2009年07月22日

Intelから34nmプロセスとなった新しいSSD「X25-M、X18-M」発表!


Intel製の新しいSSDが正式発表!

・Intel Delivers Industry's First 34-Nanometer NAND Flash Solid-State Drives; Advancement Lowers Prices by Up to 60 Percent

Intelから製造プロセスが34nmになったSSDが
近いうちに出てくるよ的な噂はあったものの
まだもう少し先なのかも?
と思ってたらいきなり今日発表&発売で度肝を抜かれた・・・

やっかいなのはネーミングで
従来のモデルと同じ2.5インチのSSDが「X25-M」、
1.8インチのSSDが「X18-M」と同じという事。

容量にしても
80GBと160GBという2種類のラインナップも同様。

今回の新モデルの焦点としては
MLCタイプのSSDとして、
従来の50nmプロセスから34nmプロセスへと変更されたという点。


その恩恵は製造ラインによるところで
ちょうど1年ほど前に発売された時の価格からすると
最大で60%もコストダウンになってるよというものの
従来モデルも今はすっかり価格が落ちてしまったので
その違いはほとんどない。

シーケンシャルの性能としては
読み込み最大250MB/sec、書き込み最大70MB/sec
というあたりを見ると
これまた従来モデルとまるっきり一緒ではあるのだけど
ランダム性能が向上しているらしく
リードレイテンシは約25%高速化して65μs、
IOPSの値が4KBランダムライトが最大6600IOPS、
ランダムリードが最大35000IOPSにもなる。

さらに、
Windows7にあわせてTrim機能に対応した最新ファームウェアや
Windows XPやVista上でもSSDの性能を最適化するツールも公開予定。


−−−−−−−−−−−−−

2.5インチの新「X25-M」はあわててオーダーしたので
おそらく7月中には触れる予定。

で、
1.8インチの新「X18-M」の販売予定は2009年第3四半期。

普通だったら
1.8インチの新しいSSDの登場に嬉々とするところなんだけれども・・・


えぇ・・・


あの・・・・


こんなに早くに発売されるとは知らず・・・


・・・


・・・



つい1週間前に
50nmプロセスの「X18-M」を買ってしまったじゃないか!

それに2枚も・・・

以前のリベンジがしたくて
「VAIO typeZ」iconのRAID 0モデルに組み込んだら
どれだけのパフォーマンスが出るか試してたくて買ったのに
数ヵ月後には
さらにランダム性能が上がるヤツが出てくるかと思うと
相当ヘコむな。。


・2.5インチSSDを2コ使って、VAIO typeZでRAID0にチャレンジ(失敗編)

【VAIO typeP特集ページ】
【VAIO typeT特集ページ】
【VAIO typeZ特集ページ】

iconicon

【TOPページへ】




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51695413
この記事へのトラックバック
TOEFLに限らず、その他の試験や仕事、日常生活においても重要なポイントというものがあります。 そして、試験を対象にした場合、もっとも重要なポイントとなるのが、『採点基準』であることは明白です。 そのポイントを知っているか知らないかで、同じ実力でも結果...
TOEFLを攻略するためのポイント【TOEFL攻略大全】at 2009年08月27日 10:25