2008年09月03日

お風呂で使える!録画もできる!ブラビアワンセグ「XDV-W600」



お風呂で使えるワンセグテレビが登場!

・防水対応でお風呂でもワンセグやラジオが楽しめる
最大約23時間のワンセグ視聴を実現したお風呂〈ブラビア〉ワンセグ 発売:SonyDrive


お風呂<ブラビア>ワンセグ「XDV-W600」
ソニースタイル販売価格:39,800円(税込)

−−−−−−−−−


お風呂でも使える防水性能をもったワンセグラジオ。

防水性能は、
「JIS 防水保護等級IPX7/IPX6相当」。
って言われてもどの程度かさっぱりわからないけど、
内容は以下のとおり。

「IPX7」が浸水に対する保護等級で、
常温の水道水の入った水深1mの水槽に本体を静かに沈めて、
約30分間水底に置いていても、本体機能を保持する防水性能。

「IPX6」が噴流に対する保護等級で、
内径12.5mmのノズルで約3mの距離から
約100L/分の水を3分以上注水する条件で、
いろんな方向から水を直接噴きつけても本体機能を保持する防水性能。

いくら名前が“お風呂”と付いていても完全防水ではなく
ある程度の防水機能だと思ったほうが良くて
「うっかり湯船にボチャンと落とすと壊れる危うさがあるから
気をつけて使ってね。」レベル。

まかり間違っても
付属の電源コードとか充電スタンドを風呂場に持ち込んだら
とんでもない事になるのでウルトラ注意が必要。

と、
限界ラインが微妙に高くない事を考慮に入れても
“お風呂”というシチュエーションでテレビが見られる環境が
いとも簡単に作れてしまうのがこのアイテム。


テレビはワンセグを利用、
FMとAMラジオとしても使える。

約4.0型(ワイドWQVGA)という画面の大きさ、
大口径スピーカーを搭載していて
お風呂場でもしっかりと聞きやすい音を再生。

内蔵充電池を含めて
単3電池を4本を併用すれば、最大で23時間の視聴が可能。


付属のアタッチメントを付けると
「立てかけ用」としても「ぶら下げ用」としても使えて
固定場所の少ないお風呂場でもおき場所を確保しやすいように配慮。


さらに、
中に2GBのフラッシュメモリーを内蔵していて
録画まで出来る。


録画機能も一人前で、
見てる番組を「録画ボタン」を押してすぐに録画とか、
番組表から予約録画とか、
日時指定は1ヶ月先までの予約録画ができる。


毎週録画したい番組は繰り返し予約録画機能もあったり、
録画している番組が野球とかで延長してしまった場合でも
きちんと延長した分をのばして録画してくれる。

ワンセグというと
受信感度が微妙で、外では入っても部屋の中では映らない
なんて事がよくある。


それを踏まえてか
受信感度は、今までのモデル(XDV-100)よりも1.8倍上がっていたり
充電スタンドには、アンテナ端子が付いていて
より確実に綺麗な状態で録画もできるようになっている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

これはなかなかツボな製品。

テレビを風呂場にってのは
配線をどうにかしないといけないとか、
もしくはワイヤレスで飛ばすしかないか?
とか導入するにもハードルが高いイメージがあった。

けど、
これだったら
見たい時にお風呂に持ち込めばいいだけなので
ものすごく気が楽。

それに、
テレビ自体がリアルタイムで面白いのをやってる事なんてありえなくて、
だったら、普通にいつも見る番組を録画させておいて、
風呂場で録画した番組を見るというスタイルにすればいい。

それとか、
いつも見ないような学習系の番組を録画しといて、
お風呂に入る時間を利用して、知識をつけるなんてのもアリ。

そもそも
お風呂に限定しなくても、キッチンでも外に持ち出してもいいわけで
他のワンセグ機器との違いは
ある程度の防水機能を持ってくれてる事。

濡れたらどうしよう?という不安を感じる事がないから
イージーに扱えるのがかなり大きいメリット。



後は、
これに4万円も出して買うかどうか?
というところで
買うのは微妙でも、あったらいいなとは素で思うもので。。


と思ったら
ソニースタイルで、
まさにこのお風呂<ブラビア>ワンセグを
30人にモニタープレゼントって企画がスタートしていて、
もう速攻申し込んでおいた。

当たったらラッキーって事で。

締め切りは【9月16日(火)15時】なので、
欲しいぃ!と思ったらダメ元でも応募してみたらいいかも。




【TOPページへ】




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51511999