2009年01月20日

VAIO typePにワイヤレスWANをつないで、どこでもインターネット。


iconicon
・いつも持ち歩きたくなるVAIO typeP(外観レビュー編)
・いつも持ち歩きたくなるVAIO typeP(基本スペック編)
・VAIO typePベーススペック(Z520+HDD)のベンチマーク。
・VAIO typePの実際の使い勝手。
・VAIO typePで、動画はまともに見れるのか?
・VAIO typePソニースタイル限定カラー「オニキスブラック」
・VAIO typeP最高スペック(Z540+SSD)のベンチマーク。
・VAIO typePを音楽プレーヤーっぽく使ってみる。
の続き。

いまだに(1月20日現在)
VAIO typePicon
「ワイヤレスWAN&GPS」内蔵が選択できなくて、
ずーっと待たされっぱなし状態。

だけど、
ただ発売になるのを待ってるだけというのもつまらないので、
もしも搭載したら、どんな感じなのか?
を先にやってみる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<通信ユニットを外付けか?内蔵か?>


まずは、「ワイヤレスWAN」。

名前が間違えやすいけど、
簡単に言うと、
「ワイヤレスLAN」というのは、
家庭や仕事場といった具合に、
ある程度の小規模なスペース内で扱える無線のネットワークの事で、
「ワイヤレスWAN」というのは、
携帯やPHSのような広範囲でつながるネットワークの事。

VAIOオーナーメードでは、
今のところdocomoの「FOMA HIGH-SPEED」の通信モジュールを
VAIO typePiconに内蔵させるものを「ワイヤレスWAN」として選択できるようになっている。

なので、逆に言えば、
半強制的にdocomoと契約が必要となるので、
別に、内蔵にこだわらなければ、
一般的に手に入るイーモバイルやau、softbankで
ワイヤレスWAN環境を作っても何の支障もない。


たまたま
自分の持っているのが、docomo「FOMA A2502」というヤツで、
これは、まさにFOMA HIGH-SPEEDモジュールを内蔵する「ワイヤレスWAN」と全く同じで
FOMAエリアであれば、
日本のどこでもインターネットに接続できる。

一番の違いは、
まさに、こういった物体を外にくっつけるか、
スッキリと内蔵してしまうかという事になる。



例えば、「FOMA A2502」は、
USBで接続するタイプの通信ユニット。

USBを1つ必ず消費してしまうから
当然、VAIO typePiconの左右どちらかにあるUSBを利用するようになる。

USB接続なので、ほぼ100%どんなPCにでも使えるのが便利で、
直接USBにブスっと差したら使えるというイージーさがある。

普段は、アンテナとUSB端子を折りたたんでおけば、
そこそこコンパクトになるのだけど、
今回は、なまじVAIO typePiconのボディが小さいせいで、
くっついているだけで、
異物感タップリな雰囲気がタマにキズ。

前向きに捉えれば
付け忘れたままカバンに入れてしまう事はないだろうから
間違えて破損なんて事も起き難い。


電源コードとかディスプレイアダプタと干渉しそうな時は、
付属のUSB延長ケーブルと、アタッチメントを使って
PC本体からA2502を離す事もできる。

イーモバの「D02HW」も、こういったスタイル。

USBケーブルでつなぐ方式だと
本体から離す事で電波干渉を少しでも避ける事が出来るので
受信感度が改善されるというメリットもありつつ、
装着したまま移動したい時に、
ぷらぷらとぶら下がってしまうというめんどくささもある。


差しっぱなしでも、
邪魔なものは邪魔だけど・・・


「ワイヤレスWAN」搭載モデルの予想図。
(画像はあくまでも推測でやってるだけ。)

おそらく、
VAIO typePiconに「ワイヤレスWAN」が内蔵されたモデルは、
バッテリーをはずしたところの、段差になったあたりに
カードスロットがあって、
そこにFOMAカードを差し込むパターンじゃないかと推測。

docomoの「定額プラン」に契約したFOMAカードを既に持ってると
VAIO typePiconに「ワイヤレスWAN」を搭載さえしてしまえば、
そのFOMAカードを差してすぐにインターネットが出来る。

うーん、
やっぱり、ここまでサイズがコンパクトなボディになってくると、
通信ユニットが外に全く出なくてスッキリというのは、かなーり魅力的。


−−−−−−−−−−−−−−−−

<ワイヤレスWAN(docomo定額データプラン)に接続>


docomoの場合、
[ドコモ定額データプラン接続ソフト]という
専用アプリケーションを利用して
インターネットに接続するというルールがある。

まずはこのソフトを起ち上げて、
FOMAカードを認識、そしてFOMAエリア内であれば、
【接続ボタン】をクリックすると、
だいたい10秒くらいで接続が完了する。

このソフトを使わないといけないというルール以外は
特に難しい操作ではないので、
手順としてはシンプルではある。


接続された状態を確認してみると
通信速度の表示部分には、
最大受信速度となる「7.2Mbps」と表記されている。

これは、「A2502」でも「ワイヤレスWAN」内蔵モジュールでも同様。

とは言いつつも、
そんな理論値が出るわけもなく、
実際の通信速度で言うと、自分の住んでいるエリアでは、
だいたい1.5Mbps〜2Mbps程度といったあたりになる。


それでも、
1.5Mbps〜2Mbpsくらいの通信速度が保たれていれば、
普通にメールチェックもできるし、
web閲覧くらいであれば、たまにひっかかる事はあっても、
特にイライラする事もない。

それに、
日本のほぼどこにいても、FOMAエリア内でさえあれば
すぐにつながるというのはとても快適で、
ネットから途切れる不安をぬぐいさってくれて、
精神的衛生上、とても楽になれる。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<docomo特有の接続制限はVPNで回避する>


docomo「FOMA HIGH-SPEED」は、
エリアどか通信速度に不満はないものの
以外とうっとおしいのがプロトコル制限やネットワーク制限。

例えば、
動画サイトにしても[GyaO]や[Yahoo動画]が見れないとか、
リモートデスクトップ、リモートアクセスツールが使えないとか。
(実は、以前Skypeは使えなかったはずなのに、
 今回つないでみると、Skypeはそのままつながるようになっていた。)

・「定額データプラン」でご利用可能な通信の詳細:docomo

一般的なweb閲覧では、
もしかしたらそういった制限にひっかかる事もないのかもしれないけど、
やっぱり、使っていて接続できないところがあると不便。


だけど、
この問題に関しても、
“VPNサービス”を利用すれば回避が可能。

・ドコモ「FOMA HIGH-SPEED」は、“MobileFree”で自由な閲覧が可能になる!

「MobileFree.jp VPN 実験サービス」を利用させてもらうと、
そういった制限から開放されて、
自宅にいる環境とほぼ同じようにインターネットが使えるようになる。

よく、VPNを利用すると通信速度が低下するという話もあるけれど
利用している通信速度が2MB程度と、
そんなに速くない事もあって、ほとんど影響を感じる事もない。


まず、VPNを利用すると、
見れなかった[GyaO]や[YAHOO動画]も
見られるようになる。

というか、そっちの問題がクリアできても
結局は通信速度のほうが問題で、
いつでも2Mbpsくらい出てくれれば動画もまともに見られるけど、
時間帯と場所によっては、
1Mbps以下にまでに落ち込む事もあって、
そうなると動画を見ようという行為自体が成立しなくなる場合もある。

ひとまずは、
制限というもの自体は、VPNで回避が出来るという事で。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

iconicon
ケータイとかスマートフォンで
フルブラウザを見れるようになったと言ってもやっぱり限界がある。

例えば、
今自分の持ってるiPhoneにしても、
移動途中にこれほど手軽にネットにつなげて便利なものはないと思っていて、
特に受動的に何かを見るには便利なんだけど、
ふと、こっちから何かしようと思った時、
メール打つのに妙に時間がかかってしまったり、
safariから文字入力するのもちょっと大変で、
だんだんと面倒な事はしなくなってくる。

けれど、
VAIO typePiconに「ワイヤレスWAN」を組み合わせれば、
もうそのままインターネットがまるまる使えてしまうから
そうなると、
「あそこのアクセスポイントに行ったタイミングでノートPCを開こう。」
というタイミングを作らなくてよくて
移動途中でも、思いついた時に
インターネットにつなげてすぐにアクションを起こせる。

