2009年07月16日

HSDPAエリアで使えるモバイルルーターがNTTBPから発表!


NTTブロードバンドプラットフォームから
ワイヤレスLANとHSDPAに対応したいわゆる
モバイルルーター「Personal Wireless Router(以下PWR)」を発表。

・Personal Wireless Router:NTTBP
・SIMスロット+6時間バッテリー搭載の「どこでも無線LAN」機器、NTTBPが開発:ITMedia

HSDPA(3G/EDGE/GPRS)や公衆無線LANサービス、自宅のLANにつないで
ワイヤレスLANのアクセスポイントとなって
自分の持ってるPCやPSP、ニンテンドーDSやiPodにいたるまで
ワイヤレスLANでつなげるものであれば、
どこでもつなげてしまうという超便利グッズ。

PWR自体は、
幅約6mm×高さ約95mm×奥行き約17.4mmで、
重さも約120グラムと比較的小さい大きさで
これに直接SIMカードを挿す格好となるので
持ち運びもコンパクトで楽。

接続先も、
優先順位を付けた順にPWR側が自動的に選んで接続してくれるので
屋内外を気にせずシームレスに使えて、
かつバッテリーを内蔵しているので
連続で6時間までなら外出先でも通信が可能。

将来的には、
モバイルWiMAXまでも対応を目指すとも言われている。



発売は、2009年内を予定していて
まずは、
フィールドトライアルという形で
8月下旬から10月31日まで利用してもらえるモニターを募集中。

条件としては、
NTTの「フレッツ光」を契約している個人に限られる。

−−−−−−−−−−−−−−

「モバイルルーター」というと、
既にEMBILEやWilcomで使えるタイプが出てて、
ものすごく便利そうだなと思いつつも、
自分の使う場所だと利用エリアが範囲外な場所が多くて
実用しようと思うまでにはいたらなかったけど、
これなら
docomoのFOMA HIGH-SPEEDエリアが利用できるから、
日本全国のかなりの広い範囲で使えるし
かつある程度の高速通信も見込めるので個人的には非常に魅力的に映る。

ので、
ひとまずはモニター募集してみた。

iPhoneがティザリングに対応してくれたら・・
とも思ったけどそれは今現在では対応していないし
そもそも、SoftBankの3Gエリアと通信速度を考えたら
PCでネット接続用として使うには厳しそうだし・・
と考えると、
docomoのFOMA HIGH-SPEEDエリアが丸ごと使えてしまうPWRには
ちょっぴり期待。


【VAIO typeP特集ページ】
【VAIO typeT特集ページ】
【VAIO typeZ特集ページ】

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51692680