2009年04月17日

アクトビラに対応した新BRAVIAや新BDレコーダーの先行予約販売開始!

4倍速やアクトビラ・フル、
AVC対応のルームリンクを搭載した新BRAVIA、
アクトビラ・ビデオ・フル/ダウンロードに対応した新BDレコーダー、
新シアタースタンドシステムなどが
ソニースタイルで、一斉に先行予約販売開始。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

【BRAVIA W5シリーズ】icon
iconicon
「KDL-52W5」(52型)
ソニースタイル販売価格:449,800円(税込)
(ソニーポイント:15,000円相当プレゼント)

「KDL-46W5」(46型)
ソニースタイル販売価格:369,800円(税込)
(ソニーポイント:11,000円相当プレゼント)

「KDL-40W5」(40型)
ソニースタイル販売価格:289,800円(税込)
(ソニーポイント:9,000円相当プレゼント)

【BRAVIA F5シリーズ】icon
iconicon
「KDL-46F5」(46型)
ソニースタイル販売価格:349,800円(税込)
(ソニーポイント:11,000円相当プレゼント)

「KDL-40F5」(40型)
ソニースタイル販売価格:269,800円(税込)
(ソニーポイント:8,000円相当プレゼント)

「KDL-32F5」(32型)
ソニースタイル販売価格:149,800円(税込)
(ソニーポイント:5,000円相当プレゼント)

ソニー独自の高画質回路も「ブラビアエンジン3」や
動きの早いシーンでもなめらかに再現できる
4倍速「モーションフロー240Hz」を搭載しつつ
アクトビラ・フルやルームリンクがAVCに対応した
ネットワークに強いBRAVIA W5シリーズとF5シリーズ。

ベゼルの薄いデザインが印象的だったBRAVIA F1シリーズと
「モーションフロー240Hz」が搭載されたBRAVIA W1シリーズとが
融合したのが今回の新モデルで、
W5シリーズとF5シリーズの違いは、
チューナーがシングルかダブルかという事と、
ベゼルのデザインの相違という事になる。

また、
W5シリーズには、40型、46型、52型
F5シリーズには、32型、40型、46型
というサイズのラインアップになる。

−・−・−・−・−・−

【ブルーレイディスクレコーダー】icon
iconicon
「BDZ-A950」(500GB)icon
ソニースタイル販売価格:168,000円(税込)
(ソニーポイント:2,000円相当プレゼント)

「BDZ-A750」(320GB)icon
ソニースタイル販売価格:138,000円(税込)
(ソニーポイント:2,000円相当プレゼント)

Lシリーズのビデオやカメラの取り込みや、
従来のAシリーズのPSPやウォークマンに転送といった機能を持ちながら
さらに
インターネット経由の映像配信サービス「アクトビラ ビデオ」に
対応した機能全部入りのBDレコーダーが「A950」と「A750」。

現時点で
出来る事全てをカバーしているレコーダーなので
このモデルをチョイスしておいて間違いはない。

2機種のモデルの違いは、
HDDが、500GBか320GBかの容量の違いのみ。

−・−・−・−・−・−

【シアタースタンドシステム】

icon
シアタースタンドシステム「RHT-G1550」
ソニースタイル販売価格:150,000円(税込)
(ソニーポイント:10,000円相当プレゼント)

icon
シアタースタンドシステム「RHT-G950」
ソニースタイル販売価格:110,000円(税込)
(ソニーポイント:8,000円相当プレゼント)

BRAVIAを載せるAVラックに、
5.1チャンネルのサラウンドシステムが組み込まれた
シアタースタンドシステム。

周囲にスピーカーを何本も立てなくても
きちんと包み込まれるような音場を再現できる。

「RHT-G950」に関しては、
以前のモデルよりもコーナーがカットされたデザインになっため、
部屋の角に置いたとしてもより奥へと詰められるようになったり
キャスター付でちょっとした移動も出来るようになった。




【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL