2008年06月27日

“α350”シルキーゴールドにベージュのクロスストラップ。



発売から数日で完売となったα350
200台限定『シルキーゴールド』。

・他の人が持ってない優越感に浸れる“α350”シルキーゴールド

そのオマケの特典として
もらえるクロスボディストラップは、
買ったずいぶん後から手元に届いたらしく、
うれしげに友人が付けてたので撮影させてもらった。


カメラに付属として付いているストラップよりも
かなり長く(通常の約1.5倍)て、幅もかなり太め。

生地は、厚手のキャンバス生地で
本体のシルキーゴールドとほど近いベージュ色で、
カメラ本体のカラーと非常に合う。

よく見ると、
根革の部分にはαのロゴが刻印されてる懲りようで、
ここの革の部分だけが“えんじ色”で目を引く。


適度な長さがあるので
肩から斜めがけすると腰のあたりの位置にカメラが定着して
バッグをぶら下げてる感覚に近い。
太めのストラップ幅も肩に負担にならなさそう。

特にα350の場合、
背面液晶のアングルを変えていろんな体制で撮影する事が多いから
ストラップが長ければ
首にかけたままでも窮屈にならないし。

それに
このカメラとストラップの色の組み合わせだと
「“デジタル一眼レフカメラ”です!」という主張が
やわらぐ感覚。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

とか言いながら。

「女性にはシルキーゴールドとかいいでしょ?」
と言ってたら
女の子の友達に、
「カメラは黒がいいに決まってるでしょ?
 そのほうがカメラを持っててカッコいいもん。
 それ、偏見よ!」
と言われて
持論をブチ壊されてショック気味。

どうせやるんなら、
全身“真っ白”とかにして欲しいそうだ・・・

男女問わず、好みは多様という事で。。


・普通のデジカメと同じ感覚で使えるデジタル一眼レフカメラ“α350”



【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51453115