2008年06月13日

買ったよBlu-ray Disc版「ブレードランナー ファイナル・カット」。



1982年公開を劇場で見たわけではなくて
ビデオのレンタルか何かを見たはずの?「ブレード・ランナー」。

当時見た時に、
どこまで理解してたか定かではないけど
かなりインパクトがあった作品。

2019年の近未来の話。
西洋文化と東洋文化が混ぜこぜ&酸性雨降りまくりの
あのドロドロした都市の中で
もんもんと続くレプリカントの捜索。
地味ーな話なのにものすごく説得力のある話に吸い込まれてしまって
さらに
エンドロールで流れた曲が最高にかっこよくて
ずっと頭から離れなかった記憶がある。。
(確か当時のマツダRX7のCMにも使われてたはず)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


と、スターウォーズに並ぶくらい
自分の中では超お気に入りの「ブレードランナー ファイナル・カット」が、
なっがい延期の末、ようやくBlu-ray Discで発売されたから速攻購入。

DVD版には特典山盛りの
「アルティメット・コレクターズ・エディション・プレミアム」
とかあるのに、
Blu-ray Disc版はシンプルな2枚構成のこのファイナル・カットだけ。

さらに、
唯一初回特典で同梱されてるはずの
ポストカードが入ってなくて、何じゃそら!?と思ったら
メーカー側の入れ忘れというオチだった。

<お詫びとお知らせ>
セルBlu-ray ソフト 『ブレードランナー ファイナル・カット(2枚組)』初回限定特典に関して



ひとまずBlu-ray Disc版がいったいどんなものか
見たくて再生。

まだ腰を落ち着けて見たわけではないけど
想像以上に高画質だったり
それに特撮シーンが今見てもショボくないのに驚き!
25年も前の映画がこんなクオリティで見られるとかなり感動ー。

あの
ビルの壁面に芸者さんとともに映る“強力ワカモト”の広告も
とっても若ーいハリソンフォードも
みんなハイビジョンクオリティ。

えぇ、
デッカードブラスターがマジで欲しくなりましたよ。
(ヤフオクで10万円オーバー)

というか
2019年ってあと10年後なんだけど、
その頃にわかもと製薬は、あんな巨大広告を出すのかな・・・




【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51442291