2009年10月02日

PSPとPSP Go用のPCアプリ“Media Go”が1.2へバージョンアップで本格稼動。


10月に入って、
PSPはシステムソフトウェア バージョンを6.10へ、
PC用管理ソフト“Media Go”は、バージョン1.2へと
アップデート。

−−−−−−−−−−−−−−−

●PSPシステムソフトウェアアップデート6.10



・PSPシステムソフトウェアアップデートについて:SCE

今回更新される主な機能としては、
クロスメディアバーに、「SensMe channels」を追加。

“Media Go”からPSPに転送した音楽ファイルを
ソニー独自の12音解析技術を使って解析して
「リラックス」「ダンスフロア」といった12コの
チャンネルに自動的に分類、
シチュエーションにあわせた音楽だけをチョイスして
音楽を聴くという事ができるようになる。

また、
“Media Go”で作成したプレイリストを取り込んで
PSPでそのまま聴く事もできる。

この機能は、“Media Go”のバージョンを1.2以上にする必要がある。

オマケとして
ゲームのオプションに[アップデート]が追加されていて
ネットにつないで、ゲームのアップデートデータがあるかを
いつでも確認できて
そのついでにダウンロードとインストールも可能になる。

−−−−−−−−−−−−−−−

●Media Go バージョン 1.2



・Media Go バージョン 1.2:SCE

まず、
“Media Go”の存在がまだ希薄なのでその概要を。

−・−<Media Goうんちく>−・−
PSP以外にも、ソニエリケータイとかSony製の携帯機器を管理するPC用アプリ。
PSPとPCをUSBケーブルで接続して使う。

“Media Go”から「PlayStation Store」にアクセスして
欲しいゲームをダウンロード、
そしてゲームをPSPに転送するとか、
PSPのセーブデータをPCに転送してバックアップができる。

仮に大量のゲームをPCにダウンロードしておいて
遊びたいタイトルだけをPSPに転送するといった事が可能になる。

また、音楽や動画を管理しつつ
それらをPSPへ転送して楽しむといった事も可能。

対応ファイルは以下
オーディオ: .3gp、.flac、.m4a、.m4b、.mp4、.mp3、.wav、.wma
ビデオ: .3gp、 .avi*、.m4v、.mnv、.mp4、.mov、.o4v、.odf、.qt、.wmv
画像: .bmp、.gif、.jpe、.jpg、.jpeg、.png、.tif、.tiff


−・−・−・−・−・−・−・−


そして、
今回バージョンが1.2になった事でその使い勝手が大幅に向上。
主なものは以下。


−・−<Media Go バージョン1.2の概要>−・−
新たに、「PSP Go」icon
Sony Ericsson製の「Satio」「Aino」「Xperia Pureness」に対応。
(とは言っても現時点ではどれも日本未発売・・・)

“Media Go”の音楽プレイリストがPSPで可能になる他、
「SensMe channels」データをPSPで利用できるようなる。

“Media Go”内にあるゲームを有効期限別に表示できるので
ゲームの有効期限情報をライブラリの中で確認ができる。

ライブラリ ウィンドウのフォト セクションで、
[左に回転] または [右に回転] ボタンを使って画像の回転に対応。

デバイスの概要ウィンドウから
接続したPSPの情報や一部の画像の表示が可能に。

“Media Go”内の「PlayStation Store」に
ビデオやゲームの映像やスクリーンショットなどがあると
それが表示される。

さらに詳しくはここで確認。


−・−・−・−・−・−・−・−


ほぼ今回のバージョン1.2からが本格運用っぽくて、
おそらく「PSP Go」iconが北米などで10月1日に発売になった事にあわせて
PS3を持っていなくても
PCがあれば、一連のダウンロードから管理、転送といったものを
スムーズに行えるようにするのがこの“Media Go”という事になる。

言ってしまえば、
iPhoneとiTunesの関係と同じようなものだと思われ、
国内では11月1日に発売される「PSP Go」iconを購入する人は、
ぼちぼちこのアプリをPCに入れて使い慣れておくのもいいかもしれない。


iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL