2008年09月25日

超早いIntel製のSSDをVAIOノートに載せたい願望。。



ついに発売になったIntel製のSSD。

・Intel X25-M and X18-M Mainstream SATA Solid-State Drives
・Intel X25-E Extreme SATA Solid-State Drive

何がすごいって、転送速度が化け物並み。
MLCタイプなのに、
リード240MB/s、ライト70MB/sという驚異的な速さ。

気になる値段は、
80GBの「SSDSA2MH080G1C5」で8万円前後。
ちと高いけどこの速度はものすごく魅力的。

サイズには、2.5インチと1.8インチの2種類があって、
どっちもインターフェースはシリアルATA。


−−−−−−−−−−−−−

<自分の頭の中で考えてる事ってこんなもの>

VAIO typeS(SZシリーズ)でも、VAIO typeZでも、
最近のシリアルATA仕様の2.5インチHDDを搭載してるモデルから
このSSDに換装すれば、超激速パフォーマンスにする事ができる!

って、
もうSSD載せるのも珍しい事でもないし、
それに、
7200回転/分のHDDでもそこまで遅いと思う事もなくて
何しろ容量はまだまだHDDのほうが大きくて良い場合だってあるし。

・VAIO typeS<XPモデル>にフラッシュメモリーを搭載する(その1)
・VAIO typeS<XPモデル>にフラッシュメモリーを搭載する(その2)



実は、
今よりもっと高速化したいのは、
VAIO typeT(TZシリーズ)のほう。

このVAIOには、
1.8インチサイズのHDDやSSDが搭載されているだったりするんだけど、
採用されてるインターフェースが、ZIFコネクタになってて
シリアルATAになったIntel製のSSDには換装できない。。


現時点で、ZIFコネクタを採用したSSDの最新はというと
Mtron製SSD「MOBI 3000」シリーズかな?

こっちは、
リード100MB/s、ライト100MB/sと
Intel製SSDには及ばないものの、
もともと搭載されてるSSDよりは高速化しそうな予感。

ただ、値段が32GBで5万円前後と、
Vistaには厳しい容量なのと値段が高すぎて手を出す気が起きなくて。

でもこれから、
1.8インチのSSDの高速で容量の大きいタイプって
ZIFコネクタじゃなくてシリアルATAでばっかり出てくるんだろうな
という一抹の不安がよぎったりする。


あぁ!

ここまで書いて思いだしたけど
VAIO typeT(TZシリーズ)って、
光学ドライブなしの2.5インチHDD搭載モデルってのが選択できて
それだったら、シリアルATAでつながってるんだった!


もしかしたらVAIO typeT(TZシリーズ)側のインターフェースの転送速度がボトルネックになるかもしれないけど、
それでも相当に速くなるんじゃないかと。

2.5インチHDD単体の構成でVAIO typeT(TZシリーズ)を持ってる人は
Intel製SSDを載せてみる価値はあるかもしれない。

とか言ったら
そういう人柱はお前がやれとか言われそうだ(汗


・VAIO typeTの本体を分解してみた。[前編]
・VAIO typeTの本体を分解してみた。[後編]
・VAIO typeTの2.5インチHDDを換装してちょっぴり高速化(その1)
・VAIO typeTの2.5インチHDDを換装してちょっぴり高速化(その2)
・VAIO typeTの2.5インチHDDを換装してちょっぴり高速化(その3)

【VAIO typeT特集ページ】



【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51527764