2008年07月07日

PCが激速になるSSDが最近とっても気になる。(2順目)



・PCが激速になるSSDが最近とっても気になる。(2008年5月26日)
というのをついこの前書いたけど、
たったの1ヶ月半でさらに激動してるようで。

・アップル、「MacBook Air」のSSDモデルを63,000円値下げ:PC Watch
64GBSSDを搭載するMacBook Airの価格が、
388,400円から325,400円に値下げ。
なんと63,000円も急落。
理由は、内部に採用しているSSDが安くなった事らしい。


・OCZ、128GBで500ドルを切る高速SSD「Coreシリーズ」:PC Watch
OCZというメーカーから、
リード120〜143MB/sec、ライト80〜93MB/sec
という高速ながら、128GBでも$479という
とんでもなく安いSSD。
発売日は、2008年07月18日予定。


・Mtron製SSDが価格改定で大幅安32GB=39,800円も:AKIBA Watch
一番びっくりしたのがコレ。
リード100MB/s、ライト80MB/sという高速SLCタイプなのに、
一部のアキバのショップの週末限定という条件ながら39,800円!
超特価じゃなくても49,800円で買えるようになったみたいで
数ヶ月前まで確かこれって8万円くらいしてたのに
ものすごい値下がり幅。

・ラッシュ小次郎が教えるSSD講座

−−−−−−−−−−−−−−−−−

特に、2.5インチのシリアルATAタイプが安くなってくれると
HDDからSSDへの換装がしやすくなる。

既にやってるけど、
VAIO typeSみたいなモバイルノートに
積むのは常套手段だし、
できれば、
VAIO typeRmasterにSSDを2基用意して
RAID 0で運用とかしてみたい。



<VAIO typeS、SSD化参照>
・VAIO typeS<XPモデル>にフラッシュメモリーを搭載する(その1)
・VAIO typeS<XPモデル>にフラッシュメモリーを搭載する(その2)


<VAIO typeRmaster、RAID 0化参照>
・VAIO typeR masterをRAID 0設定にして高速化する(その1)
・VAIO typeR masterをRAID 0設定にして高速化する(その2)
・VAIO typeR masterをRAID 0設定にして高速化する(その3)


うーんと、
後、かなり効果が現れれそうなのが、
VAIO typeT2.5インチHDD単体搭載モデル。

VAIO typeTには、1.8インチSSDを搭載できるけど、
リードライトが、2.5インチSSDのほうが断然高速。

2.5インチHDDを取り出して、
代わりに2.5インチSSDを入れてやれば、
体感速度は速くなるし、
ある程度の衝撃にも耐えられるから持ち運びに有利にもなる。

ただし、VAIO typeTの分解は、
超難関(特にシリンダー部)なので、
ある程度の覚悟が必要だけど。


<VAIO typeT、ストレージ換装参照>
・VAIO typeTの2.5インチHDDを換装してちょっぴり高速化(その1)
・VAIO typeTの2.5インチHDDを換装してちょっぴり高速化(その2)
・VAIO typeTの2.5インチHDDを換装してちょっぴり高速化(その3)

高速なVAIO typeTって憧れるなー・・・。



【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51460801