2008年05月26日

「あんなの飾りです!」ではない1/12シャアザクの頭。



この前、1/12のガンダムを作ったから、
今度は、1/12のシャアザクを作りたい!

とは言っても
全身巨大なヤツではなくて、
シャア専用ケータイと呼ばれるSoftBank「913SH G TYPE-CHAR」の
ディスプレイ用充電台のザクヘッド。

発表当初は、あんなに何だそれ?
みたいな扱いしてたのに、
某K氏の粋なはからいでゲットしてしまったわけで。


まぁ、パッケージもかなりバカでかい。
こりゃどう見てもケータイの箱の大きさとは思えない。。

本質部分の「913SH G TYPE-CHAR」は
また今度って事で
今回はひとまずザクヘッドを組み上げてみる。


箱からおもむろに、パーツを引きづり出す。

1/12ガンダムの頭部は、
最初からほぼ完成されてやる事はほとんどなかったけど、
シャアザクヘッドは、
開閉ギミックを持たせてある事もあって
パーツ総数は約30弱のまさにガンプラとなっている。

最近のガンプラお約束のスナップフィットで
接着剤がいるわけではないし、
最初からパーツが切り離されてる事もあって
何の気負いもなく作れるのがうれしい。


まずは、モノアイの台座部分から。
ここに最終的に充電台がくっついて
ケータイが装着される。

そして
ザクの首周りから顎にかけてくっつけて
動力パイプをハメていく。

予想以上にサクサクと進んでいく。


一個一個のパーツがかなり巨大になりつつも
かつキチっと絶妙に計算されてるので
ものすごく作りやすい。

外側だけではなくて、
内側にも成型色の違うパーツで構成されていて
細かいモールドが入ってるあたりの精巧さは
さすがバンダイだなと感心中。。


ヘッド部分に、指揮官用のアンテナを付けて、
クリアパーツ出てきたモノアイシールドを装着。

ちなみに、
アンテナに不意に当たると
簡単に分割して外れるようになってたり
ヘッド部分を上から踏んだりした場合でも
簡単に3分割して分解するようになっていて
怪我もしくは破損を防ぐようにもなっている。


あっという間に1/12のシャアザクヘッドの完成!!

良く出来た頭だなと見ながら
思わずこいつの体が欲しくなるけど我慢中。。


最初は、
このシャアザクヘッド欲しさだけでいっぱいだったけど、
実は、
「913SH G TYPE-CHAR」ケータイ本体のデキがあまりにも良くて
メインケータイとして使いたいくらいの衝動に駆られ中。

たぶん続く。。

・で、でかいよ!「1/12ガンダム」
・続)で、でかいよ!「1/12ガンダム」
・1/12ガンダム大地に立つ!



【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51428114
この記事へのトラックバック
還元セール還元セールチップがたくさん貯まりましたここで皆さんに日ごろの感謝を込め...
ガンプラ 製作って、どうなん?【にゅーす倶楽部】at 2008年05月28日 07:02