2009年09月02日

3DブラビアとかPS3用のモーショーンコントローラーとか行き交う情報。


最近浮上したソニーがらみの新ネタを3つ。

・「ソニー、間もなく3Dテレビを発表」の報道:IT Media
・Sony to debut 3D BRAVIA TVs by end of 2010, also eyeing 3D VAIOs, Blu-ray films, and PS3 games?:engadget

ズバリ、3Dに対応したBRAVIAを発表して
さらには、VAIOやPS3、Blu-rayプレーヤーにも
随時対応させていくというもの。

すでに、ソニーやパナソニックなど各社で
3Dに対する規格を統一して、
来年あたりから出てくるかも?みたいな話はあったので
あながちはずれた情報ではなさそうで。

確かに映画館でやってる「デジタル3-Dシネマ」とかは
そのために設備が作られているものだから
かなり見てみたいという気持ちになるのだけど、
後は、
それが家庭用で同じように再現できるのか?という事と
見たいと思える3Dコンテンツが今後永続的に出てくるのか?
というのが肝かなと。

・デジタル3-Dシネマ:ワーナー・マイカル・シネマズ

普通の平面画像をその場しのぎのなんちゃって3Dにするだけなら
ちっとも欲しくないけど、
きちんと元から3Dを前提とされたもので作られた
3D対応の映画とかゲームとかが将来的に出てくるのだとしたら
それはそれでおもしろそうではある。

まだあまり実感が沸いてこないけど。

−・−・−・−・−・−



それよりももっと具現化されてるのが
PS3用のモーションコントローラー。

・PS3のモーションコントローラーはアナログトリガー付き ソニーが明らかに:IT Media

PS3発売当初から、参考技術的に何度か紹介された事はあったけど
これがかなり現実化を帯びているようで。

ぶっちゃけWiiリモコンと似たような挙動で
モーションコントローラーを手にもって振ると
それに呼応して画面内で同じように動作するというもの。

Wiiリモコンとの若干の違いは、
内蔵センサーに加えてカメラでそのモーションコントローラーの位置を
より正確に捕らえるという点で
よりリアルな操作が出来るのがウリになるらしく、
早ければ2010年春には登場予定。

上記の記事を読んだだけでも
これはゲーム次第でかなーりおもしろくなりそうな予感で
素で楽しみ。

おそらく、
ライトセイバーとビームサーベルにはなりそうだなと。

というか、
PlayStation Eyeを使った「THE EYE OF JUDGMENT」
もっと流行ると思ったのにちっともその兆しがなくて
ガックリだった事もついでに思い出した・・・

・大人がハマるカードゲーム「THE EYE OF JUDGMENT」


−・−・−・−・−・−



ついでにアメリカで
GoogleがソニーのVAIOにブラウザアプリの「Google Chrome」を
プリインストールする契約を結んだという話。

・Googleがソニーと提携、VAIOにChromeブラウザをバンドル:IT Media
・Sony adopts Chrome as default browser for VAIO line:engadget

英文記事だけを見た瞬間、
Google Android搭載PCがVAIOで出てくるのかと思いそうになったけど
VAIOに「Google Chrome」をプリインストールするかどうか
というだけの内容だった。

シェアとしては思ったほどメジャー化?してないのかもしれないけど
自分としては「Google Chrome」はかなり重宝して使ってるブラウザで
特に、非力なVAIO typePiconVAIO Wシリーズiconには非常に有効。

Windows7になったらメールソフトだって入ってないから
だったら、GmailとかGoogleカレンダーといった
クラウドサービスを使うのが当たり前のようになってくるし
GoogleMapsやらYoutubeなんて今はもうweb標準アプリ状態だし
何かとGoogleのお世話になる事は多くて。

でもまぁ
ビジネス用のツールとしてクラウドサービスに全権を委ねていくと
こんな事もあるから恐い部分もあるのだけど・・・



【デスクトップVAIO特集ページ】
【VAIO typeP特集ページ】
【VAIO typeT特集ページ】
【VAIO typeZ特集ページ】

iconicon

【TOPページへ】




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51713911