2009年03月05日

Windows Vista SP2のRC版が一般公開されたのでVAIOに入れてみる。



ついこの前、Windows Vista ServicePack2は、
今年の第2四半期にリリースされる予定というニュースを見たかと思ったら
開発者向けとして公開されたRC版(リリース候補版)が
今日いきなり一般公開された模様。

・Windows Vista SP2 RCが一般向けにリリース:ITmedia
・Windows Vista/Windows Server 2008の「SP2 RC版」一般公開

一応、公にServicePack2では、
ServicePack1以降のリリース済みのアップデートの蓄積提供と
処理速度、安定性、信頼性の向上と
以下のサポートなどを含むとされている。

・Windows Search 4.0の追加。
・Bluetooth 2.1 Feature Packの追加。
・Blu-rayディスクへの書き込みをサポート。
・Windows Connect Nowの追加。
・スリープ復帰後の無線LAN接続性の向上。
・exFATファイルシステムにおけるUTCタイムスタンプ対応。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

もちろん劇的な変化はないとしても、
動作が安定してくれるならうれしい事はないと思って
早速手持ちのメインマシンの
VAIO typeR mastericonVAIO typeZiconに入れてみた。


現状は、
以下サイトからダウンロードして入れられる。
(β版を入れてる場合は削除が必要。)

・Windows Server 2008 Service Pack 2 Release Candidate および Windows Vista Service Pack 2 Release Candidate (5 言語用スタンドアロン版)(KB948465)

・Windows Server 2008 Service Pack 2 and Windows Vista Service Pack 2 RC

ダウンロード容量は、約338.2 MB。

これをダウンロードして実行すると
注意事項と同意を求められるので、
肯定して前に進むとインストールの開始。


1時間くらいかかるよ、と書いてあったけど、
ServicePack2をインストールするのに実際にかかった時間は、
HDD RAID0のVAIO typeR mastericonで約30分、
SSDのVAIO typeZiconで約25分程度で
以外とあっさりと適用終了。

適用後に詳細を見てみると、
Windows Vistaのバージョンは、“ServicePack2,v.113”となっていた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−


えーと、
VAIO typeR mastericonも、VAIO typeZiconも、
Windows Vistaベースでも、元々パフォーマンスが異常に高かっただけに
適用直後に触った限りだと、さっぱり違いがわからないような・・・

うーん、
Windows7βみたいに、Windows Vistaの評価を
最高点5.9評価から7.9評価へと引き上げてくれるくらいの
サービスがあるとうれしかったかも。
(typeRmasterは全部5.9で頭打ちしてるからその先が気になって。。)

VAIO typeR mastericonに、
今はまだBlu-rayディスクドライブを搭載させてないけど、
ネイティブ対応してくれたんだったら、
内蔵ドライブも安くなってきたし、そろそろ載せてみようかな?
という気分が盛り上がり中。

と、
忘れちゃいけないのが、
非力マシンにServicePack2を入れたら、
もうちょっとはマシな動きになってくれるのかなと思って
VAIO typePiconにもインストール中。

だけど、これがまたものすっごい時間がかかってて
いまだに終わりそうにないのでこっちはまた後で。

【VAIO typeT特集ページ】
【VAIO typeZ特集ページ】

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51626532
この記事へのコメント
Vaio Pに導入しましたがFFベンチ見る限りでは
変化はあまり無いです
Posted by KGA at 2009年03月05日 20:51
>KGAさん
やっとこちらでもtypePに入れ終わりましたが、
うーーーーん、特に変わった様子はないですね(^^ゞ
Posted by kunkoku at 2009年03月06日 12:17