2009年01月17日

高音質通話が可能なBluetooth対応ヘッドセット2機種発売。


Bluetoothヘッドセットの新モデルが登場。


ワイヤレスステレオヘッドセット 「DR-BT101」
カラバリ:ブラック/ホワイト
ソニースタイル販売価格:6,980円(税込)
2月10日発売予定

一見するととても昔からあるスタンダードなスタイルをしたヘッドセット。

Bluetooth対応のヘッドセットで、
Bluetooth 2.1+EDRを採用。

レシーバー部にあるジョグスイッチから、
音楽の再生・停止、曲送りのコントロール(A2DP)も可能。

ワンセグの音声(AVRCP)や
ハンズフリー通話(HFP/HSP)にも対応。

ノイズサプレッション、エコーキャンセレーションを搭載して、
高音質な通話が出来るようにもなっている。

ちょっと変わっているのが、
充電がコンセントではなく、USB経由だという事。
付属もUSBケーブル。

連続通話、音楽再生時間は最大で13時間、
連続待受時間は約200時間。



ワイヤレスステレオヘッドセット 「DR-BT100CXP」
カラバリ:ブラック/ホワイト/ブルー/ピンク
ソニースタイル販売価格:6,980円(税込)
2月10日発売予定

イヤホンとレシーバーが合体したBluetooth対応ヘッドセット。

Bluetooth 2.1+EDRを採用。
スティック状のレシーバーにあるジョグスイッチから、
音楽の再生・停止、コントロール(A2DP)が出来て、
ワンセグの音声(AVRCP)やハンズフリー通話(HFP/HSP)にも対応。

ノイズサプレッション、エコーキャンセレーションを搭載、
付属のUSB経由で充電という内容は、DR-BT101と同様。

連続通話、音楽再生時間は最大で8時間、
連続待受時間は約120時間。

イヤホン部分は、カナル型になっていて
装着性と音質を良くするためにシリコン製ハイブリッドイヤーピースを採用。

なんだか、これだけで新しいウォークマン?に見えなくもないけど
実際のレシーバー部は意外と小さくて
この部分だけなら4g(全体で26g)と軽い。


−−−−−−−−−−−−−−−−−

ひとまず、
Bluetoothを内蔵したケータイやウォークマンに
あわせやすい系のBluetoothヘッドセットで
ケータイ通話に対しての音質の向上というのが進化点。

だんだんとBluetoothに対応した
ヘッドセットのラインナップが増えてきたところで
そろそろハイエンド嗜好なタイプも出して欲しいけど。

今のところのお気に入りは、
DR-BT50HBH-DS205なので
買い替え予定はなし。




【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51599455
この記事へのコメント

こんばんは。今月に入ってauからドコモに移ってau版の
サイバーショットケータイからドコモ版(SO905iCS)にしました。
どうしてもどうしても欲しかったんです。
そしたら諦めかけて入ったドコモショップでシルバーが
”1台限り”。気がついたときにはナンバーポータビリティの
手続きをしてました。完全な衝動買いですが、カメラ周りが
auのより”サイバーショット”らしくて大変気に入ってます。
Bluetoothは使えないんでMDR-EX90SLでも引っ張り出してこようかな。
Posted by AUDREYHEPBURN at 2009年01月21日 19:35

>AUDREYHEPBURNさん
ついにSO905iCSを手に入れられたんですね!
おめでとうございますw
Bluetoothがないのがちょぴり残念ですが、デザインはなかなか好みですw
イヤホン部分は変換すれば、聴く専用になりますが、MDR-EX90SLでも使えますよね。
Posted by kunkoku at 2009年01月21日 21:43