2009年08月26日

省スペースに手軽に高画質と高音質を楽しめるBlu-Rayディスクプレーヤー「BDP-S360」

iconicon
ソニーのBlu-Rayディスクプレーヤーの
エントリー向けとなるモデルが登場。

・進化した高画質・高音質技術を奥行き約207mmのコンパクトな本体に搭載
BDもDVDも手軽に楽しめるブルーレイディスクプレーヤー 発売


既発売のBlu-Rayディスクプレーヤー「BDP-S350」の
後継モデルとなる「BDP-S360」。


まず、「プレシジョンドライブHD」が進化。
ディスク読み取り時のドライブ内の温度上昇を抑えて
光学ブロックの温度を安定化、
BD用とCD/DVD用に専用のピックアップレンズを2基搭載して
それぞれに特化された事で
読み取り精度をさらに向上させた事で
ディスクに記録された映像と音声の情報を忠実に読み取る事で
より高画質・高音質再生を実現。

「プレシジョンシネマHDアップスケール」では
DVDのような解像度が少ない映像も
独自のアルゴリズムでアップスケールして
上下に加えて斜め方向の画素も補間をする事で、
大画面で見ても非常にクリアな映像として視聴する事ができる。


そのほかにも
HDMIで接続した場合には1080/60pや24pといった画質に対応させて出力したり
DeepColorやBD-Live、ブラビアリンク機能にも対応。

音声部分にしても
ドルビーTrueHD、DTS-HD Master Audioのデコードに対応して、
音声信号をリニアPCMに変換して出力する事も可能になったのは
このモデルから。

ソニーのシアターラックのようなHDオーディオ非対応のアンプに接続しても
可逆圧縮技術するので音声データを美しい音声に戻して再生が可能になる。

サイズ的にも
奥行き約207mm、高さ約56mmとコンパクトになったので
ラックの空スペースなどに手軽に設置できるようになった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

iconicon
Blu-Rayディスクプレーヤー「BDP-S360」iconは、
ソニースタイルの販売価格で29,800円(税込)。

もうすぐ発売されるPlayStation3「CECH-2000A」iconが29,980円(税込)。

薄くなったしネットワーク経由でBDレコーダーの中身を再生できたり
ゲームもできたらPS3のほうがいいんじゃ?
という突っ込みは置いておいて、
やはりどんなシチュエーションでもPS3が良いというわけではなくて
シンプルにBDでのシアターを楽しみたいという向きには
こっちのBlu-Rayディスクプレーヤーのほうが良い場合もある。


【デスクトップVAIO特集ページ】
【VAIO typeP特集ページ】
【VAIO typeT特集ページ】
【VAIO typeZ特集ページ】

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51710619
この記事へのトラックバック
最近の世の中では、TOEICの得点が求められる場面はよくあります。 大学の入学でも、就職でも、出世でも、海外勤務でも、様々な場所で一定の得点が求められます。 かといって、「英語の勉強」をする必要のは無駄だと思います。 なぜなら、「TOEICで高得点を取る方法...
TOEICで高得点を取るために英語を勉強するのは無駄?【TOEIC研究所】at 2009年08月27日 10:28