2009年09月09日

2.4GHzデジタル無線伝送の7.1chデジタルサラウンドヘッドホン「MDR-DS7100」。

iconicon
ソニーから7.1chデジタルサラウンドヘッドホン「MDR-DS7100」を発表。

従来モデル「MDR-DS7000」のマイナーチェンジ版。

デジタルサラウンドヘッドホンシステム「MDR-DS7100」icon
ソニースタイル販売価格:29,800円(税込)

2.4GHzデジタル無線伝送を利用した
ワイヤレスのサラウンドヘッドホン。

赤外線方式のように、
ヘッドホンと送信機の間に障害物があると
音声が途切れてしまうけれど
ワイヤレス方式なら自由に動き回っても確実に
かつCD並みの高音質で伝わるのが利点。

届く距離は最大で30m、
電波干渉を受けそうになった場合でも
自動的にチャンネルを変更して音途切れを防いでくれる。

ヘッドホンは、
ドルビープロロジックIIxに対応、
ソニー独自の新Virtualphones Technologyを搭載して
多チャンネルの音源を擬似的に7.1chの音場を体感できる。

入力音声は、ドルビーデジタル、ドルビーデジタルサラウンドEX、
DTS、DTS-ESマトリックス、DTS-ESディスクリート、MPEG-2 AACに対応。
SCEのサウンドデザイナーが監修したゲームモードも搭載。

新モデルとなって進化した点は
ドライバーユニットが大口径50mmへと大型化、
低反撥ウレタンフォームを採用して
耳周りにぐっと沈み込む装着感が向上している。

充電時間は3時間で、連続で約13時間使用可能。
急速充電30分の場合は、連続約4時間使用できる。

聞こえづらいセリフをヘッドホン側で調整する
センターチャンネルのレベル調整ができるたり
付属のACアダプタを使ってどこでも充電できる。

別売のヘッドホン「MDR-RF7100」を増やせば
みんなで思い思いに部屋の中をウロウロしながら
それぞれにベストなリスニングポジションを保ったまま
音声を楽しむ事ができる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

こういったデジタルサラウンドヘッドホンがあると
AVアンプとスピーカーといった設備を用意しなくても
簡単にBlu-Rayソフトを迫力のある音場で楽しめるし、
夜中に隣の部屋の人に迷惑かけちゃいけないとか
子供が寝てるのに起こしちゃいけないとか
いろんなハードルがあっても
これならそんな事を気にせず楽しめる。


iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL