2008年09月23日

VAIO typeR masterにアクティブスピーカー「SRS-Z100」を使う。



VAIO typeR masterに、付属のスピーカーは、
もともとその前の世代のRCシリーズの時から変わってなくて、
まぁ普通に聞いてる分には困ってはいなかったんだけど、
VAIO typeRが、やけに音質にこだわってる仕様なのを知って
それに対抗心を燃やしてスピーカーを変更。

純粋に音質だけを追求したアクティブスピーカーなら、
「SRS-ZX1」が最良なんだろうけど、
予算の都合もあったり、見た目がシルバーで、
ブラックの本体やディスプレイとの一体感が崩れるので却下。

そこに、値段も適度でブラックカラーの
アクティブスピーカー「SRS-Z100」が新しく出てきたので、
これを使ってみる事にした。


アクティブスピーカーシステム「SRS-Z100」
ソニースタイル販売価格:9,980円(税込)

10W+10Wで総合20W、
直径21mmのツィーターと、直径57mmフルレンジの2WAYタイプの
パッシブラジーエータースピーカー。
低音は、MEGABASSで再現。

アクティブスピーカーなので電源必須。


ステレオミニプラグのケーブルになった入力以外にも
入力端子も背面に備えてるので、
もう1系統を同時につなぐ事もできる。

左右をつなぐのは、スピーカー配線ではなくて
音声ケーブル。


電源やボリュームコントロール、ヘッドホン出力端子は、
【L】左スピーカーにある。

ボリュームコントロールは、
つまみのような小さなものではなくてしっかりとしたダイヤル。

ボリュームを上げ目にしても歪みにくく、
小さい音でもしっかりとした音声を再生するらしい。

−−−−−−−−−−−−−−−−


と、
その前に、VAIO typeZにつないでみる。

特にVAIO typeAのように
高音質サウンドチップの「Sound Reality」を搭載してない場合には、
外部スピーカーをあっさりつけてしまったほうが
ある程度しっかりした音声で楽しめていいかな?とが思ったり。

ただし、
一般的にノートPCの場合、
ヘッドホン出力端子からつなぐようになるのだけど
使い勝手を優先するために、
だいたい端子の位置が前のあたりに付いてるために
どうしてもステレオミニプラグの配線が邪魔、というか目障り。
仕方がないんだろうけど。


改めてVAIO typeR masterに接続。

元のスピーカーよりもほんの少し背が高くなって
コントロール系は右から左になってくらいで
つや消しブラックのカラーリングが、
ディスプレイや本体と馴染んでて良い感じ。

付属のスピーカー「VGP-SP1」が5Wx2なので、
確実に余力は増してるはず。

ネットにある配信楽曲なんかを聴いてみたんだと
正直、下が持ち上がった安定感は増したものの
まぁこんなもんかなレベルだったので
「DSD Direct Player」で、CDを聴いてみる。

さすがに、元音源が格段に良くなると
結構あからさまに音の質が変わるのがよくわかる。

特にツィーターのあるおかげで、
高音の聞こえ方が綺麗で耳に違和感なく入ってくる。

低音は、さすがにウーファーが付いてるわけでもないので
突き上げるような力強さはないけどそこそこ支えてくれていて
ボリュームを大きくしても、ビリビリと割れてしまう事もないし
不快な気分にならずに聴ける。

それと、付属スピーカーとの違いは、
スピーカーのちょうど真ん中あたりに音が定位する感じがかなり強い。
液晶ディスプレイを中心に左右均等な距離にスピーカーを置いて、
その正面に座って聴いてる分には、
ボーカルの声が正面から音が伝わってくる感覚が結構心地よい。

と、音にそこまで深く知りえない自分で
表現できるのはこの程度。
当然、専用アンプとスピーカーから鳴る音にはほど遠いし、
同じアクティブスピーカーでも「SRS-ZX1」にも及ばない。

でも、見た目で選んだ事もあるし
スピーカーと超至近距離でPCから出てくる音を楽しむには
ほどほどじゃないかなと。

なんて、PCでスピーカーをとっかえできるのも
セパレートタイプのVAIO typeR masterだから出来る楽しみだと思えるわけで、
「まだ新VAIO typeRに負けるわけにはいかんのだよ。」
と意地を張ってみたくなる。


・一体化して姿を変えてしまった「VAIO typeR」はどうなの?(その1)
・一体化して姿を変えてしまった「VAIO typeR」はどうなの?(その2)

・45nmプロセスCPUを搭載したVAIO typeR masterのパフォーマンス比較!
・VAIO typeR masterのグラフィックボードを変えてみる(交換作業編)
・VAIO typeR masterのグラフィックボードを変えてみる(ベンチマークテスト編)
・VAIO typeR masterに9600GTのグラボを載せてみる。
・45nm版デュアルコアと45nm版クアッドコア比較(その1)
・45nm版デュアルコアと45nm版クアッドコア比較(その2)
・45nm版デュアルコアと45nm版クアッドコア比較(その3)
・VAIO typeR masterをRAID 0設定にして高速化する(その1)
・VAIO typeR masterをRAID 0設定にして高速化する(その2)
・VAIO typeR masterをRAID 0設定にして高速化する(その3)
・VAIO typeR masterにグラボ「Radeon HD4870」を載せる!(その1)
・VAIO typeR masterにグラボ「Radeon HD4870」を載せる!(その2)



【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51526268