2008年10月03日

SSDとBDドライブを搭載した新「VAIO typeT」



TTシリーズとなった新VAIO typeT
貸出機としてソニースタイルから実機が到着。

この前、一番最初にお目にかかったのは、
グレースゴールドをベースにした、
プレミアムデザインの“ノーブルテキスタイル”で、
今回の貸出機は、全身が黒く覆われた“プレミアムカーボン”だったので
その印象の違いに面食らってしまった。


まずは、スペック。

VAIO typeT「VGN-TT90S」
OS:Windows Home Premium(SP1)
カラー:プレミアムカーボン
CPU:Core 2 Duo SU9400(1.40 GHz)
メモリー:4GB(2GB×2)
ストレージ:SSD 約256GB(約128GB×2 RAID 0)
ドライブ:ブルーレイディスクドライブ
ワンセグチューナー:搭載
ノイズキャンセリングヘッドホン:付属
指紋センサー&TPMセキュリティチップ:搭載
キーボード:日本語配列
バッテリー:標準バッテリー
各ソフトウェア:なし
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ソニースタイル販売価格:422,800円(税込)


なんと言っても
SSD 256GB(128GB×2)のストライピングと
ブルーレイディスクドライブを搭載してるので
とんでもビックリ価格。

ブルーレイディスクを搭載前提としても、
SSDを128GBにするだけで7万円くらい値段が下がったり
1.8HDDにするだけで13万円も下がったりする。

ストレージとドライブの組み合わせ次第で
20万円くらい変わってくるので、
価格を抑えたモバイルPCにしたいのか?
BDを見たいノートPCが欲しいのか?
目的によっては全く異なる価格になる。


今回のスペックでのWindows Vistaの評価。

プロセッサ        4.6
メモリ          4.9
グラフィックス      3.2
ゲーム用グラフィックス  3.3
プライマリハードディスク 5.9

CPUやメモリーの評価は
動作周波数の低い低電圧CPUと消費電力を抑えたメモリーの評価。
それと、
さすがに内蔵グラフィックスの評価があんまり高くない。

ただ、SSDのストライピングにした事で
プライマリハードディスクだけ飛びぬけて最高の5.9。

ストレージのスピードが速ければ
Vista上で何かをするにしても体感速度は早く感じられるので
SSDにする価値はある。

VAIO typeZと比較するとちょっと酷な差があるけれど、
バッテリーのスタミナ性能を考えると
どうしてもパフォーマンスは抑える必要があるので、
Vistaの評価上ではこういった数値として現れる。

−・−・−・−・−・−・−・−


このプレミアムカーボンは、
液晶天板の縦方向にカーボン繊維のラインが見える。
マットなブラックのシルキーブラックよりは、
ここに表情が見える分、ちょっとしたおしゃれ感が漂う。

液晶を開いた本体の内側は、
ちょっとザラザラとした触感の落ち着いたつや消しのブラック。
この辺は悪くない。

ヒンジ部分のシリンダーやサイドライン、クリックボタンは、
シルバーのメッキ処理されて光沢感たっぷり。

閉じて手に持ってみると
1Kg強の重さが手にズッシリと来るので、
お世辞にも超軽い!なんて事は思えない。

それと底面のぷっくり膨れた部分がやっぱり気になる。
ココをそぎ落としてクレと言いたくなる。。


とは思いながらも
さすがにVAIO typeZよりは、ほんのり軽くて
カバンに収める事を考えると、
このくらいのサイズのほうが楽だなとは思う。

VAIO typeZだと、どうしてもカバンを選ぶけど、
VAIO typeT程度の大きさだと、
だいたいどんなカバンにでもポイっと入れられる。

後、かなり評価できる点としては、
おっそろしいくらい剛性が高い。
閉じた状態で手に持って、
グニグニまげてみたり、ブルンブルン振り回してみても
本体が歪んだりきしんだりというのが全然ない。

さすがに出来上がったツクリの次元は
相当に高いという事は良くわかる。


参考までに、VAIO typeZと大きさを比較。
(画像をクリックすると拡大画像あり)

VAIO typeT:
 約 幅279mm×高さ23.5mm(最厚部30.7mm)×奥行199.8mm
VAIO typeZ:
 約 幅314mm×高さ24.5mm(最厚部33mm)×奥行210mm

横幅が3.6Cmと縦の長さに1cmという大きさの違いが、
最終的な判断の決め所にもなる。

せっかく来たVAIO typeT
これで一体何がしたいと思うだろ?
と考えてみたら、
やっぱり一番ちっさいノートPCでブルーレイディスクを見たいでしょ。

という事で
まずはブルーレイディスクの再生っぷりがどんなものか見てみよう。


・ハイパフォーマンスとハイクオリティを手に入れたVAIO typeT(その1)
・ハイパフォーマンスとハイクオリティを手に入れたVAIO typeT(その2)

【VAIO typeT特集ページ】



【TOPページへ】



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51532904