2009年05月20日

Windows7のSSDへの対応に関する記事を読んで学習。



Windows7のSSDへの対応について書かれている記事をみて
とても勉強になった事。

・欠点を克服、
 SSD本来のパフォーマンスを引き出す「Windows7」:マイコミジャーナル

・元麻布春男の週刊PCホットライン
 Windows 7のSSD対応追加情報:PC Watch


Windows7って、自動的にSSDを認識して
HDDとは違う設定になって
より効率的な使い方に変更されると聞いてたのに、
VAIO typePiconをWindows7RC化してると、
どうも適用された様子がなかった。

おそらく、記事中にもかかれているけれど
Microsoftでは、Windows7はSSD対応をうたいつつも、
まだ?うまくその整合性がとれていないようで、
現時点では、
SSDを搭載したモデルには、Vista同様に自力で
メンテナンスをしてやる必要があるのだろうと思わせられた。

まぁこれは時間が解決してくれるだろうという事で、
逆に、よく理解できたのは、
SSDが認識された場合、
HDDでは有効になっている機能が無効になるもの。

ランダムリード性能が8MB/secを越えるデバイスについては、デバイスをSSDだと判定し、自動デフラグを無効にする(ついでにスーパーフェッチ、ブートプリフェッチ、アプリケーション起動プリフェッチ、ReadyBoost、ReadyDriveもすべて無効化される)。


ランダムが8MB/secを越えると
無効化されるものがサラっと書かれていて、
今まで自分の中では、
スーパーフェッチは残しておいたほうが良いんじゃないか?
とも思っていたけど、
プリフェッチを含めて無効化しても良いのかなと。

・プリフェッチを無効にする :msdn
・MS-DOSの“8.3形式”ファイル名の自動生成をやめる:nikkeiTRENDY

それを含めてSSDに余計な書き込みをしているであろう
項目もいくつか散見していたので、
レジストリから無効化する方法を以下の記事を訂正&追加しておいた。

・VAIO typePにWindows7RCをクリーンインストールして快適化。(後編)
・VAIO typePのVistaの設定をいじくって快適化計画。
・VAIO typeZにSSDを載せたら、いたわりメンテナンスをしてみる。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−


それと、
上記とはまるで関係がないけど、
docomoの「FOMA HIGH-SPEED」の上り最大5.7Mbpsに高速化された
HSUPA対応のモジュールを内蔵したノートPCが
パナソニックから先駆けて発表されていた。

・パナソニック、HSUPA対応のワイヤレスWAN内蔵「Let'snote F8/W8」:PC Watch

通信ユニットは既に発表されていたものの
これだと、
既にノートPC内蔵向けのモジュールが出来上がってるという事になる。

iconicon

そうすると、
最近、VAIO typeZiconとかVAIO typeTiconをカスタマイズする際に、
ワイヤレスWANが「販売終了」になっているのは、
そういった含みがあるのか?
とか深読みをしたくなる。

うーん、ぶっちゃけ
このモジュールが単体で出回ってくれたりしたほうが
うれしかったりするんだけど。。


【VAIO typeP特集ページ】
【VAIO typeT特集ページ】
【VAIO typeZ特集ページ】

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51665686