2009年07月07日

ソニエリ製Androidベースのスマートフォン“Rachael”の噂!


ソニエリのAndroidケータイは、
来年くらいのリリースとか言われてたから
ノンフォローだったら、いきなり噂が再燃。

・ソニーが開発中のAndroid搭載スマートフォンや謎の携帯電話の詳細が明らかに:Gigazine
・Sony Ericsson "Rachael" Android XPERIA handset unveiled?:engadget
・Eksklusivt: Mobil afslører Sony Ericssons første Android-mobil

ソニーエリクソンとしては、初のAndroidベースのスマートフォンとして
今年発表される予定で、
既発売の「XPERIA」シリーズの1機種として登場する予定。

コードネームは“Rachael”と呼ばれ
Qualcomm製のQSD8250 Snapdragonプラットフォームを採用、
1GHzのプロセッサーに
通信速度最大7.2MbpsのHSPAに対応、
3Dグラフィックの性能も高いと書かれている。

内蔵されたカメラは、
オートフォーカス付きの800万画素。

端末の端には、
ミニUSBコネクタや3.5mmのジャックが確認できる。

正面からみた画像は
まさに「XPERIA」をイメージさせながらも
そのかわりキーボードは搭載されていないようで
4インチ(800×480)という大きいディスプレイで
無論タッチパネルになっていて
iPhoneと同様のオペレーションになりそうな雰囲気。


ちなみに、
同じくソニエリから「kiki」というコードネームの
スマートフォンも開発中。

かなり特殊な形をしていて
本体はスクウェアデザインでテンキーは隠れていて
かつディスプレイ部分をよく見ると
奥まった中で表示されているようにも見える。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

GoogleのAndroidを搭載したスマートフォンは、
今年中に続々登場してきて、
アプリがわんさか出てくるのだと期待しているのだけど、
いまのところ
国内ではHTC製のAndroidケータイ1機種のみだし
アプリが増えている様子も見受けられない。

そういった意味では
ParmPreや、Windows Mobileも同様で
今はまさにiPhoneの独壇場。

出来ればもっとこう
それぞれが競い合ってくれたほうが
ユーザーとしてはもっとワクワクできるのだけど、
それはまだもうちょっと先の話なんだろうか。

なんて事を考えてながらも、
ひとまず、この“Rachael”の画像を見ると
ソニエリらしい「XPERIA」譲りのスタイリッシュなデザインは
かなり魅力的ではあるし、
国内で使えるスマートフォンとしてとっても出てきて欲しい気がする。

おそらくは
国内ならauでって事になるのが妥当なとこだろうけど
個人的にはdocomoの通信環境で使ってみたいなと思ったり。


iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51688916
この記事へのトラックバック
最近、いろんなブログを見ていて、 不思議に思うことがある。 FXで損ばっかりしている人。 しかも、その取引内容を恥ずかしげもなく ブログで公開している。 勝てる勝負で勝てない自分が、 どれほどダメなのかわかってないのかな? それとも、羞恥プレ...
勝てる勝負で勝てない不思議。【億万長者の独り言】at 2009年07月08日 22:11