2009年01月16日

“α900”に最適な、超広角レンズと望遠レンズが販売開始!



デジタル一眼レフカメラのフラッグシップ“α900”が発表されたと同時期に
お目見えしていた専用レンズの2種類が
ソニースタイルでようやく先行予約販売開始!

「Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM」は、
カールツァイス製の、
16mmという超広角から35mmの広角までをカバーする
大口径広角のズームレンズ。

デジタル一眼レフカメラ用レンズ「SAL1635Z」
(Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM)

ソニースタイル販売価格:255,150(税込)
・3年間修理保証サービス<ワイド>

カールツァイス製で、16mmという広角レンズは、
「SAL1680Z」というものがあったけど、
これはあくまでもAPS-Cフォーマット専用だったので、
“α900”ユーザーとしては待望の超広角レンズとなる。

レンズ構成は13群17枚でそのうち
非球面レンズ3枚、スーパーEDガラス1枚、EDガラス1枚を使用、
F値も2.8と非常に明るく
「T*コーティング」が施されていて、
絞り開放で太陽光を入れてもゴーストが極少ないというのが特徴。

レンズ内蔵の超音波モーター(SSM)を内蔵していて、
静かで高速なオートフォーカスが可能。、

最短撮影距離は28cm、最大撮影倍率は0.24倍。
絞り羽根は、9枚(円形絞り)、フィルター径は77mm。

本体サイズは、83mm×114mmと大きい。
重量も約860gと決して軽くなくて、
“α900”に装着すると約1.7kgにもなるので、
持ち運びも撮影も気力と体力も必要かもしれないけど、
それを差し引いても使ってみたいレンズ。


−・−・−・−・−・−・−

もう1つの「70-400mm F4-5.6 G SSM」は、
中望遠70mmから超望遠領域の400mmまでをカバーする望遠ズームレンズ。


デジタル一眼レフカメラ用レンズ「SAL70400G」
(70-400mm F4-5.6 G SSM)

ソニースタイル販売価格:236,250(税込)
・3年間修理保証サービス<ワイド>

ソニーのラインナップするレンズ群の中でも
上位に位置する「Gレンズ」で、
レンズ構成12群18枚のうち、EDガラスを2枚使用。

静かで高速にAFがきくレンズ内蔵の超音波モーター(SSM)を、
レンズが前後に伸びたりしないインターナルフォーカシングを搭載。

最短撮影距離は1.5m、最大撮影倍率は0.27倍。
絞り羽根は、9枚(円形絞り)、フィルター径は77mm。

本体サイズは94.5×196mmと、重量は約1.5kgにもなるため、
別途、三脚座も備える。

−・−・−・−・−・−・−・−

さすがに上位レンズだけあってかなり高価なので、
「AV10%OFFクーポン」や、eLIO決済で3%OFF
利用しするのが常套手段。

また、ソニースタイルで購入する大きいメリットの1つに、
このレンズにはそれぞれ
「3年間修理保証サービス<ワイド>」が最初から付いていて
不意の破損や水ぬれのような事故があっても、
修理費用が無料になっているという点。

アクシデントに見舞われた時の修理費用の事を考えると、
このワイド保証が付いてると安心度は非常に大きい。




【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51599049
この記事へのコメント

レンズに関してはソニーは高いのと安いのが極端な気が…
Posted by 通りすぎ at 2009年01月16日 17:55

>通りすぎさん
そうですね(汗
特に今回のこの2つのレンズはかなり高価ですよね。
というか、一眼レフのレンズって本体よりも高額になる事が多いですからね(^^ゞ
でも、ずっと使えるという意味では“レンズは資産”だと教わった事がありますw
Posted by kunkoku at 2009年01月16日 21:49

ヤバい^^;
Posted by MIZUHI at 2009年01月16日 23:54

>MIZUHIさん
ですよね(笑)
Posted by kunkoku at 2009年01月19日 10:49