これは相当な快感。

「大きいノートPCじゃ人前で開くのが恥ずかしいし、
 小さいスマートフォンじゃ、やりたい事がまかないきれない。」
というそのジレンマに、
VAIO typePiconが、その間にズボっとハマる。

だから、用事もないのに
いつも出かける時にカバンに入れておきたくなる。。


続く。


【VAIO typeP特集ページ】
【VAIO typeT特集ページ】
【VAIO typeZ特集ページ】

iconicon

【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51601456
この記事へのコメント

焦らされ、焦らされ。。。
どこまで焦らされるんでしょうか(−−;
まだ認可が通ってないんでしょうか。。。
どんどんPの利用方法が現実のニーズとして膨らんできます。
スマートフォンの選択にも係ってくるし。。。
先にFOMAだけ申請しておこうかな。。。
Posted by へいちゃん at 2009年01月21日 09:27

あ〜あ〜、そうかい。オレが悪いんだろうよ。
こんなもん、ほんのワンスポットの人間しか買わないって言ったのが悪かったんだろうよ。
スマートフォンとモバイルの間って位置づけは分かるけど、
実際にatomって一昔前のceleronレベルでしょ。
しかも、一番多い層のパンピーは、何事も一台で済ませたがるでしょ。
そう考えると、これじゃモノ足りなさすぎると思うけどな。
どんなにそれが小さくても、いざという時以外使わないものはカバンにあるだけで邪魔だし、
スペックの廃りが早い上に携帯みたいにサイクルをガンガン回せないし、
都心でも、電車の中だろうがカフェだろうが、PCを広げるという行為自体が、
アキバ以外では何アレ的な冷たい目はPCの大きさを問わず免れないし、
どうしても、スタパ齋藤と高橋敏也と可哀相にそこら中飛び回っている営業の一部しか買うと思えない。
UXよりかは明らかにいいと思うけど、今の完売状態は生産量が少なすぎるからだけだと思う。
UXもはじめはそうだった、あきらかにクソだったUXでさえも。
男性のオーガズムのように急激に浅い頂点までびゅっと行って、持続せずに平時に戻って萎えるという
そういう曲線を描くと思う。
Posted by duke at 2009年01月21日 11:29

>へいちゃんさん
やっぱり外付けより内蔵されてたほうが絶対に楽ですものね。
たぶんこの調子だとやっぱりWWAN+GPSは2月になりそうですね。
大丈夫なら大丈夫ですぐに発表して欲しいです。
そうですね!
docomcoショップでFOMAカードの登録は出来るみたいなので、
これで1日つぶれる事を考えたら、今すぐではないにしても
到着するまでに済ませておくという手もありますねw
Posted by kunkoku at 2009年01月21日 18:49

>dukeさん
ご意見ありがとうございます。
そうですね、確かにおっしゃるとおり、Atomの性能はそんなに高くないのは実際に動かすとよくわかります。
それが、ましてはOSがVistaですから余計に重たい感じを受けてしまいますよね。
特に、これ1台で普通のPCと同じ事をするのは正直無理ですよね。
UXの時に比べれば、確かにキーボードが普通に打てるパソコンのスタイルなだけに、見た目に対する期待値は大きくなりますから、店頭とかで実機を触ると、これは辛いと思われる方も多いと思います。
typePが発表されてまだ2週間しか経ってませんから、今だけの状態だけではなくて、本当の意味での正念場の、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヵ月後とたった時にどうかというのはしっかりと受け止めなければいけないと思います。
Posted by kunkoku at 2009年01月21日 19:01

日経パソコンにもWWANは2月中旬とありました。
目処が立ったのでボチボチ待つ事にします(^^)
FOMAカードはL−02Aで先に購入する事にします。
Posted by へいちゃん at 2009年01月22日 13:48

>へいちゃんさん
2月中旬発売という事は、受注は絶対にそれよりも1週間以上前のはずなので、そろそろ心の準備をしておいたほうがいいかもしれませんね(^^ゞ
L-02AのほうがA2502よりも見た目がスマートでいいですねー。
それに、これがあれば、ひとまず他のノートPCにも使い回しができますものねw
Posted by kunkoku at 2009年01月22日 20:21