりたくさんの番組をストックできるタイプ。



そしてBDZ-A70は、
BDZ-X90に次いで、「おでかけ・おかえり転送」を装備して
録画した番組をBDレコーダー内だけじゃなく
PSPやウォークマンに転送して外に持ち出せる。

今回の「おでかけ・おかえり転送」は、
ついにというかやっと、PSP以外のポータブル機をサポート。

ウォークマンNW-A820シリーズに限っては、
PSPと同様に、コピー制御信号を含んだデジタル放送の転送に対応。

それ以外のウォークマン
(NW-A910、NW-S710F、NW-S610F、NW-A800シリーズ)と、
ドコモのFOMA(904i、905i、705i)では
アナログ放送の転送だけが可能になる。



ウォークマン、PSP、ケータイをUSBケーブルで本体と接続、
前面にある“ワンタッチ転送ボタン”を押すと、
HDD内の番組が自動的に転送される。

BDレコーダー内で既に、ポータブル機器用の動画が生成されてるので
転送時間は、1時間の番組で約2分と待ち時間は非常に少なめ。

ウォークマンは、本体と接続してるだけで充電もできるし、
レコーダーの設定で、スタンバイモードを「高速起動」にしておけば
電源がOFFになっていても充電が可能。



さらに持ち運ぶための便利機能も搭載。

本体で録画予約をする際に
ワンタッチ転送を「入」にして、更新期間を選ぶと
その期間の録画された番組だけが自動的に「お出かけ転送」される。

例えば、「最新3日間分」を選んだ場合、
録画された番組の中で、3日以内の番組だけを転送、
そこから3日前に転送したものは、
自動的にBDレコーダーのHDDにもどる。


録画された番組には、自動的にチャプターが入っていて
それは転送した動画にも記録されてるので、
ウォークマンの操作で、
見たくないCMを飛ばしたりもできて使い勝手も考慮されている。

−−−−−−−−−−−−−−

もうそれこそ、
ウォークマンNW-A829のように
16GBもの広大な容量があると、
最長(QVGA384kモード)で67時間もストックできるから
この際、どの番組を転送しようか?と悩む事もなくて
毎日外出する時に転送しておいて
家で見切れない番組を移動中に消化していけばいい。

そうすれば、
ドラマで人との話しについていけない事もなくなるし、
普段だったら見ないかもしれない教育系の番組を録画して
日々の自己学習という利用もできる。

−−−−−−−−−−−−−−


BDレコーダーに録画した番組を
PSPに転送できるのはもちろん便利だったけど、
大容量化してきたウォークマンでも使えたらいいのにと思ってたら
ようやく対応。

これで、
通勤電車に乗ってても、出張移動中でも
堂々と動画を見られる。

惜しいのは、デジタル放送の転送に対応してるウォークマンが
ウォークマンNW-A820シリーズだけという事・・・

せめて、半年前に発売された「NW-A919/BI」くらいは
対応させておいて欲しかった。。




【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL