2009年02月13日

VAIO typeZに赤いSSD「G-Monster V2」を載せてみる。

iconicon
なんだか、
【VAIO Style OUTLET】iconで、
初代VAIO typeZiconがかなり安くなった事もあって、
自分の周囲でも、突如として購入者多数。。

[速配仕様]iconで購入した人達は
オーダーした翌日にはもう到着してるようで。

で、今回のOUTLETに関しては、
ストレージ選択では、もう[HDD]しか選びようがなかったから、
せっかくならSSDへ換装してくれという友人の依頼。
(無論、保証外&自己責任了承の上で。)

そういえば、
自分のtypeZiconにはIntelのSSDを積んでみたけど、
法人向けのOSがWindows XPのモデルだったし、
Windows Vistaベースで、
高速な2.5インチのSSDを載せるのは初めてだなと。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


最近のSSDって、去年と比べると
容量も大きくなってきて、
転送速度もかなり速くなってきて、
それでいて随分と値段も下がってきた。

去年の春に買ったSSDなんて、
5万円もしてたのに・・・

今回の条件は、
「そこそこ速くて、容量も120GB以上」という事なので、
いろいろと探してみると
MLCながら、現状ではかなり高速だと思われる
PhotoFastの「G-Monster V2」が目に付いたのでこれをチョイス。


容量は128GBの「PF25S128GSSDV2」。

公称値では、
読込速度230MB/s、書込速度160MB/s
というかなりの高速っぷり。

この数値だけ見たらIntel X25-Mより書き込み速度が速っ!
とも思ったけど、
例のコントローラーチップ(JM602 x2)を使って
内部でRAID 0させてるらしく、
まぁまぁそれなりのSSDだという事で。

別に、見た目が赤いからという理由で選んだのではない。。
たぶん・・・

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<typeZのHDDをSSDへ換装。>



【CAUTION!注意!】
本体を分解して故障させると、
ソニースタイルの保証、メーカー保証対象外のため
有償修理、もしくは修理不能となる可能性があります。
この記事を読んで同様の事をして、
万が一生じた損害は全て自己責任となり、
当方やメーカーは一切その責を負いません。

分解手順は、以下参照。
・VAIO typeZの本体を分解してみた。(前編)
・VAIO typeZの本体を分解してみた。(後編)
・VAIO typeZに2.5インチSSDを載せる。(その1)
・VAIO typeZに2.5インチSSDを載せる。(その2)

底面にあるネジを10個ほどはずして
キーボード天板を本体から、コーキングヘラなどで
じっくりとロックをはずしていけば
無事に本体にあるHDDへとアクセスできるようになる。


パームレストの左部分に位置する場所にHDDがあるので
2つの金属アームとフラットケーブルを抜けば、
2.5インチHDDが取り出せる。

PhotoFastの「G-Monster V2」を見ても、
通常の2.5インチHDDとのサイズとほぼ変わらないので、
4スミに衝撃を吸収するゴム足をくっつけてやればよい。


そして、
早速typeZへと装着。
特に何の問題もなく取り付け完了。

どうせ見えなくなるのだけど、
この赤いストレージのボディが、
速そうなエンジンを積んだみたいでなかなかにシビれる。

ストレージとキーボードのフラットケーブルが
本体へとしっかり接続されているのを確認しつつ
本体を元にもどしていく。


そうそう、
換装する前に一番最初にやっとかないといけないのは、
リカバリーディスクを作っておく事。

DVD-Rで2枚、DVD-R DLで1枚必要。

typeZの電源が切れた状態で、
その前もって作っておいたリカバリーディスクを
ディスクトレイに一旦収めて電源を起動すると、
ディスクから読み込みを始めてリカバリー画面へと移行。

ここのウィザード画面で、
作成するドライブを1つにするか2つにするかとか、
リカバリー領域を残すか削除するかの選択もできる。

後は、前リカバリーが終わって
Windows Vistaの初期セットアップを済ませれば完了。

−・−・−・−・−・−・−


リカバリー直後にまずやるのは、
Windowsアップデートと、VAIOのアップデートを
全て済ませる事。

これで、いわゆる初期状態のストレージが完成。

まずは
「G-Monster V2」の128GBの内容を見てみると、
Cドライブ  :約110.47GB
リカバリ領域 :約6.71GB

今回は、リカバリー領域を残しておいたので
リカバリ領域として7GB弱ほどの容量を取られている。


次に、Cドライブを見ると
Windows VistaとVAIO系アプリを含めたものが
約24.8GBを占めていて、
残りの空き容量が約85.2GBとなっているのがわかる。

SSDで、64GB以下だと
空き容量がどうしても少なくなってしまうけれど
元容量が120GB以上になると、随分と余力が出てくるので
追加アプリやデータをしっかりと置けるようになって
メインマシンとして使いやすくなる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<赤い魂を載せたtypeZ>

ではもう恒例の「G-Monster V2」のベンチマークテスト。

比較対象として、
VAIO typeZにSSDを搭載したモデルの以下2種類、
・64GB(64GBx1)
・128GB(64GBx2)
Windows XP上ではあるけど、
Intel製「X25-M」を載せたtypeZとも一緒に比較してみる。

まずは、
単純な転送速度をCrystalDiskMark2.2で
100MBのデータをリード&ライトを計測してみたもの。


typeZ by
PhotoFast製「G-Monster V2」


「G-Monster V2」は、
公称の値まで及ばないものの、
シーケンシャルの読み書きは非常に高速。

ただし、ランダムの512K、4Kへと細かくになるにつれて
特に書き込みがガクっと遅くなる傾向にある。

言うなれば直線は速いけど、
カーブが遅い車みたいな感じかな?


typeZ by          【typeZ(5400回転 HDD)】
 Intel製「X25-M」       TOSHIBA製「MK2546GSX」

それと比べると、Intel製「X25-M」は、
読み込みも書き込みも公称値とブレないというか
512Kのランダムでもしっかりとした速度を保っている。
そして、何と言っても
4Kという小さい単位の書き込みが圧倒的に高速。

デフォルトで選べる「5400回転/分 HDD」を見ると、
全体的に読み書きの転送速度が遅くなる。
HDDに関しては、「7200回転/分」をチョイスしたほうが、
まだまだ体感的な速度は速くなる。


【typeZ(SSD 64GBx1)】 【typeZ(SSD 64GBx2 RAID 0)】
サムスン製「MCBQE64GFMPP」   サムスン製「MCBQE64GFMPP」

カスタマイズで選べるSSDは、
Samusunn製のSSDを採用していて、
超高速ではないにしても、
単体のままでも読み書きは安定しているし
4kの書き込みは「G-Monster V2」よりも上。

さらに、
RAID 0にすると、読み込みも書き込みの速度もグっと持ち上がる。
512kや4kのランダムも良好で、
税タイ的に死角のない速度が手に入る。


−・−・−・−・−・−・−・−・−

次に「HD Tune」で、
アクセス速度の分布やバースト速度も計測。


【typeZ by PhotoFast製「G-Monster V2」】  
転送速度
 最小:85.5 MB/sec
 最大:173.9 MB/sec
 平均:148.1 MB/sec
アクセス速度:0.2ms
バースト速度:134.3 MB/sec


【typeZ by Intel製「X25-M」】  
転送速度
 最小:128.4 MB/sec
 最大:183.1 MB/sec
 平均:180.3 MB/sec
アクセス速度:0.1 ms
バースト速度:88.3 MB/sec


【typeZ(SSD 64GBx1)サムスン製「MCBQE64GFMPP」】
転送速度
 最小:75.8 MB/sec
 最大:14234 MB/sec
 平均:80.8 MB/sec
アクセス速度:0.3ms
バースト速度:115.9 MB/sec


【typeZ(SSD RAID 0)サムスン製「MCBQE64GFMPP」】
転送速度
 最小:72.3MB/sec
 最大:164.6MB/sec
 平均:83.7MB/sec
アクセス速度:0.4ms
バースト速度:110.2MB/sec


総じて優秀なのはやはりIntel製「X25-M」。
数値の乱れが比較的少なく平均した高速性を保っている。

PhotoFast製「G-Monster V2」は、
周期的な乱れはあるものの、そんなに悪くない。

typeZの64GB単体とRAID 0だけは、
初期導入値ではなく数ヶ月使った後での計測だったからなのか?
意外と思ったほどの成果が出てこなかった。


−・−・−・−・−・−・−・−・−

そして最後に、
統合ベンチマークソフト「PC Mark05」で計測。

CPU、メモリーともに同様のモデルでないと
公平性に欠けるので、
スペックが以下のものだけで比較。

OS:Windows Vista Home Premium(32bit)
CPU:Core 2 Duo T9600 (2.80 GHz)
メモリー:4GB(DDR3 1066/2GB×2)
グラフィック:
SPEED・・・NVIDIA GeForce 9300M GS(256MB)

ストレージが
SSD 64GBx2 RAID 0と
PhotoFast製「G-Monster V2」の2種類。


【typeZ by PhotoFast製「G-Monster V2」】

System Test Suite   :7184 PCMarks
HDD_XP Startup     : 30.78 MB/s
Physics and 3D     : 222.7 FPS
TransParent Windows  : 3645.53 Windows/s
3D_Pixel Shader   :59.15 FPS
Web Page Rendering  : 2.74 Pages/s
File Decryption     : 79.18 MB/s
2D_Graphics Memory_64 Lines : 778.68 FPS
HDD_General Usage     :17.94 MB/s
Audio Compression    : 1938.08 kB/s
Video Encoding     : 644.4 KB/s
Text Edit          : 136.1 Pages/s
Image Decompression  : 38.28 MPixeles/s
File Decompression   : 6.62 MB/s
File Encryption      : 35.18 MB/s
HDD Virus Scan        : 71.47 MB/s
Memory Latency_Random 16MB : 9.61 MAccesses/s



【typeZ(SSD RAID 0)サムスン製「MCBQE64GFMPP」】

System Test Suite   :7848 PCMarks
HDD_XP Startup     : 80.29 MB/s
Physics and 3D     : 224.71 FPS
TransParent Windows  : 3736.26 Windows/s
3D_Pixel Shader   :59.1 FPS
Web Page Rendering  : 2.21 Pages/s
File Decryption     : 77.35 MB/s
2D_Graphics Memory_64 Lines : 778.29 FPS
HDD_General Usage     :47.08 MB/s
Audio Compression    :1871.46 kB/s
Video Encoding     : 640.66 KB/s
Text Edit          : 125.51 Pages/s
Image Decompression  : 36.71 MPixeles/s
File Decompression   : 6.19 MB/s
File Encryption      : 36.11 MB/s
HDD Virus Scan        : 84.47 MB/s
Memory Latency_Random 16MB : 9.41 MAccesses/s


特にストレージに左右される評価部分をオレンジ色にしてみたけど、
「HD Tune」では良い成績を残した「G-Monster V2」が
以外と伸びていない。

このベンチマークからは、
カスタマイズした「SSD RAID 0」構成のほうが
優秀だという結果になった。

ちなみに、
OSはWindows XPベースでの計測なのであくまでも参考値ではあるけど
Intel製「X25-M」では以下のようになっていた。

HDD_XP Startup     : 125.22 MB/s
HDD_General Usage   : 61.93 MB/s
HDD Virus Scan      : 113.52 MB/s


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

iconicon
ベンチマークのの数値だけで判断するのもどうかと思ったので、
わかりやすくWindowsの起動や終了、
スリープから復帰をストップウォッチで計測。

Windowsの起動。
これは、もう驚くほど速い。

電源を投入して、
30秒くらいでVistaロゴが現れるのだけど、
このVistaロゴの出ているのがほんの一瞬しかなくて
撮影するのが大変なほど。

その後40秒くらいでWindows画面に移行して、
50秒を過ぎたあたりで
ウェルカムセンターとサイドバーガジェットをほぼ同時に表示、
主要な常駐アプリも1分以内に出てしまうほどで
その後もSSDへのアクセスランプは明滅を何度か繰り返すものの、
ほぼ1分を超えたあたりで、すぐにアプリの操作ができる。

これは正直驚いた。

スリープとスリープ直後の復帰は
それぞれ約10秒前後で一般的。

休止状態への移行が場合にもよるけど、約39秒〜56秒くらいで、
休止状態からの復帰が、約31秒〜38秒程度。

シャットダウンが約32秒〜39秒。

休止状態の利用と、通常起動&終了との差が
ほとんどなく、そのあたりの動作は非常に心地良い。

ちなみに、
IE7の立ち上げは約2秒、
SonicStage4.4の起動も約4秒と
アプリの立ち上げも相当に速い。


それから、
PhotoFast製「G-Monster V2」は、
使ってると熱を持つかも?と教えてもらったので、
「PC Mark05」を5〜6回まわした直後に、即バラして、
非接触の温度計で直接計ってみた。

すると、
38℃〜41℃くらいになっていて、
確かに手で触ると、熱いとはいかないまでも
結構あったかくなるんだなという事を確認。

ボディ越しには、熱はそこまで通過しないようで、
本体の底面を触ってもよくわからなかった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

どうしてもメーカーの公称値というのは
大きいデータのシーケンシャルの値ばかりになってしまってて
あんまりアテに出来ないのは事実。

自分が今回やったのも、ほんの一部でのテスト結果でしかないし
まだ使用期間が短いので、
真の意味での快適度や、プチフリの出現頻度は不明。
この辺は、わかればまた後日掲載。

でも、
typeZiconに高速なSSDがのっかると、
本当にシャアザクみたいに速い。

次のさらなる高速なSSDは、
SLCタイプでボディカラーは金色でお願いします。


【VAIO typeT特集ページ】
【VAIO typeZ特集ページ】

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51615098
この記事へのトラックバック
・VAIO typeZに赤いSSD「G-Monster V2」を載せてみる。 の続き的というか、 VAIO typeZに“SSD”を載せてる場合に、 出来るカスタマイズをする事で、 気持ち的に快適化&SSDいたわり仕様にしてみる。 とは言っても 一応はいろんな人の知恵を借りつつだったり 使い方によっ...
VAIO typeZにSSDを載せたら、いたわりメンテナンスをしてみる。【ソニーが基本的に好き。】at 2009年05月20日 13:23
久しぶりのVAIO ZシリーズのSSD換装ネタ。 ・VAIO typeZに、Samsung製SSDを載せてみる。 ・VAIO typeZにSLCタイプのIntel製「X25-E」を載せてみる。(その2) ・VAIO typeZに最新コントローラのOCZ「Vertex」シリーズを載せてみる。「新ファーム(1275)編」 ・VAIO typeZ...
Solidata製SLCタイプSSD「K5-6T4RE」をVAIO Zシリーズに載せる。【ソニーが基本的に好き。】at 2009年12月31日 21:14
ものすっごい久々のストレージ換装ネタ。 SSD過渡期には、新旧VAIO Zシリーズに より高速なSSDを!と思って延々ととっかえひっかえ換装しまくってたけど 何しろ最近のVAIOってば、カスタマイズする時点で クアッドSSDとか最初っから爆速マシンに出来てしまったりして あん
VAIO S(SB)シリーズにSATA3.0のOCZ製SSDを搭載して爆速化する!【ソニーが基本的に好き。】at 2011年05月15日 22:19
この記事へのコメント
待ってましたよ!
レポート有難うございます、参考になります。

あれから再度リカバリーし直したら、「超高速」の
安定した物になりました。
今では不満がほとんど無いくらい快適です!

ちなみに、くんこくさんが仰った様に、RAM-DISKが
悪さ(圧迫)しており、メモリ不足を引き起こしていました。
市販の「RAM PHANTOM」を導入したら解消しましたよ!
Posted by Yoshinobu at 2009年02月13日 14:31
>Yoshinobuさん
ご参考になりましたら何よりですw

あぁ、やっぱりRAMディスクが足ひっぱってたんですねー。
快適化するかと思いきや、不具合の原因になる場合もあるのでちょっぴりやっかいですね(汗

でも、今はとても快適そうでよかったですww
Posted by kunkoku at 2009年02月13日 21:11
赤いボディとはおしゃれですね。
換装してしまえば見られない部分ではありますが気分は高まります。
さすがに赤いだけあって、すべてが3倍!!!!?
SSDも驚くほど値段が下がってきてるようですし魅力的です。

