2008年09月26日

ついに解禁!XPダウングレードモデルのVAIO typeZ!



ついにというかやっとというか
VAIO typeZと、VAIO typeSVAIO typeBZの3機種にある
XPダウングレードモデルの販売日が決定!

ソニースタイルの【法人向けモデル】に用意されたサービスで、
Windows Vista Businessのダウングレード権を利用して
「Windows XP Professional」が搭載可能になるというもの。

販売開始日は以下のとおり。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【VAIO typeZ】

VGN-Z90FS
9月30日先行予約販売開始
VGN-Z90PS
9月30日先行予約販売開始

【VAIO typeS】

VGN-SR90FS
9月26日先行予約販売開始

【VAIO typeBZ】

VGN-BZAAFS
9月30日先行予約販売開始
VGN-BZAAPS
9月30日先行予約販売開始


−−−−−−−−−−−−−−−−

<XPダウングレードモデル購入の注意点>

Windows XPダウングレードモデルを買う場合には
いくつかの留意点があるのでそれを事前に把握しておく必要がある。

1つ目は、2パターンの販売方法がとられている事。

1.)
Windows Vista Business(SP1) 正規版
WindowsXP Professional 正規版(SP2)
ダウングレードディスク付



出荷時に、Windows Vista Businessがプリインストールされていて、
それとは別に、
Windows XP Professional(SP2)へダウングレードするための
リカバリーディスクが付属するタイプ。

自分でリカバリーディスクを使用して変更後、
VAIOのサポートHPからドライバーをダウンロード
XPにダウングレードが可能になる。

Vista用のリカバリーディスクはHDD内にあるため
作業を開める前に、
あらかじめVista用のリカバリーディスクを作っておかないと
OSをXPにダウングレードした後に
またVistaにもどしたいと思ってもそれが不可能になるので注意。

2.)
Windows Vista Business(SP1) 正規版
WindowsXP Professional 正規版(SP2)
代行インストールサービス



Windows Vista Businessのダウングレード権の行使を、
ユーザーの代わりにメーカーが行う事で、
Windows XP Professional(SP2)が
最初からインストールされた状態で出荷されるタイプ。

Windows Vista Business(SP1)用のリカバリーディスクと、
Windows XP Professional(SP2)用のリカバリーディスクが
どちらも付属しているので、
いつでもどちらのOSに変更できる。


通常のVistaモデルと比べても
5000円程度の上昇で、どっちのOSにも転べるようになるので
導入するにしても比較的安価。


−・−・−・−・−

2つ目は
Windows XPにすると
ある程度の機能制限とソフトウェア制限がかかるという事。


・Windows XP ダウングレードにおける制限事項

ソフトに関しては
もともとWindows Vistaをベースとして作られてるものは使えないし、
利用可能なものも含めてプリインストールされないものが多数。

これは逆に、ビジネス利用する場合には
ソフトウェアは入ってないほうが好都合だったりもする。

また、
機能的な制限事項には注意が必要で、
特に、VAIO typeZの場合、
ワイヤレスWAN機能が全く使えなくなったり
グラフィックのパフォーマンススイッチを切り替えても
手動で再起動が必要となったりするという
本来持つ魅力が半減する。

ここは割り切らないといけない。

−・−・−・−・−

そして3つ目は、
【法人向けモデル】から購入するという事。

一般的に利用する事の多い【個人向けモデル】との違いは
キャンペーンや特典がつかなかったり
逆にオンサイト(出張修理)が存在するという点。

途中の購入画面に
「企業名」を記入する欄が出てくるので
そこには会社経営してるのならその企業名、
個人事業をやっていれば「個人事業主」と入れておけば問題ない。


−−−−−−−−−−−−−−−−

なんだか
めんどくさい事を書いたけど、
プリインストールが難しくなってきたWindows XPを扱えるのは、
販売時期の限られた今だけの特権だし
企業系でまだWindows XPを推奨している場合でも
VAIOノートを選択肢として選べるようになっただけでも随分と違う。

それに
ひとまずWindows XPで使っていても
いつでもWindows Vistaにアップグレードできるし、
最新のスペックでどっちのOSでも使ってみたいという
シンプルな願いをあっさりかなえてくれるのも
このXPダウングレードモデルとなる。




【TOPページへ】



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51528212