2009年02月22日

[sonystyle」x「style:id」の、オズワルドを描いたゆったりデジカメポーチ。

iconicon
ウォルト・ディズニーの運営する公式サイト「style:id」と
ソニースタイルのコラボレーション企画として登場した
『style:id』ORIGINALデジタルスチルカメラポーチicon

限定1000個というこのポーチを
身内が欲しいって言うから、一応2色とも買ってみた。
(以下画像をクリックすると大きめの画像)

−−−−−−−−−−−−−



色は、
ホワイトとブラック。

生地に帆布を使っていて
そのままの素材感を生かしたままのポーチがホワイトとされていて
真っ白というよりはベージュのような色で、
黒地に、キャラクターを反転させて印刷したものがブラック。


そのケースに描かれているのは、
ミッキーマウス?ではなくて、
その原点となった「OSWALD THE LUCKY RABBIT」。

あえてミッキーマウスではなくて
この幸せなうさぎ“オズワルド”がチョイスされたあたりが
いつものディズニーテイストと違った魅力があるのかもしれない。

当然、正規アイテムの証として
ポーチの横に「style:id」のブランドを示すタグと、
ゴールドのチャームの金具がついたストラップが
ジッパーにつながっている。


大きさは、
縦が10cm、横が14cmで、
底面部分に3cmの余裕を持たせていて
上部に行くにつれて少し狭まっていくスタイルで、
デジカメ用というのはかなりゆったりめ。

ポーチ自体はその帆布だけで出来ていて
内面にクッション材のようなものは入ってなくて
本当に素のポーチという感覚。

中には、
一応、これまたゆったりめのポケットが2つ設けてあって
バッテリーやメモステといった小さめの予備品を
仕分けて入れるのに使えそう。


実際に、
提案されているとおりにデジカメを入れてみる。

収めてみたのは、タテヨコサイズが大きめのDSC-T700。
(新型のDSC-T900iconとほぼ同サイズなので大体似たようなイメージで。)

これがまたポーチの中で動けるほど余裕がありまくりで、
デジカメだけだと本当にさびしいほど中がガラガラ。

予備バッテリーだとかメモステだけとは言わず、
バッテリーチャージャーも一緒に入れても
それでもまだ余るほどの大きさ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

iconicon
このポーチって、
デジカメポーチというネーミングが付いてはいるけど
これだけ自由度があると
無理にデジカメじゃなくても、ケータイでも何でも
好きなものを入れてしまえば良い。

ただ、
この作りの雰囲気を見てもわかるように
さすがに固い物とかをポーチに思い切りぶつけてしまうと
中にそのままダメージが伝わってしまうので、
入れるモノによっては
ちょっと気遣いしてあげたほういいかもしれない。

欲しいと言った本人は、
そもそもこれをデジカメ用として使う気はなくて
コスメポーチとして使いたいらしい・・・




【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51620738