余談ですが、Zの分解後編で書き込みしたBDドライブですが
http://servicesales.sel.sony.com/ecom/accessories/web/viewItemDetail.do?operation=getItemDetail&itemID=671801&searchOperation=modelSearch&searchText=z590
こんな値段でした・・・(汗)
あー、まさかアウトレットがあるとは思いもよりませんでしたからね。
Posted by よつや at 2009年02月14日 01:40
いつも楽しくかつ参考になる記事を拝見しております。
さて、SSDに魅力を感じており、新しいTypeZのSSD搭載モデルを考えています。

購入後はメーカー標準搭載しているSSDでもやはりRAM−Phantomとかtempファイルの設定などの変更はした方がいいのでしょうか。

MLCタイプだとやった方が良いという意見が多いですが、TypeZのSSDはSLCだということなので、しなくても大丈夫なのかなとも思ったりします。
もちろん、使用頻度や使い方によっても違いはあるのでしょうけれど・・・。

どう思われますか?
Posted by 私もVAIO好き at 2009年02月14日 23:28
>よつやさん
確実なのは、Intel製かSamusun製だと思ってはいるのですが、
それでもPhotoFast製「G-Monster V2」は、内部でRAID0になってるので、使い勝手はそこそこ良いみたいですね。
(もちろん長く使ってみないとわかりませんけどね。)

BDドライブは後から換えるには相当厳しいって事ですねー。
うーん、このパーツが2万円程度で手に入れば最高にうれしいんですけど、ちょっとこの値段じゃどうにも手が出せないですね(汗
Posted by kunkoku at 2009年02月15日 10:32
>私もVAIO好きさん
いつもご覧いただいてるなんて光栄ですm(__)m

そうですね、SSDがどれだけどの頻度で使ったら壊れちゃうのか?というのはなかなか難しいですが、MLCではそのあたりを気にされる方は多いですよね。

typeZにカスタマイズで搭載できるSSDは、SamusunのSLCタイプのSSDなので、そのあたりの安心度もあって、さらに3年の保証が付いてるのがいいですよね。

ですが、今回のようなMLCのSSDだと、気持ちだけでも少し手を加えてあげたほうがいいかな?とも思いますw

と、
まさにこの記事の続きとして、書こうと思ってましたので、ちょっぴりお待ちくださいねw



Posted by kunkoku at 2009年02月15日 10:37
大変勉強になります。

現在、購入を予定しているのですがSSD(7200回転)かHDD(128G)かで迷ってます。
RAIDが絡むとリカバリーが非常に厄介な印象があります。
実際問題、何かあった際にリカバリーしやすいのはどちらなんでしょうか?
初歩的な質問かもしれませんが、御回答いただけたら幸いです。
Posted by Juventus at 2009年02月18日 18:31
すみません、間違えました。

>現在、購入を予定しているのですがSSD(7200回転)かHDD(128G)かで迷ってます。

ではなく、

SSD(128G)かHDD(7200回転)か…

でした。
大変申し訳ありません。
Posted by Juventus at 2009年02月18日 18:59
>Juventusさん
ご質問ありがとうございますm(__)m
VIAO typeZをソニースタイルでカスタマイズして、もしくは、7200回転のHDDのどちらかでお悩みという事でよろしいでしょうか?

typeZの場合、本体側でRAID構成を作っていまして、あくまでも2つのドライブでも1つとみなしていますから、リカバリ作業をする際には、特にこちら側が意識する事なくリカバリできます。

ですので、使っている分にはそこまでお気になされなくても大丈夫かな?という気はします。

たまたま今回は2.5インチHDDを2.5インチSSDに換装していますが、
こちらはあくまも保証規定外の作業になってしまいます。

その点、ソニースタイルのカスタマイズするSSDの128GB(64GBx2)はSumsunのSLCタイプのようですし、そのSSDにも3年間のメーカー保証が受けられるという意味でも、安心感が高いかもしれませんね。

ご参考になれば幸いですm(__)m
Posted by kunkoku at 2009年02月18日 19:25
御回答ありがとうございます。

>VIAO typeZをソニースタイルでカスタマイズして、もしくは、7200回転のHDDのどちらかでお悩みという事でよろしいでしょうか?

まさしくその通りです。
アウトレットで7200回転のHDDにするか、最新型でSSDの128Gにするか悩んでいます。
決して安い買い物ではないので、慎重に選ぼうと思っていた矢先に、このサイトを発見し、質問させていただきました。
気持ちは相当SSDに傾いています…
後はカミサンに土下座するだけです…
Posted by Juventus at 2009年02月18日 20:15
>Juventusさん
いえいえですm(__)m
そうですね、ご予算に余裕があればもちろん64bitVistaとSSD RAID0ですw

うわ、お気持ちわかります(笑)
ぜひ最大の関門を突破されてご購入されてくださいねww
Posted by kunkoku at 2009年02月19日 22:39
すみませんが、教えてほしいのですが、リカバリ出来ません。
リカバリディスクを作成して、HDDからSSDに交換しました。
リカバリディスクから、起動して、キーボードを日本語で、次へ
オペレーティングシステムが、何も表示されないのですが、
そのまま、次へ
VAIOリカバリーセンターを起動して、お買い上げの状態にリカバリを実行しても、エラー:403で、止まってしまいます。
ハードウェア診断ツールを実行して、CPU、メモリ、ハードディスクは、正常とでます。
Posted by マッキー at 2009年02月20日 01:46
追記です。
VAIOのサポートで、検索したら、BOISのアップデートして下さい。と出てたので、
元に戻して、VAIOアップデートして、(BOISのアップデートも)もう一度、交換しましたが、結果は、同じでした。
ブルーレイディスクでは、出来ない?
USB接続のDVDディスクでは、起動しなかった。
Posted by マッキー at 2009年02月20日 12:00
>マッキーさん
ご質問ありがとうございますm(__)m
ストレージを入れ替えてリカバリーしても途中エラーで止まってしまうという事ですね。

おそらく元のHDDに戻せば正常ですよね?

VAIOリカバリセンターまで動作しているという事は一見問題がなさそうに思えるのですが、その後にエラーですものね。

うーん。

単純な切り分け作業で判断すると、
原因がありそうなのは、リカバリーディスク自体か、やはりSSDのどちらかが怪しそうではありますよね。

まずは前者を疑ってみる必要もあるので、元HDDにもどして、もう一回DVD-R2枚にリカバリーディスクを作り直して、もう一度リカバリーにチャレンジしてみてください。

それでもダメとなると、SSDの事を心配してみないといけないんですけど。

ブルーレイディスクドライブでも問題はありませんので、
大変ですけど、もう一回トライですね。
Posted by kunkoku at 2009年02月21日 19:40
回答ありがとう御座います。
リカバリーディスクを再度、作成して、トライしましたが、結果は、同じです。
使用機種を書き忘れました。
本体 VGN−Z90S (今年のアウトレット品HDD200GB・ブルーレイディスク)
SSD G−Monster−V2 128GB (掲載品と同じ赤いヤツ)
USB接続の外付けHDDケースを買ってきて、繋いでみたら、認識しましたので、
現在、HDDから、SSDにコピーしてます。
6GBで、30分間かかってます。
いつ終わるのでしょう?
コピー完了後、SSDに交換して、起動出来るか?
結果は、報告します。
何回も、キーボードを外したので、ハメコミが、甘くなってます。
交換時間10分間です。
Posted by マッキー at 2009年02月22日 15:14
結果です。
やはり、私が、思いつくこと、VAIOのサポートの検索、ヘルプファイルの閲覧、等をしましたが、リカバリディスクでは、出来ませんでした。
ハードディスクまるごとコピーのソフトにて、HDDから、SSDにコピー(2時間20分)して、交換後、起動、成功しました。
パスワード入力まで、35秒、快適です。
これから、ここの記事を参考に環境を整えます。
お騒がせしました。
Posted by マッキー at 2009年02月22日 18:02
>マッキーさん
お返事が遅くて恐縮ですm(__)m

同じSSDだったのですね。
まるごとコピーで今回は回避されたとの事ですが、大変なお手間でしたね。
結局リカバリーができない原因がわからないのが気にはなりますが、何はともあれ最終的に動作してくれたのでちょっぴり安心ですね。
Posted by kunkoku at 2009年02月22日 22:36