2009年05月22日

快適ブラウザ「Google Chrome 2.0」が正式リリース。


Webブラウザ「Google Chrome」に2.0正式版が一般公開。

・Googleが実現させたシンプルで高機能なブラウザ「Google Chrome」

3月に2.0β(2.0.169.1)が公開されていたけれど
今回が正式版の2.0(2.0.172.28)。

1.0と比べて
WebKitとJavaScriptが最新版になった事で30%の高速化、
タブを複数開いた場合でもJavaScriptの速度を維持、
300以上にのぼるバグの修正となる。

その他にも、
ズーム機能を使った時にレイアウトが崩れなくなったり
[F11]キーを押してブラウザを全画面表示したり
タブをウィンドウの枠にドラッグ&ドロップすると
2画面表示したりといった機能が追加。

詳しくは、以下。
・VAIO typePに、Google Chrome 2.0を入れてイージーブラウズ。


−−−−−−−−−−−−−−−−−


2.0になってもうひとつ
進化している部分を発見。

Windows7RC版を入れたVAIO typePiconで、
Google Chrome 1.0を利用した場合、
Windows7特有の、
ウィンドウをドラッグして上画面にくっつけて全画面だとか、
左右の端にひっぱって、左右画面半分に表示といった機能が
使えなかった。

それが、2.0にバージョンアップすると
利用できるようになっていた。

Google Chromeでは、
「ウィンドウを左右に並べて表示」が機能してくれないのだけど
(2.0になっても使えない)
このWindows7のウィンドウ操作が使えさえすれば
VAIO typePiconの小さくて扱いづらいポインタでさえ、
ウィンドウをつかんで
上か左右にえいっ!と持っていけば
いとも簡単に画面を自動調整してくれるのでこれは楽。


実際、
高速化したといわれるInternetExproler8.0よりも
数段レスポンスが良くて、
VAIO typePiconでもかなりキビキビ動いてくれる。

他のブラウザと併用して使ってはいるけど、
Google Chromeはやっぱりお気に入り。


【VAIO typeP特集ページ】
【VAIO typeT特集ページ】
【VAIO typeZ特集ページ】

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
不思議・・・
記事タイトルが、TOPからでは
”Chrome 2.0」が正式リリーズ。”に見えるんだけど

記事をひらくとちゃんと”Chrome 2.0」が正式リリース。”と見えます

ふしぎ・・・w

IEは「8」になっても遅い(他ブラウザにくらべて)のかも・・・ww

(そういう自分はやはりFirefox使いですが)
・・・いったんFIREFOXに慣れちゃうと他はちょっと尻込みするかも ^^;
Posted by けいじゅ at 2009年05月22日 18:54
>けいじゅさん
うわ、それはたぶん私のミスです(汗
早速直しておきます!

IE8は、IE7に比べて速くなったんだと思います(笑)

いえいえFireFoxを愛用してらっしゃる方のほうがはるかに多いですからw

たまたま自分はGoogle周りを使ってたので、
ついでにChromeも使ってるって感じですw
Posted by kunkoku at 2009年05月22日 21:52