2009年03月06日

PSP-3000の新色CARNIVAL COLORSのバイラントブルー。

iconicon
鮮烈な色をしたPSPの
「CARNIVAL COLORS (カーニバルカラーズ)」の4色のうちの
1つであるバイブラント・ブルーの実機を見せてもらったので
その雰囲気だけでもという事で画像をアップ。

−−−−−−−−−−−−−−−−


PSPプレイステーション・ポータブル「PSP-3000」icon
ソニースタイル販売価格:19,800円(税込)

このバイラント・ブルーは、
明るい光沢のあるブルーを塗装の上に、
さらにクリアコートを施して
ツヤと透明感のあるボディに仕上がっている。

コンセプトが“華やか”というだけあって
ブルーの発色が非常に高くて、
見る角度と光の加減によっても、その青の深さが変わってきて
web画像で見るよりも実物を手にとってみると
それはもう鮮明さが伝わってきて
しばらく見ていたくなるほどに美しい。


正面からの画像だけではわからなかったけど、
PSPのちょうど真ん中に走るアーム部分はつや消しの暗めシルバーで、
LRボタンはクリアパーツという構成。

○X△□ボタンや十字ボタンもクリアパーツになっていて、
下地のブルーが透けて見える
というPSPお決まりの配色パターン。


UMDディスクトレイをイジェクトしてみると、
ベースに使青地の成型色の素材が使われているのもわかる。

自分の持っているミスティックシルバーの
PSP-300と比べても
まるで別物のような雰囲気の違い。

PSP-2000時代のカラバリは、
ブルーメシリーズに代表されるような
どっちかというと淡いカラーリングが多かっただけに、
これだけはっきりと色を主張したくらいのほうが
ポータブル機としてはおしゃれなのかも。

−−−−−−−−−−−−−−−−

それと、
今回の「CARNIVAL COLORS」の良いところは
オプションで、専用のカバー付きの大容量バッテリーがあったり、
専用の同色ポーチがきちんと用意されている事。

例えば、
モンハンポータブルを長時間プレイしたいと思ったら
大容量バッテリーは必須だし、
その時に本体の背面の膨らんでしまうカバー部分も
きっちりと同じ色で合わせられるし。

この4色のカラーバリエーションは、
今までにない鮮烈な色だからこそ
PSPの買い替えだとか買い増しするにしても、とても新鮮に映る。

ちなみに
コレ買った人物は通算8台目だそうで・・・


iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51626799